カリフォルニアのビーチの3つの魅力


 

「カリフォルニアのビーチで泳げるの、知ってる?」

 

 

 

沖縄に移住した監査法人時代の元同僚、健太郎さんは

サンディエゴにしばらく住んでいたこともあり、やたらと

カリフォルニア周辺に詳しくなっていた。

 

 

同じマザコン(笑)、そして南国好きとして最近

情報交換がいっそう激しさを増している。

 

 

 

 

 

カリフォルニアのビーチの魅力

 

 

カリフォルニアといえば・・・水族館からそう遠くない

ロサンゼルスのロングビーチは、健太郎さんがお気に入りだった場所。

 

美しい夕日が見たいなら、サンセットクリフ

開放的な場所が好きならミッションビーチだ。

 

パシフィックビーチは、観光客向けのお店が多い場所。

ここの桟橋は、ハリウッド映画でよく使われるポイント(笑)。

 

場所によって様々な顔を持つのが

カリフォルニアのビーチの魅力といえる。

 

 

カリフォルニアはブラックスビーチを始め、潮の流れが

早いのでサーフィンをする人には魅力的な場所でもある。

 

一方で多くの環境客がそうするように・・・のんびり日焼けをしたり

パラソルの下で読書をするだけなら、カリフォルニアでも十分。この

周辺は、泳ぎに自信があっても遊泳には向いていないビーチが多い。

 

 

 

アメリカや他の国に住んでいても

日本円で安定収入が得られる方法とは?

 

 

 

 

ビーチ以外のカリフォルニアの良さ

 

 

例えばコロナドビーチなら、モンローの映画で有名なホテルや

おしゃれな街並みなどもあり、のんびり歩くデートスポットとして

おすすめできる。

 

ミッションビーチでは健太郎さんとバーでお酒も楽しめたし、

遊園地があったりと子供と訪れるのにもいい。

 

 

アメリカの中でも温暖、そして開放的な風景が魅力の

カリフォルニア。特に南カリフォルニアには、透明度の高い

美しい海が広がっている。

 

ダイレクトマーケティングでパートナーになっているアメリカ企業の

創立者が、カリフォルニアでのヨットレースでの武勇伝を語っていた。

現地で頬に潮風を受けながら、彼の話を思い起こす。

 

 

やはりここはアメリカであり、俺が移住したフィリピンの街とは

雰囲気が全く違う。さすが多民族国家のアメリカだけあり、見た目

の違う様々な人が行き交うのを眺めているだけでも楽しい。

 

ロサンゼルスは世界で日本人が最も多く住んでいる街であり、

非日常が好きな俺は移住には向いてないと自覚しているが(笑)。

 

 

 

ポーランドのワルシャワデンマーク自転車を扱うことを

あきらめたモテ仲間の神田さんは、カリフォルニアに移住

してガツンと人生逆転を図る。

 

同じく温泉やマッサージに目がない彼を(笑)、

これからオンラインビジネス構築で応援していく。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは4件です

  1. おりき より:

    カリフォルニアのビーチもう名前だけでも最高ですねなんかワクワクしてきますね明るいイメージがどんどん僕の頭の中に浮き上がってきますアメリカっていうのはすごく自分の中では印象の良い場所で中の社会とか治安が悪いとかロサンゼルスは危ないとかいろいろ言われますがやっぱり自分はハリウッド映画で育ったのですごくアメリカ面白い国だって言うイメージがありますそしてワクワクする感じです日本にいても退屈だけどなんかここだったら非日常の中で毎日面白そうに過ごせる感じです金髪美女と恋愛なんかもしてみたいカルフォルニアのビーチ最高ですねなんかほんとに異常事態が映画になりそうなとてもワクワクした感じがしますいちど長期滞在をしてそれが本当かどうか確かめてみたいと思うけど予算がないかな

  2. ななママ より:

    カリフォルニアと聞くだけで開放的な気分になれますねー。
    一度訪れたことがあるけど、ビーチで泳ごうとは考えなかったなぁ。
    現地の人がビーチバレーをしていて、アメリカのドラマを見ているような気分でした。

  3. makostyle より:

    特にアメリカの映画が好きな私にとってカリフォルニアと聞けば、それだけでテンションがあがります。もちろん行った事はありませんが、行ったら年甲斐もなくキャッキャとはしゃぐでしょう!

  4. ひかり より:

    カリフォルニアにはとても憧れます!!
    ビーチはとてもきれいそうですね。
    白いビーチに青い空。
    そんな所で時間を忘れて
    過ごしてみたいです。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ