フィリピン在住者が、現地のサイドカー付き自転車を語る


 

 

「サイドカー付き自転車」

 

 

これは日本ではあまり馴染みがないが・・・

 

実は子育て世代を中心に注目されていることを知ったのは、

そのパーツを作る業者でアルバイトをしたことがある

仲間の海野さんの話から。

 

 

 

 

 

庶民の足になっている自転車付きサイドカー

 

 

このフィリピンでは「パジャック」と呼ばれる自転車が日常の

交通手段として使われている。サイドカーにお客さんを乗せて

のんびり走っているのは、来比経験のあるあなたならご存じのはず。

 

これには、フィリピンの人件費が安いこと、マニラなどは特に

坂が少なく自転車でも仕事が成り立つこと、庶民がタクシーを

使えないのでサイドカーによる輸送がビジネスになること・・・

 

こうした背景がある。

 

俺自身、大雨によって通りに膝くらいまでの汚水があふれた時

唯一動いた交通手段のサイドカー付き自転車で、待ち合わせしていた

マラテのロビンソンまで何とかたどり着いたのを覚えている。

 

 

一回乗って50円から100円程度なので、暑いフィリピンで

歩きたくない時は意外と助かる(笑)。

 

これのバイクバージョンである「トライシクル」も、

現地人には当たり前のようにタクシー代わりに使われる。

 

 

 

 

 

日本ではサイドカー付き自転車はOKなのか?

 

 

日本とフィリピンではもちろん、交通法規が違う。

 

例えば、歩道をサイドカー付き自転車で走ることはできない。

フィリピンならおかまいなしに進むが(笑)。

 

ただし、日本でもサイドカー付き自転車が違法というわけではないので

DIYで自作している人もいるし、海野さんが勤めていたようなパーツを

売っている会社もある。

 

 

日本で子供を自転車の後ろに乗せているのを見るとヒヤヒヤするが、

サイドカー付きの場合やはり安定性があり、また子供も喜ぶ。

 

見た目もそれなりにおしゃれだし、そもそも今はアシスト付き自転車が

主流なので、これからニーズは増えそうだ。

 

 

ただバイクのサイドカー付きと同じように傾けるのが難しくなるので、

曲がり方を練習する必要がある。横幅が広くなる点にも慣れが要る。

 

また子供がスポークに手を突っ込まないよう、

カバーをつけるのも必須。

 

個人的にはサイドではなく、自転車の前に座席をつけるバージョンが

安定と安全面でベストだと感じているが。

 

 

 

サイドカー付き自転車が普及する

南国フィリピンでのんびり暮らし。

場所を問わない収入のつくり方とは?

 

 

 

パジャックやジプニーとともに

フィリピンで独特なのが、サリサリストア。

 

あなたはサリサリを

利用したことはあるだろうか?

 

 

俺の場合はほぼ毎日。

飴玉を買うのに重宝している(笑)。

 

そして身近には、ミンダナオの彼女と現地で

サリサリストアを始めた高橋さんという人も。

 

 

 

 

 

フィリピン国内のサリサリストアの現状

 

 

サリサリは、まさに現地人向けのコンビニエンスストア

と言っても過言ではない。すでに国内100万店を超える勢いだ。

 

俺が住んでいるセブの現地人達が住む場所では、

15メートルに1件見かけたりするほど。

 

 

サリサリは日本に住んでいるフィリピン人が、やはり日本にいる

フィリピン人向けに現地から輸入した食材を置いていたり、

フィリピン料理を提供するストアのことでもあるが・・・

 

もともとは、フィリピンの現地にある

街角の小さな小売店を指す。

 

 

多くのサリサリでは、直接お客さんが手を伸ばせないように

格子で囲われている。こんなストアをあなたも現地で見かけた

ことがあるはず。

 

スナックや飲み物、ティッシュやタバコ、

洗剤やお米まで置いてあるサリサリも。

 

特徴的なのは、タバコは1本から、

キャンディーも1個から購入できること。

 

個人的には、子供の頃うちの近くにあった

駄菓子屋さんの印象に近い(笑)。

 

 

 

 

 

サリサリストアを続けていける理由

 

 

サリサリストアの仕入先が気になるが、

何のことはない。

 

近くのスーパーマーケットで店主が大量に買い込み、

それに小さな利益を乗せて売っているだけ。

 

 

そうなるとスーパーマーケットで普通に買ったほうが

安く買えるということになるが・・・

 

さっきも語ったようにサリサリではサチェット、小さな単位で

買えるのが便利であり現地人にとってはありがたい。

 

例えばタバコは1本約9円、

コーヒー1杯分のパックは20円といったところ。

 

多くのフィリピン人は日本人のようにスーパーで

まとまったものを買えないため、個数単位で買うほかない。

 

だからこそ、このサリサリという

単純なビジネスがフィリピンで成り立つ。

 

 

そして高橋さんのように約5万円で出店することができるし、

その日売れた分で十分生活していける、南国ののんびりした暮らし。

 

これが、フィリピンで

サリサリの数が増えた理由だ。

 

 

 

自転車好きで対人コミュニケーションが得意なのは、

サイドカーマニアの村山。

 

フィリピンでのハネムーンをやめてカリマンタン島

フィリピン女性と過ごす彼は、俺と同じくかつて

オヤジと対立していた男(笑)。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ