バラデロのビーチへの行き方って?日帰りでも楽しめるアクティビティも紹介


 

キューバのリゾートと言えばバラデロビーチだが、

行き方が意外と分かりづらい。

 

以前よりも現地に足を運ぶ日本人は増えたもの・・・

遠い分やはり、この東南アジアに比べて情報が薄いのは確か。

 

 

そこでこの記事では、

バラデロビーチへの行き方や現地での

日帰りアクティビティも紹介する。

 

 

バラデロのビーチへの行き方と知られざる魅力

 

 

キューバはせっかく素敵な場所なのに、

日本からの行き方が少し面倒。

 

 

というのも、

日本からの直行便はおろかアメリカからの直行便も、

現地人向けを除いて存在しない。

 

 

「マイアミからキューバに直接入れるっしょ?」

 

キューバ人にでもなるつもりだったのか(笑)、

石山はそんな勘違いをしていた。

 

 

外国人にとってアメリカ→キューバの便はなく、

結局キューバへは、

南側のメキシコか北側のカナダから入ることに。

 

一方ヨーロッパを周る予定も組み込むなら、

フランスからのルートとなる。

 

 

どうせキューバへの行き方が面倒なら、

やはり俺の大好きな国ジャマイカを

一緒に楽しむのがおすすめだ。

 

 

 

王道ながらも個性豊かなコンテンツを

制作したいあなたへ。

 

業界の闇を暴露し、一人でも多くの人が

間違った選択をしないように導きませんか?

 

 

 

久々にキューバへの行き方を聞いてきたのは・・・

 

ハバナにしばらく滞在することを決めた、

仲間の有山くんだった。

 

 

知られざるキューバリゾート

 

世界で唯一成功した社会主義国といわれるキューバだが、

ここが世界でも有数のリゾートを持つ国であることは

日本人にまだ意外と知られていない。

 

何といってもセレブに有名なのは、

キューバの首都ハバナから

車で120分ほど移動したところにあるバラデロという場所。

 

 

とにかく美しいカリブ海と

ホワイトサンドが広がる高級リゾート。

 

このフィリピンのパングラオアイランドのビーチも大好きだが、

ここはまた違った癒しの空気を持つ。

 

まさにパラダイスで、

どこを切っても絵葉書のような風景。

 

ここでドルフィンショーを楽しんでいたのは、

アメリカ人の友人マットだ。

 

それ以外ではマグアナビーチ、カヨラルゴという

美しいキューバのビーチリゾートも外せない。

 

 

リゾート以外のキューバの魅力

 

観光的には、

コロニアル都市やクラシックカーが

よく知られているキューバ。

 

また以前、

日本でもキューバの英雄チェ・ゲバラが

映画で有名になった。

 

 

意外なことに落ち着いた雰囲気のキューバ。

 

社会主義というのはもともと、

こういった国民同士が協力する

平和な社会を目指していたのか・・・

 

俺達日本人を始め、

外国人をだまそうとするようなこともなく

現地の人々が接しやすいことに驚く。

 

ぼったくりなどは、

俺が移住したこのフィリピンのマニラのほうが

全然多いほど(笑)。

 

 

物価が安く現地の生活費を抑えられることも、

ここに移住を考えているあなたにとっては、

メリットといえる。

 

 

国民健康保険の

自己負担額増加が懸念される日本。

 

キューバの医療費が無料なのも、

社会主義国ならではだ。

 

 

キューバは社会主義国だが、

日本人のイメージと異なり人々はとても親切。

 

やや面倒な行き方さえ覚えておけばいつでも、

心の温かい外国人に触れられる。

 

うまくいっている社会主義の数少ない良い例が

このキューバという国であり、

人々が協力的で助け合おうという精神がある。

 

 

そして治安という面でも、

実は安心できる場所。

 

カストロやゲバラのイメージからはほど遠いのが、

実際に来て意外に感じたところ。

 

母ちゃんにキューバに行くことを話した時。

 

行き方云々よりも、

俺の身の安全ばかりを心配していたが・・・

現地からの写真で安心していた様子。

 

 

現地で和食レストランをやっている寺ちゃんが語るように、

社会主義でありながら

ビジネスという面でも可能性がある。

 

ただしITやネット関係で起業する場合には、

インフラの改善をもう少し待ちたい。

 

水で少し苦労しているというのも彼女の話。

 

 

生活費が安く済むのは魅力だし、

 

世界中で話されているスペイン語を

生活の中で自然に学ぶことができるのは、

このキューバに移住するメリットの一つ。

 

何しろハバナのビーチは本当に美しく、

癒される大好きな場所。

 

和光で一緒に育ったてっちゃんが

キューバへの移住を決めなければ・・・

この目を疑うような美しいリゾートに出会うこともなかった。

 

 

どうでもいいが・・・

 

日本の女優・石原さとみが

写真集の撮影のためにキューバに来ていた際、

近くにたまたま居合わせたのが俺(笑)。

 

顔が小さく、

日本人というより

韓国人の女の子にしか見えなかったのが面白かった。

 

 

バラデロで日帰りでも楽しめるアクティビティは?

 

 

カリブ海の真珠と呼ばれる

キューバを代表するビーチリゾート、バラデロ

 

そのパラダイスで

リラックスした1日を過ごすのはいかがだろう?

 

 

早朝出発、夕方帰着で、

自由時間がたっぷりとあるのも魅力。

 

日程的に余裕がなく、宿泊は難しいが、

美しいリゾートを満喫してみたい!というあなたは、

バラデロへの日帰りツアーもある。

 

とても海がきれいなので、

海を眺めているだけでも。

 

 

また海に浮かんでいるだけで

周りに魚が泳いでいて

それを眺めているのだけでも癒される。

 

それだけのために向かうのも

損しないという人もいる程…

 

 

やっぱり海にきたからには、

シュノーケリングやダイビングに挑戦!

というのもやはりオススメ。

 

海の透明度のレベルが違うので、

とても綺麗で一生の思い出になるだろう。

 

 

海でなくても自然の野生動物ツアーなどもあるので、

気になるあなたは是非調べてみてほしい。

 

 

さらに日帰りでなくても、

 

バラデロではホテル代に食事やドリンク、プールやジム、

アクティビティなどの利用料が含まれている

「オールインクルーシブ」のホテルがほとんどなので、

 

日程に余裕があれば

1泊でも泊まってみてはいかがだろう?

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ