フィリピン在住者が、現地のサイドカー付き自転車を語る


 

 

「サイドカー付き自転車」

 

 

これは日本ではあまり馴染みがないが・・・

 

実は子育て世代を中心に注目されていることを知ったのは、

そのパーツを作る業者でアルバイトをしたことがある

モテ仲間の海野さんの話から。

 

 

 

 

 

庶民の足になっている自転車付きサイドカー

 

 

このフィリピンでは「パジャック」と呼ばれる自転車が日常の

交通手段として使われている。サイドカーにお客さんを乗せて

のんびり走っているのは、来比経験のあるあなたならご存じのはず。

 

これには、フィリピンの人件費が安いこと、マニラなどは特に

坂が少なく自転車でも仕事が成り立つこと、庶民がタクシーを

使えないのでサイドカーによる輸送がビジネスになること・・・

 

こうした背景がある。

 

俺自身、大雨によって通りに膝くらいまでの汚水があふれた時

唯一動いた交通手段のサイドカー付き自転車で、待ち合わせしていた

マラテのロビンソンまで何とかたどり着いたのを覚えている。

 

 

一回乗って50円から100円程度なので、暑いフィリピンで

歩きたくない時は意外と助かる(笑)。

 

これのバイクバージョンである「トライシクル」も、

現地人には当たり前のようにタクシー代わりに使われる。

 

 

 

サイドカー付き自転車が普及する

南国フィリピンでのんびり暮らし。

場所を問わない収入のつくり方とは?

 

 

 

 

日本ではサイドカー付き自転車はOKなのか?

 

 

日本とフィリピンではもちろん、交通法規が違う。

 

例えば、歩道をサイドカー付き自転車で走ることはできない。

フィリピンならおかまいなしに進むが(笑)。

 

ただし、日本でもサイドカー付き自転車が違法というわけではないので

DIYで自作している人もいるし、海野さんが勤めていたようなパーツを

売っている会社もある。

 

 

日本で子供を自転車の後ろに乗せているのを見るとヒヤヒヤするが、

サイドカー付きの場合やはり安定性があり、また子供も喜ぶ。

 

見た目もそれなりにおしゃれだし、そもそも今はアシスト付き自転車が

主流なので、これからニーズは増えそうだ。

 

 

ただバイクのサイドカー付きと同じように傾けるのが難しくなるので、

曲がり方を練習する必要がある。横幅が広くなる点にも慣れが要る。

 

また子供がスポークに手を突っ込まないよう、

カバーをつけるのも必須。

 

個人的にはサイドではなく、自転車の前に座席をつけるバージョンが

安定と安全面でベストだと感じているが。

 

 

 

自転車好きで対人コミュニケーションが得意なのは、

サイドカーマニアの村山。

 

フィリピンでのハネムーンをやめてカリマンタン島

フィリピン女性と過ごす彼は、俺と同じくかつて

オヤジと対立していた男(笑)。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 フィリピン在住の40代独身男。

  現地でフィリピン人の起業

  支援をしつつ、日本人の

  海外移住をサポート。

  東南アジアを中心に世界を

  周ることを日常とする。

DANの半生

    自由への道
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ