現地在住者が語るマニラの海。海水浴に適した綺麗な海水浴場は?


 

観光以外にもビジネスや語学留学など色々な目的で日本人も多く訪れるマニラ

 

 

しかし、「マニラ=海に沈む夕日」とイメージする人が多いのではなかろうか。

 

 

マニラ近郊で海水浴に適した綺麗な海水浴場を、現地在住者が語る。

 

 

マニラ近郊の海で綺麗なところって?海水浴できるの?おすすめのリゾートと海水浴場

 

マニラは海沿いで、夕日が美しいことで有名だが、

マニラの海は、はっきり言って汚い。

 

東京湾みたいだといえばイメージが湧くだろうか。

 

 

マニラ湾で海水浴を楽しむというのは、まず無理だと思っていい。

 

ちなみにフィリピンの観光案内で、おすすめされている海水浴場は、

離島のビーチである。

 

 

ただ、離島に行くには、それなりに時間がかかる。

 

では、マニラ近郊で海水浴ができるビーチはないのかというと、そうでもない。

 

マニラから車で3時間くらいの、日帰りも可能なビーチリゾートは何か所かある。

 

マタブンカイビーチは、波がほとんどなく穏やかなので、小さな子供も安心して

遊ばせられる。

 

バタンガスビーチなら、パルサという竹でできた屋根のついたいかだをレンタルでき、

その上で食事もできる。

 

 

ダイビングなら、バタンガスから車で1時間以内で行けるアニラオがいい。

 

サンゴ礁が広がり、たくさんの水中動物が集まる人気のスポットだ。

 

 

また、サバンビーチもリーズナブルな価格でダイビングが楽しめる。

 

 

海外旅行にフィリピンのマニラってどう?穴場のフォーチュンアイランド

 

年末年始の海外旅行にマニラで夏を満喫するのもいいものである。

 

アウトドア好きならマニラから日帰りで行けるフォーチュンアイランドおすすめだ。

 

フォーチュンアイランドは、元は人工のパルテノン神殿が作られた古代ギリシャ感が

漂う会員制高級リゾートだったが、現在は無人島。宿泊施設や売店、トイレもないが、

ダイビングやトレッキングも楽しめる。

 

テントを張って泊まることも可能で、野外キャンプが楽しめる。

 

 

ヌービックは元米軍基地があった場所で、現在は観光スポットになっている。

 

水上アクティビティや動物園など、海も山も楽しめる施設が充実している。

 

 

マニラを楽しむための、注意点をあげておこう。

 

ダイビングやトレッキングなど、自然を楽しんでいると、ケガや病気になる場合も

あり得る。

 

 

海外旅行保険に入らずに、マニラで虫垂炎手術を受けた場合、約40万円、

ちょっとしたケガで診てもらうだけでも数万円はかかるので、海外旅行保険は

必須である。

 

 

マニラに海外旅行に来たら是非!おすすめの海鮮料理レストラン

 

マニラには海鮮市場とレストランの複合広場のダンパと呼ばれる海鮮村がある。

 

市場で購入した食材をレストランで調理してもらい食事ができる。

 

自分で選んでその場で食べられるので、好きなものを好きなだけ食べられるのも

魅力である。

 

 

マニラ市内なら、夕陽を見ながらリーズナブルに食事ができる

ハーバービューレストラン」がおすすめだ。

 

海上に作られているデッキもあるので、マニラ湾が一望できる。

 

 

また、ぜひ行って欲しいのが「マニラオーシャンパーク」という水族館だ。

 

人魚体験やなど変わったアクティビティもあるので、家族そろって楽しめる。

 

 

マニラの食事や水についての注意点を、

 

海外ではミネラルウォーターを飲むのが普通だと思うが、

マニラでは路上で水も売っているが、中身が水道水の可能性もあるので、

大型スーパーなどで購入した方が安全だ。

 

 

また、衛生面が日本と比べると良くないので、食事の前はアルコール消毒を

心がけよう。

 

 

マニラでは過去に大地震も…海溝の存在

 

近年、世界中で大地震が発生しているが、日本でも注目されている南海トラフを含む

フィリピン海プレートにマニラ海溝も連続している。

 

 

2018年12月29日にはミンダナオ島沖でマグニチュード7の地震が発生しているし、

2019年4月22日には、ルソン島でマグニチュード6.1の地震も発生している。

 

 

そして、2013年にフィリピン中部で起きたマグニチュード7.1の地震でセブ島でも

犠牲者が出ている。

 

そして、マニラ海溝及びフィリピン海溝は、過去400年間にマグニチュード8クラスの

大地震は発生していない。

 

 

フィリピンは、日本と同様に火山活動が活発な国のひとつである。

 

 

フィリピン政府もマニラ海溝地震の発生を想定して対策はしているが、

こればかりはいつ起こるか明確な予測ができない。

 

 

マニラの海と言えばKTV

 

マニラはKTVで夜遊びを楽しむだけでなく、もちろん海のレジャーも楽しい

 

アニラオでダイビングインストラクターをしていた高柿さんが、

マニラから車で2時間半ほどのサン・ルイスにサマークルーズという海の家を

開いていて、釣りやダイビングを楽しむことができる。

 

 

また、マニラといえば海鮮だが、メトロマニアにある

ネットワールドホテルスパアンドカジノの和食レストラン「海舟」は

生簀(いけす)があり、マニラの海鮮を楽しめる。

 

 

マニラに海外赴任になった場合、家族が来るまでに準備期間がある。

 

マニラなどへの海外赴任帯同には、会社ごとに違った見解があるが、

たいていは夫の赴任後、3カ月~半年くらい後に家族が向かうことが多い。

 

 

建前は、家族を受け入れる準備期間が必要とのことだが、

海外赴任に順応できるかを会社が見極める期間というのも大きいようだ。

 

 

まとめ

 

日本から5時間弱で行けて、リーズナブルに楽しめるマニラ。

 

 

そして、海に沈む夕日は美しいし、新鮮な海鮮もある。

 

 

海だけでなく水族館や公園などレジャー施設もたくさんあるので、

長期滞在をして遊び倒したくなる魅力あふれるところだ。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ