フィリピンでDVDがうまく観られないのは規格が理由?現地在住者が語る


 

 

洋画鑑賞が趣味の俺は、フィリピン移住後に

DVDの規格が違うと知り困ったことがある。

 

外国に行くと最初は周りの全てが新しくて

毎日楽しめる。

 

しかし、それが出張などで長期間に渡って

海外に住まなければならなくなった場合

だんだん退屈になってくるのだ。

 

 

そんなときに、

「日本からDVDを持っていけば退屈しないのではないか?」

と考える人も多くいるはず。

 

 

 

 

 

 

だが果たして、日本で観ているDVDは海外でも

スムーズに使うことができるのだろうか。

 

 

そこで今回はフィリピンのDVD規格に

ついて詳しく紹介していこう。

 

 

 

フィリピンで売られているDVDの海賊版って、どんな感じ?

 

 

 

 

本当に海外では日本のDVD

使用できないのであろうか。

 

そもそもDVDの規格とは

DVDに色々な映像や音声や文字を記録するための

アピリケーションフォーマットのことである。

 

 

つまりこれが日本と使用が異なる国では

DVDを観ることは難しいようだ。

 

フィリピンのDVD規格も残念ながら日本とは

異なるようだった。

 

そこでフィリピンのDVD規格に

ついて調べてみると[リージョンコード]と言う

聞きなれない単語が出てきた。

 

 

『フィリピンのDVDを観たいけど…リージョンって何?』

それでも、やっぱりフィリピンにいる間に

DVDが観たい・・・。

 

そんな意見を持っている人は少なくないだろう。

そんな人が調べていてヒットするのが

リージョンコード略してリージョンである。

 

 

「リージョンって一体何なのか?」と言う

疑問を解明していこう。まず、DVDには必ず

このリージョンコードというものが存在している。

 

これは世界中のいくつかの地域を

分類わけすることによって違う地域で

DVDを観られないようにするためである。

 

 

「なぜ、わざわざ面倒なことを・・・」

そんな怒りの声が聞こえてきそうである。

 

日本ではこのリージョンコードは2であるが、

フィリピンなどの東南アジア圏では

リージョンコードが3になっている。

 

 

そして、DVDを観るためにはこのDVDプレイヤーと

ソフトのリージョンが一致していなければならない。

よって日本のDVDはフィリピンでは観られないのである。

 

 

ちなみにリージョンコードは6つに分けられていて、

日本と同じ3に分類されている国はヨーロッパや

中近東地域があるようである。

 

 

 

フィリピンにいても安定収入を得る方法とは?

 

 

 

フィリピンで売られているDVDの海賊版って、どんな感じ?

 

 

 

 

では、日本で売られているDVDをフィリピンで

観ることは不可能ではないか・・・。

 

そう落胆している人がフィリピンに行くと、

棚からぼた餅のような話が

フィリピン人から聞かされるだろう。

 

 

フィリピンの街を歩いていると、

現地の人が片言の日本語で「ニホンノドラマアルヨ〜」

といった感じで話かけてくるのがお決まりである。

 

 

そしてこのDVDというのが大抵の場合

海賊版DVDなのである。

 

もちろん海賊版DVDというのは、

ドラマやアニメ、映画などを

違法にコピーしている商品のことである。

 

 

実は、注意しておかなければならいのは日本での

海賊版DVDの持ち込みは違法なのである。

 

「購入自体は違法ではないの?」という

疑問が湧いてくると思うが、

これについては何とも言えない。

 

 

調べてみると、日本人でも留学生や滞在者などは

海賊版DVDを買う人は多くいるようだ。

 

要は、揉め事を避けるためには

購入しても日本への持ち込みは

やめたほうがいいということである。

 

 

 

フィリピンでDVDプレイヤーを購入。どれがおすすめ?

 

 

ここまでみてきて、「やはりフィリピンでDVDプレイヤー

を買うというのが一番安全で確かなのではないか」

と思う人も多いであろう。

 

そこでここでは、フィリピンでDVDを観る人のために

DVDプレイヤーを紹介していこう。

 

 

調べてみるとフィリピンで売られている

next baseというDVDプレイヤーについて

面白いことが分かった。

 

 

  1. オールリージョン対応

 

このプレイヤーだが、その名の通りリージョンコードに

関係なくディスクが再生できるのである。

 

つまりおそらく全世界のDVD

対応することができると言える。

 

 

  1. カラオケ機能

 

フィリピンには屋外のカラオケが

町中の至るところにあるのだが、

これを「ビデオケ」と呼ぶ。

 

何でもそのビデオケとしても

使えるための機能であるようだ。

 

 

普段使いというよりはイベント向きであるが

面白い機能である。

 

この商品、調べた時点での価格は30004000ペソで、

日本では約60008000円ほどのお値段である。

 

 

こうした日本にはない面白い機能がある

フィリピンのDVDプレイヤー。

 

 

せっかくなので、買うならそのユニークさを楽しみたい。

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

フィリピンで日本のDVDを再生するのは

難しいことが分かった。

 

原因はリージョンコードによる世界のコードの

分類わけの結果、フィリピンと

日本が違うコードだからだ。

 

 

フィリピンでは日本や

その他の国のDVDが海賊版として

売られているのを目にする。

 

DVDプレイヤーを現地で購入することも

可能であるので、フィリピンでも楽しい

DVDライフを送ることができる。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ