フィンランドに移住した看護師!フィンランド移住のデメリットと老後の海外移住、看護師のデメリットとメリットをブログで紹介


 

フィンランドに移住するなら、看護師を含め

仕事に関する考え方が日本人とまるで違うと知っておこう。

 

厳しい冬や高い生活費というデメリットもある。

 

 

フィンランド移住のより詳しい情報、

現地に住んでも尽きない安定収入のつくり方。

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

メールアドレス >

 

 

フィンランドはヨーロッパの北側に位置する、

西はスウェーデン、北はノルウェー、

東はロシアと面している国。

 

 

フィンランド移住で看護師など

資格がある仕事で働くことは

できるのだろうか。

 

この記事で紹介しよう。

 

 

 

海外移住…フィンランドに移住した看護師。移住と仕事、老後は

 

ムーミンや女性に人気のブランドである

マリメッコ、イッタラなど

北欧ブランドは今や日本でもなじみ深い。

 

 

高い山はなく、湖が多い森に

囲まれて大自然あふれる国だ。

 

首都はヘルシンキ、公用語は

フィンランド語だが英語も

問題なく通じる。

 

 

ヨーロッパ諸国の中でも

治安は良く衛生面も良い。

 

 

海外移住を考える人は近年多くなっている。

 

 

移住してからも生活していくためには資金が必要。

 

そのためには老後であれば十分な

老後資金を準備していくか、仕事を探して

働いてお金を稼ぐことになるだろう。

 

 

フィンランドに移住するには街では

英語表記のものもあり英語も通じるので問題ない。

 

だが、コミュニケーションを取るためには、

英語の他に国の公用語である

フィンランド語をマスターしておかないと不便だ。

 

 

自分の友人の嫁さんが

母親がフィンランド人と父親が日本人のハーフで、

年に1回フィンランドに帰省している。

 

だが、友人は

フィンランド語が理解できないし、

難しいため覚えることができていない。

 

 

結局、家族や親戚と会話ができないので

フィンランドには1回しか行ったことがない。

 

 

友人は日本で起業している頭の良い人物だが、

フィンランド語やスウェーデン語のような

北欧語は難しいと話していた。

 

 

医師や看護師、教員などでも

公用語が話せないと、

資格があっても働くことは難しいだろう。

 

 

一方でこの資格があれば

フィンランドの就労ビザが

おりやすいという資格がある。

 

シェフや職人といった調理師免許や、

フィンランドの資格である

ヒュギエニアパッシという衛生管理の資格。

 

 

ITプログラミングは比較的英語が話せれば、

成果物を見ればわかるのでフィンランドでは

就職しやすい資格だといわれている。

 

 

 

フィンランド移住のデメリットと失敗、後悔…移住のデメリットとメリットは?

 

フィンランドに移住して失敗した、

後悔したとならないために、

1度行ってみることをおすすめする。

 

 

特に小さい子供や年配の人だと、

この移動距離や時間が長いことは

デメリットになるだろう。

 

1年に何度も

日本と行き来することは

交通費も考えて難しい。

 

 

寒いのが大好きな人にはオーロラなど楽しめるが、

寒いのが苦手な人はまず住むことはできない。

 

 

夏は6~8月で最高気温22℃と

平均気温15℃、涼しい夏だ。

 

 

1日で太陽が沈まない白夜は6~7月。

 

逆に1日で太陽が見られない

極夜は12~1月にある。

 

 

11~3月は冬で最高気温5℃と

平均気温が-5℃。

 

4~5月と9~10月は最高気温15℃と

平均気温5~10℃と、

日本と比べると気温が低いことがわかる。

 

 

家の中は断熱がされているので寒くないが、

生活していれば何日も家を出ない

というわけにはいかない。

 

この寒さをメリットと取るか

デメリットと取るかで、

移住した時の反応は違ってくるだろう。

 

 

日本の冬でも苦手な自分はきっと難しい。

 

 

消費税が23%(食料品は13%)と高いことで有名だが、

この税金は教育や福祉に充てられているため、

老後や教育の面については手厚い。

 

これもデメリットのようで

メリットでもあるところだ。

 

 

 

フィンランド移住と老後…40代の子連れや移住手続きをブログで

 

フィンランド移住する際の移住手続きは、

フィンランド人と結婚したり、就労ビザ、

留学ビザなどのビザを持つことが必要だ。

 

 

180日間のうち90日以内の

滞在にはビザは不要とされている。

 

3か月ほど住むなど短期で行く場合は

気軽に訪れることができる。

 

 

福祉大国で知られているフィンランドを

はじめとする北欧諸国だからと言って、老後に

いきなり移住して福祉制度の恩恵を受けられるとは限らない。

 

フィンランドに家族や親戚が住んでいて

税金を支払っている場合はこの限りではない。

 

 

また、上記で述べたように

寒さに慣れていないようであれば、

老後に住むというのは難しいだろう。

 

 

高い税金は福祉と教育に使われているため、

30代や40代の子連れで移住するとなった際には

子供の教育面には心配することはないだろう。

 

7歳からの9年間の義務教育期間は

ほとんどお金がかからないのに

世界で高水準の教育を受けることができる。

 

 

・フィンランドで暮らしてみた

 

 

 

まとめ。フィンランド移住について

 

フィンランドに移住するには

ヨーロッパ圏以外の外国人は

移住することは難しい。

 

 

看護師や教員免許などの資格があっても、

その資格を活かすためには

語学力が必要なことがわかった。

 

 

リタイアメントビザが認められていない。

 

1度もフィンランドに行ったことがなく、

いきなり老後に移住することは

気候の面でも適していないように思う。

 

 

北欧の中では1番日本に

距離は近いかもしれないが、

間にあるロシアが広いためやはり距離は遠い。

 

移住するとなると簡単には帰国できない。

 

それなりの覚悟も必要だろう。

 

 

しかし、治安が良く

公共交通機関や街なども

清潔に保たれている。

 

水道水も飲めたり、

インフラの整備も整っている面は

日本と似ているので住みやすいのは確かだ。

 

 

90日以内の滞在であればビザもいらないので、

移住を考えている人は短期間に

お試しで住んでみることをおすすめする。

 

 

フィンランド移住を計画している花田。

自分と同じくチョコミントに目がない(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ