モナコに住むには?モナコ移住、モナコに住む日本人とモナコに住む条件。モナコ在住の日本人(有名人)…なぜモナコに住みたい?


 

モナコに住むには、

厳しいハードルをクリアする必要がある。

 

 

公用語はフランス語だが、

英語やイタリア語が通じるところも。

 

生活のために、せめて

日常英会話のマスターをしておきたい。

 

 

モナコ移住のより詳しい情報、

現地に住んでも尽きない安定収入の構築法は

以下の無料ニュースレターで学んで頂ける。

 

ご相談もどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

モナコでは、

所得税など税金がかからない。

 

相続税などおさえることができると、

セレブに移住人気があるモナコ。

 

 

モンテカルロにカジノがあり、

毎年F1グランプリが開催される国だが、

モナコに住むにはどんな条件があるのだろうか。

 

この記事で紹介しよう。

 

 

 

モナコに住むには?モナコ移住、モナコに住む条件…モナコに住みたい時の移住手続き、看護師など40代子連れの仕事など

 

フランスの南側にあり

地中海に面している国、モナコ。

 

正式国名はモナコ公国。

 

 

1927年に建国されたモナコは、

人口38,100人(2019年統計による)で、

面積は2.02平方キロメートル。

 

バチカンに続いて世界2位の小さな国だ。

国教はカトリック教。

 

 

まずモナコに住むには

とにかくお金が必要だ。

 

移住条件には少なくとも25万ユーロ、

4,000万円など色々とウワサは飛び交っているが、

正式にこの金額が必要、とは公表されていない。

 

 

移住手続きの大前提に、犯罪歴がなく、

不動産価値が高いモナコで

住むところがあることを証明する必要がある。

 

 

観光など90日以内の滞在にはビザはいらない。

 

 

軍事力を持っていない国で

フランスによって領土の

防衛を約束されている国だ。

 

 

モナコには日本でいうと

大学病院や総合病院のような

グレースケリー記念病院がある。

 

特別な処置や、

日本語での対応を希望する場合は

フランスの病院に行くことになる。

 

 

人口1,000人に対しての医師の数と

看護師の数は世界トップクラス。

 

2017年のWHOの統計から、世界193か国中

医師は人口1,000人あたり6.65人、

看護師は人口1,000人あたり20人だ。

 

 

人口が少ないため特殊でもあるが、

医師や看護師としてモナコで仕事を探す場合は

勤務先が簡単には見つからない可能性がある。

 

 

40代で子連れの場合、モナコの幼稚園が

フランス人からもかなりの人気がある。

 

モナコ人から順に優先順位もあるため、

外国人の子供が入ることは極めて難しい。

 

 

フランスの方の学校を探すなど、

学校に関してはモナコ以外も

探しておく方が無難だ。

 

 

 

モナコに住む移住した日本人は?モナコ在住の有名人など日本人

 

モナコに移住した日本人の有名人といえば、

モナコ在住の元サッカー日本代表の中田英寿氏と、

元テニスプレーヤーの伊達公子氏。

 

在住ではないがF1レーサーの

佐藤琢磨選手などが有名だ。

 

 

佐藤琢磨選手はF1の大会後インタビューでは、

モナコは本当に治安が良くてとてもきれいな街、

女性が1人で夜の街を歩いていても大丈夫な国だと言っている。

 

 

実際にモナコは国内に監視カメラが

いたるところに設置されていて、

国民は24時間監視されている状況だ。

 

警察官は国に400人以上いるとされており、

警察官1人あたり国民95人前後を

監視している状況だ。

 

 

国境を閉鎖するのに

3分かからないほどの警備体制。

 

夏に暑いからと上半身裸になっている男性が

裸になってからすぐに警察官に駆け寄られて

厳重注意を受けたほど監視体制が整っている国だ。

 

 

これだけ監視されていると犯罪は起こりにくいだろうが、

フランスやイタリアからは電車やバスも乗り入れられており、

フランスとは自由に行き来できる。

 

治安が良いからといって油断は禁物だ。

 

 

 

モナコ移住の後悔…失敗とデメリット

 

モナコに移住して後悔する、

失敗したと思わないようにするためには

モナコに一度足を運ぶことだろう。

 

 

90日以内の滞在であればビザ不要なので、

旅行に行くなどの入国は簡単だ。

 

 

しかし上記でも述べたように

モナコに移住するには

それなりの資金が必要だ。

 

 

モナコはリタイアメントビザがあるので

老後にも移住できる。

 

その場合は仕事をせずに

生活していくと考えている人が多いので、

資金を多く準備しておく必要があるだろう。

 

 

先祖代々モナコに住んでいるモネガスクの紹介があれば

移住するのに条件がゆるくなるようだが、

必要な資金条件はそんなに変わらないようだ。

 

このモネガスクは普通の格好で普通の暮らしをしている。

 

 

人口の80%以上が外国人移住者であり、

その人たちはセレブと呼ばれる

お金持ちばかりだ。

 

身なりは相当気を遣っているので、

それに合わせないとならない。

 

 

苦でなければデメリットにもならないが、

外出先では狭い国なので誰に

見られているかわからない。

 

そういったプレッシャーを良く思わない人は

モナコに住むとデメリットになる可能性がある。

 

 

自分は半袖半パンで気軽な格好が好きなので、

毎日着飾らないといけないとなると

しんどいかもしれない。

 

 

モナコは自転車や徒歩でも

移動できてしまうが、

バスや電車など交通機関もある。

 

 

タクシーの場合は日本のように

流しのタクシーはいない。

 

電話か専用ボタンがある場所があるのでそれで呼ぶ。

 

道端で待っていてもずっと

タクシーは通らないので気を付けたい。

 

 

物価は高いといわれているが

並み外れというわけではなく、

フランスと同じくらい。

 

ヨーロッパのような物価だと考えておくと良い。

 

 

 

まとめ。モナコに住むには?

 

モナコに住むと所得税がかからないので、

お金を持っている人にはもってこいの国だ。

 

相続税もおさえられて、

家族に相続にする時には

多くを遺すことができるかもしれない。

 

 

モナコに住むには

4,000万円~5,000万円は最低でも必要で、

簡単には移住できないことがわかった。

 

 

1993年に国連に加盟し、

2004年欧州評議会の他、世界保健機関や

UNESCOなど国際機関にも加盟している。

 

小さな国であるがしっかりと

ひとつの国として機能している。

 

 

また、国内全土に2

4時間監視カメラで監視され、

治安は非常に良い。

 

子供や女性にとったら、とても

安心できる国でもあるだろう。

 

 

街全体がF1のコースになっているので

F1好きにはたまらない。

 

住むには条件的に難しいかもしれないが、

90日以内であればビザなしで滞在できる。

 

 

この機会にぜひ足を運んで

雰囲気を楽しんでほしい。

 

街並みもきれいで目の保養、

癒しにもなるだろう。

 

 

モナコへの移住を計画する横溝。

自分と同じく、かつて自分への自信がゼロだった男(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ