シンガポール教育の特徴とは?


 

同じアジアのエリート、シンガポール。

教育についてはここを見習ってほしい・・・

 

 

これは最近、俺がこのフィリピンにいて感じるところ。

 

 

 

シンガポールに移住した、ある元参議院議員。自身のメルマガの

中で彼は「日本の子供は世界一不幸だ」と語る・・・これは教育に

ついての話だ。

 

 

 

 

 

シンガポール教育の特徴

 

 

シンガポールの特徴は、何をおいてもその教育レベルの高さ

 

小学校低学年で英語がペラペラなのは当然。俺が移住した

このフィリピンでも5歳くらいから英語の教育は始まるが・・・

シンガポールの教育ではさらに上のレベル。

 

ちなみに15歳を対象にした国際的な学力テスト。

この国はアジアは当然、世界でもトップレベルだ。

 

家庭教師の水準も日本の比ではない。

 

 

何しろ、シンガポールの教育への投資の大きさが半端ではない。

 

ノーベル賞受賞者から教育を受けさせるなど、

日本では到底考えられないが・・・

 

そもそもこうしたレベルの高い人から学ぶには、

学生側が英語を十分に理解できる必要がある。

 

シンガポールはTOEFLでアジアナンバーワンだったのが俺の

記憶に新しい。ちなみに日本はワースト4だった(笑)。

 

 

現地に住むフィリピーナjanethも言っていたように、

シンガリッシュは確かにクセはあるが(笑)・・・

 

日本人と違い英語EQが高いのは間違いないところだ。

 

 

 

経済的・時間的不安なくシンガポール

教育を子どもに受けさせることを可能

にするのは?

 

 

 

 

シンガポール教育に関わるPR

 

 

シンガポールの学校の最大の特徴は、

インターナショナルスクールでの多様な教育。

 

 

ただネックになるのはやはり、数千万円に及ぶ高い学費。

 

シンガポールの永住権であるPRを持っていれば、日本の公立と

同じくらいの金額でシンガポールのレベルの高い公立校に通わせる

ことができる。

 

ちなみにこのPRについては、あなたのお子さんが息子の場合、

彼がそれを取った後2年以上徴兵制度に従わなければならなくなる。

 

また更新が定期的にあって面倒だと語るのは、

現地でPRを取ったナオ。

 

 

他の選択肢としては日本人学校もあるが、ここも当然

日本より教育レベルは高い。

 

いずれにしても、世界一生活費が高いシンガポール。

そして、やはり教育費は大きな出費。

 

移住にあたっては、しっかり準備をしておきたい。

 

 

 

俺がおすすめしたマニラの観光地をガツンと無視して

アンヘレスに向かったフィリピン人の田舎者ポール。

 

同じフィリピーナではなく外人女性がよかったようで(笑)、

マレーシア人と結婚してシンガポールに移住することに。

 

同じモテ仲間の彼に会いに、来週

シンガポールに行くのが楽しみだ。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは9件です

  1. よしぞ より:

    私たち日本人は教育に恵まれていると小さいころから教え込まれてきましたが、
    あまり裕福というワードがででこないシンガポールでも教育は発達しているのですね。
    教育の質がどうこう言われる時代ですが、投資も十分に大事なのだと思いました。

  2. maa より:

    このご時世、英語が話せるようにならないと、将来の視野や世界観が狭くなってしまいますよね。
    この教育は羨ましいです。
    日本でも取り入れてもらいたいです。

  3. makostyle より:

    シンガポールすごすぎます。それなりに優秀な国だとは思っていましたが、まだ日本の方が上だと思っていましたが大間違いでしたね。それにしてもノーベル賞受賞の先生方を家庭教師にするとは・・・!

  4. ななママ より:

    教育は気になりますー。
    シンガポールの教育はかなり進んでいるのですね。
    やっぱり教育は投資額に比例するのかなと思います。
    国ももっと教育に投資してほしいです。

  5. うりむい より:

    子供のために海外で教育をと考えていますシンガポールはその候補でした欧米よりもある意味高くつくかもしれないけど安全性と言う面でも安心そして日本からそう遠くないただし今回の記事を読んでいろいろコストがかかることを学びましたどうやって自分でプランを進めていくか1人で幕にこもって考えてみたいと思います子供とは暖かい国に住みたいと思っています教育移住今まで山の中にあったけどなかなか実行できなかったでも自分の中では少しずつ前に進んできた感じです今回のブログの記事も背中をしてくれましたほんとに感謝してますコストがかかる事は覚悟だけどパート増やして少しでも収入を多くとっていきたいと思いますそしてメルマガでも書いて収入をさらにプラスにしていきたいと思っていますまたアドバイスお願いします

  6. かおるママ より:

    日本は少子化対策と言う割には子供に対しての配慮がまだまだだなと感じていました。シンガポールの教育レベル素晴らしいです。費用は半端ないとは思いますが、国を豊かにするためには、子供たちの教育に費やすことは正解かなと思います!

  7. ひかり より:

    日本の教育はレベルが高いと思っていましたが
    海外にはまだまだ上がいますね。
    幼いころからきちんとした教育を受けることで
    将来の国が変わってきそうです。
    シンガポールでの教育も興味があります!!

  8. ユウゾラ より:

    シンガポールが世界一生活費が高いとは驚きです。収入も高いのでしょうね。そしてそういう勢いのある国こそ教育にかける情熱というか、力も強いのでしょうね。その点我が国は少し衰えがみえるような。

  9. シルビアン より:

    なぜシンガポールは教育のレベルが高いのでしょうか。
    レベルの高いのはお金持ちだけなのでしょうか。
    気になります。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 フィリピン在住の40代独身男。

  現地でフィリピン人の起業

  支援をしつつ、日本人の

  海外移住をサポート。

  東南アジアを中心に世界を

  周ることを日常とする。

DANの半生

    自由への道
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ