フィリピン留学の費用を現地在住者が語る


 

 

「フィリピン留学って費用どれくらい

かかりますかね?なるべく抑えたいんですが・・・」

 

 

 

ただでさえ安いフィリピン留学の費用を抑えようと

現地在住の俺にLINEでコールしてきたのは(笑)、

最後に会ったのが鶴ヶ島のミスタードーナツだった関根。

 

 

 

 

 

欧米に比べて安いフィリピン留学の費用

 

 

日本人が英会話を習おうとする時、やはり考えるのが

ネイティブ、つまりカナダやアメリカ、オーストラリア

ニュージーランド、イギリスといった場所。

 

これらはどこも物理的に遠いので、まず航空券代がかかる。

そして先進国であり、宿泊費用や人件費も高い。

 

当然こういった国ではグループ授業がほとんどで、あなたが

よほど積極的でない限り1コマの授業の中で発言をすることも

ままならず、基本的に受け身の姿勢になる。

 

コストパフォーマンスが

かなり悪いと言わざるを得ない。

 

 

この点、フィリピン留学なら日本から4時間程度ということで

航空券代も抑えられ、物価の安い国なので留学生活のコストも

安くなる。

 

何より現地人の人件費が安く、マンツーマンの授業を

1日に8コマ受けることも可能に。

 

発言機会の多い授業を通してスピーキングを徹底的に

行うことで、日本人の英会話に対する苦手意識を克服できる。

 

 

「フィリピン人の英語ってどうなの?」

そんな声を時々聞くが・・・

 

実はビジネス英語でネイティブ以上に認められた

フィリピン人の英語力。彼らの綺麗な英語を学べるのは大きい。

 

 

 

フィリピンに住んで南国ライフを

楽しむための「場所を問わない収入」

の構築法、留学費用を抑える秘訣を知る

 

 

 

 

さらに費用を抑えたフィリピン留学の方法

 

 

欧米に比べ、ざっくり留学費用は1/10以下。

滞在費も含めて1週間に5,6万円というところも

ザラにあるフィリピン留学。

 

 

さらにウォークイン、つまり現地の宿泊先から

学校に自分で通うことを認められている学校なら、 
Airbnbで1ヶ月2万円程度で滞在する選択肢も。

 

食事もフィリピン料理が大丈夫なら

ローカルのものを選べば、1ヶ月10万円台で

済ませることも可能。

 

そもそも、LCCのプロモーションを利用すれば

往復1万円以下でチケットを取ることもできる。

 

 

今は昔と異なり、エージェントや代理店を使わずに

自分でどんどん調べて情報を得られる時代。

 

個人がブログに有益な記事を

たくさん書いてくれている。

 

自分で全て行うという積極的な姿勢があれば、

費用を抑えることが可能。とにかく英語を学ぶことを

第一目的にするなら、自分で調べて動くのも一つだろう。

 

 

 

フィリピンのラグナに留学しながら移住の下見を続け、

以下に南国生活の費用を抑えるかを考えているのは、

フィリピンのスラムフィリピン醤油に詳しい竹ちゃん。

 

俺と同じくシイタケの匂いが苦手な男だ(笑)。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授