日本と違う?フィリピンの離婚制度とは?


 

 

日本とも強い結びつきのある国の一つ、フィリピン。

街でフィリピン人を見かけることも多くなってきたし、

フィリピン人と付き合っている、なんて人もいるのではないだろうか。

 

彫りの深いフィリピン人の顔立ちは、

美形に見えるので日本人にとっては憧れである。

 

 

しかし、フィリピン人と付き合っている人に考えてみてほしい。

 

「その人と将来的にどうなりたいか?」ということを、である。

 

具体的なビジョンを考えない付き合いは長続きしない。

 

 

もし、「この人と結婚したい」と思ったならなおさらである。

 

国際結婚は面倒事も多い。

 

そもそも、日本とフィリピンでは、

婚姻に関する法律が全く違うのだ。

 

そんなこんなで、

文化や国民性の違いについていけなくなって離婚する、となったら目も当てられない。

 

 

しかし、国際結婚は離婚すら面倒なのである。

 

というわけで今回は、

フィリピンの離婚制度について調べてみた。

 

 

フィリピンの離婚制度はどんなもの?裁判離婚とは?

 

 

フィリピン人というのは、

「家族」との繋がりを非常に大事にするお国柄である。

 

しかも離婚を禁じるカトリックの国。というわけで、

離婚にも厳しい規制があるのである。

 

 

フィリピン人との離婚をする場合、

日本とフィリピン両方で手続きをしなければならなない。

 

 

日本での離婚を先行させる場合、

「裁判離婚」をしたうえで、

フィリピンでこの離婚の承認手続きをする必要がある。

 

 

フィリピンでの離婚を先行させる場合、

フィリピンで訴訟を提起し、離婚無効又は離婚取消しの判決を得たうえで、

日本で、この離婚を役所に届ける必要がある。

 

では、裁判離婚とはどんなものか。

 

 

日本では、双方の話し合いだけで離婚ができる。

 

しかし、フィリピンでは、

そもそも離婚が認められていない。

 

 

だから、当事者間において、

離婚に合意していたとしても、

 

日本では、まず家庭裁判所に、

日本人配偶者が、調停の申立てをし、

調停に代わる審判を裁判所に出してもらわなければならない。

 

 

フィリピンでは、離婚手続きの代わりに、

婚姻無効または取消しの訴訟を提起しなければならないのだ。

 

日本では考えられないが、

実は、協議離婚を認める国は世界的に見ても少数派。

 

世界は広いのである。

 

 

フィリピン人同士の離婚は認められていない?離婚制度がなかった!

 

 

とはいえ、

「離婚制度すらない」という意味では、

フィリピンは珍しい国である。

 

 

しかし、

流石にそんな制度では国際社会の中でやっていけなくなったのか、

最近になって裁判での離婚ならできるようになった。

 

 

フィリピンでは、

離婚のための裁判を、「アナルメント裁判」という。

 

といっても、

中流階級以下のフィリピン人は基本的にアナルメントをせず、

婚姻状態のまま他に家庭を持つことが多い。

 

アナルメントはフィリピンでは一般的ではないのである。

 

 

だから、アナルメントの「経験と知識がある弁護士」を見つけるのは

結構至難の業だったりする。

 

 

ここから、裁判費用の支払いと

申立書作成のためのヒアリング、裁判所への申し立て、

 

裁判官の決定、離婚相手への出廷依頼、地方検事による調査、

精神鑑定士による精神鑑定、予備協議、公判前協議、

裁判(最低2回以上の公判)、判決という流れ。

 

 

ちなみに、このアナルメント、

少なく見積もっても2~3年はかかるという。

 

料金は25万ペソほどかかるという。

 

裁判が遅い…というか時間がかかるのは、

どこの国でも一緒なのかもしれない。

 

 

まとめ

 

 

いかがだったでしょうか。

 

 

国際離婚、とても面倒である。

 

こういうことを念頭において、

外国人とは付き合うべきだと思う。

 

 

というより、離婚しなければいいのである。

 

恋人、配偶者と仲良く過ごせれば、

それに越したことはないと思う。

 

 

相手とよく話し合い、お互いの気持ち、本音を伝えあう。

 

きれいごとかもしれないが、

そうやって明確な将来のビジョンを持って、

相手と付き合っていくべきだと思う。

 

 

すでに離婚に踏み切っているという人は、

この記事を参考にして、辛抱強く手続きを進めていって欲しい。

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道▲CLICK

移住と一人起業の専門家:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

▼CLICK自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ