バンコクのゴーゴーバーでおすすめなのは?


 

 

「ゴーゴーバーといえば、バンコクでしょ」

 

 

 

そう嬉しそうに語るのは・・・タイ在住の日本人

朋美さんと結婚した、同じ新倉小出身のてっちゃん。

現地の風俗事情にも詳しい(笑)。

 

ナナプラザ・バッポン・ソイカウボーイという定番の場所を

案内してくれたし、ホテルへの連れ込み料、いわゆるJFの存在を

教えてくれたのも彼だった。

 

 

俺が移住したフィリピンのマニラやアンヘレス、セブにも

ゴーゴーバーはあるが・・・活気はバンコクのほうが勝る。

 

初めてバンコクのゴーゴーバーで遊ぶあなたは

ソイカウボーイのバカラを選んでおけば外すことはない。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

バンコクのゴーゴーバーの魅力

 

 

タイの首都バンコクでは、俺が移住したこのフィリピン同様

ステージで踊っている女性を指名し、一緒にお酒を飲める

ゴーゴーバーがメジャーな遊び方。

 

おしゃべりしながら触ったり(笑)、外に連れ出すのは

日本人を含む外国人のお決まりの行動パターン。

 

 

タイには、怒らせさえしなければ(笑)フレンドリーで

綺麗かつスタイルの良い女性が多い。夜遊び好きのあなたには、

その選択肢の広さが最強の魅力。

 

実際に現地に足を運んでみれば、ファランと呼ばれる欧米人や

日本人にとって、この国がナイトライフ天国として愛される

理由がよく分かる。

 

 

ゴーゴーバーに限らずタイの夜遊びでは、ほぼ全てのジャンルで

連れ出しが可能。日本よりもずっと低料金、そして本番まで

許されてしまうという危なっかしさ(笑)。

 

置屋やデリバリーを除き、現地の警察も黙認していて

摘発される危険がない。病気と未成年、ぼったくりにだけは

気をつけたいが・・・

 

ちなみにゴーゴーバー以外では、カラオケクラブや

マッサージパーラーといった遊びも人気だ。

 

 

「タイでは日本のようにビジネスライクではなく、

プライベートに近い感覚で遊べるのが魅力です」

 

そう語るのは、やはり現地に移住した赤城さん。

 

 

 

 

バンコクでおすすめのゴーゴーバー

 

 

周りの移住仲間に聞いた限りでは、トップ3は

全てナナエンターテイメントプラザにあった。

 

レインボー4レインボー2

そしてオブセッションがそう。

 

 

ナナ駅から歩いてすぐのナナエンターテイメントプラザは、

日本人に定番の遊び場といえる。あとは同じスクンビットの

ソイカウボーイ。

 

前者は大きなモールのような建物の中に、

後者は通り沿いにゴーゴーバーがひしめいている。

 

それ以外にアソークやプロンポン、シーロムも

日本人によく知られた夜遊びスポットだ。

 

 

ちなみに定番のテーメーカフェでの連れ出しの相場は、

ショートとロングで差があるが6,000円台から10,000円台。

 

 

 

住みやすいバンコクで場所を問わない

収入を得ながら、ゴーゴーバーを

いつでも楽しむ。その具体的な方法

とは?

 

 

 

 

「今回は長期でタイに滞在します」

 

そう言いながら、数日滞在したセブを後にした孝則。

 

 

彼のように、バンコクでゴーゴーバーをゆっくり楽しむために

現地に長期滞在したいという場合もあるだろう。

 

 

 

 

 

東南アジアのタイという国と、そこへの滞在の魅力

 

 

そもそもタイは日本から近い東南アジアの中でも、

シンガポールやマレーシアと並び人気の滞在場所。

 

俺のいるこのフィリピンは治安が相当悪いと誤解されていて、

どちらかというと敬遠されている。仲間を除き、海外であまり

日本人に会いたくない俺にはポジティブな要素だが(笑)。

 

 

このタイに長期滞在する場合、

 

 

東京など日本の都市部と比べて

ずっと価格(物価や人件費)が安いこと

 

親日の人が多いこと

 

和食が美味しいこと

 

仏教国であり、文化にそれほど違和感がないこと

 

地震が少ないこと

 

常夏の気候が体に優しいこと

 

 

といったメリットを享受できる。

 

 

個人的にはタイに滞在するなら、利便性の高い

バンコクよりもチェンマイをおすすめする。

 

タイ滞在に何を求めるかにもよるが・・・どうせなら東京のような

便利さ以上に、タイらしさを感じられるほうが楽しいと思うので。

 

もちろん大都会バンコクと違い、チェンマイには

ゴーゴーバーは数店舗しかないが。

 

 

そしてタイでビーチリゾートを楽しみたいなら、

やはりおすすめの滞在場所はプーケットになる。

 

 

 

 

 

 

タイでの長期滞在のネガティブ要素

 

 

まず俺がタイの現地で気がついたのが、バンコクなどは

交通インフラが東京と変わらないほど便利なのに、

インターネット環境が悪い場所がいまだにあること。

 

これは長期滞在者にとって不便。

 

俺がいるフィリピンと同じように、どこかの国から調達

してきた古い通信設備を採用していることが理由だ。

 

以前マニラの路線を「東西線」のお古の車両が走っているのを

目にして腰が抜けたが(笑)、こうした東南アジアの国では、

様々な使い古しを先進国から手に入れて再利用する傾向がある。

 

 

また大気汚染がひどいのはこのマニラと同様で、やはり東南アジア

では避けられない。タイの都市部での長期滞在は、空気に過敏な

あなたには厳しいだろう。

 

 

まだ微笑みの国タイということで、みんなフレンドリーだと

思いたいが、そうでもないところ(笑)。滞在中に約束を何度も

破られたり、急にキレられたという増田のような男もいる。

 

 

このフィリピンも同じで、コネクション、そしてお金さえあれば

かなりの自由がきくのが発展途上国。残念だがこれは事実。

 

タイでの快適な長期滞在を続けるなら、

十分な貯蓄か安定収入がやはり欲しいところ。

 

 

 

良い恋愛の引き寄せから始まり、ガツンとタイ人との結婚を

引き寄せ環境をガラッと変えることに成功した仲間の中本さん。

チョコレートヒルズ滞在中に、天職と適職の違いを悟った。

 

バンコクに住む同じマザコンの彼とこれから

移住計画を語るのが楽しみだが、もうゴーゴーバーに

行けないのが残念そうだ(笑)。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは7件です

  1. ななママ より:

    もし旦那が夜遊び目的でバンコクに行くと言ったら、
    病気と未成年には気をつけるのは当たり前。
    ぼったくりは……そんな目的で海外に行くヤツはぼったくられて
    痛い目に遭ってこい!って思ってます(笑)

  2. makostyle より:

    ゴーゴーバーってよく聞きますけど実はどんなシステムの店かしりませんでした。もしかすると昔中国で行ったバーみたいなものでしょうか。カラオケしてお酒飲んで、お持ち帰りして。ちなみに私はお持ち帰りしませんでしたが(笑)。でも楽しかった。

  3. タミン より:

    ゴーゴーバー。何年も行っていないが、こんどはマニラよりバンコクがいいな。機会を有難う>>しかも複数のアカウントのフォロワー(読者)が、
    それぞれ4,000人を軽く超えている。
    彼に、そんなチマチマした
    作業をする時間はないはず・・・
    詳しく聞くとやはり、自動化ツールを使っていた。
    思ったよりもずっと価格が
    安かったこともあり、すぐに導入。
    結論からいえば、
    導入してすぐにtwitter経由でのメルマガ登録が始まり、
    今ではtwitterだけで毎月数十人を超える登録が。
    最近は、「リスト」と呼ばれる
    メルマガ読者さんの獲得には、
    1アドレス1,000円以上。
    「自由になりたい」という、俺のニュースレターの
    属性に会った人達を自動的に集めてくれる一方、
    毎月数万円の広告費、
    集客費用が浮いていることに。

  4. ひかり より:

    バンコクには面白いバーがあるのですね!!
    踊っている女性を連れ出す事ができるだなんて
    考えられませんね~
    まぁ、それなりのお金を払っているので
    できることなんでしょうが。
    サギなどには気を付けたいです。

  5. ユウゾラ より:

    フィリピンへの渡航経験はなく、もちろんゴーゴーバーへも生まれて一度も行った事はありませんが、実に楽しそうなところですね!ブログを拝見させていただいているだけで妄想が膨らみます(笑)。

  6. のら より:

    ゴーゴーバー楽しそうですね、気軽に女の子と仲良くなれて連れ出しもOKなんて最高じゃないですか。日本では体験できないです、タイの女性はサービスが良いですね。でも詐欺には注意したいです。

  7. しおばなはるの より:

    風俗の話、大好きだな!!(笑)こういうのを紹介されると私も行ってみたくなる。本当にどうしようもない男の性。だけどその本能に任せて遊びたいですね。バンコク、ホントに行きたいです。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授