海外の医療費を比較!無料(医療費無料)や還付の請求、健康保険や医療費控除…ヨーロッパの医療費、保険は高額?


 

海外は日本と比べて医療費が高い。とは聞くが・・・

どのくらい違うのかイマイチ分からない。

 

 

海外に中には、医療費無料という国もある。

 

無料と聞けばどこの国か気になるし、

きちんと診察してくれるのか心配になってしまう。

 

海外の病院で診察を受けた場合、

保険や医療費控除を申請する事ができるのか気になる。

 

 

海外で治療した場合の保険や医療費控除について調べてみた。

 

 

 

スポンサードリンク

海外の医療費…日本と海外を比較!無料(医療費無料)なのはどこ?

 

海外の医療費は、どうなっているのだろうか。

 

 

海外の医療費と日本の医療費を比較してみよう。

 

アメリカやヨーロッパの医療費は、日本では考えられないくらい高い

海外の医療費の推移を見てみよう。

https://www.mizuhobank.co.jp/corporate/bizinfo/industry/sangyou/pdf/1050_03_07.pdf

 

日本・ドイツ・イギリスの医療費の推移だ。

日本の医療費は年々増加しているが、

ドイツは日本ほど上昇率が高くない。

 

イギリスは医療費を抑制している事がわかる。

日本の医療費は海外の医療費の推移と比較して増えている原因は、

どこにあるのか気になる。

 

http://www.ringe.jp/civic/medical_01.html

 

 

ところで医療費が無料の国はあるのだろうか。

医療費無料の国はあった。

 

デンマーク・オーストリア・オーストラリアだ。

 

しかし医療費が無料と言っても、良いところばかりではない

その点を知っておく必要がある。

 

 

 

ヨーロッパなど海外の医療費の還付と請求について。保険(健康保険)は高い?高額でもメリットは…

 

海外の医療費が高額なのは、なぜだろうか。

海外の医療費が高い理由は、医療制度だ。

 

海外旅行に行って現地の病院で保険なしで診察してもらったら、

医療費は恐ろしい金額を請求される

海外の医療費は、保険証があれば病院で対応してくれるのだろうか。

 

https://www.skygate.co.jp/guide/231/

 

 

現地では安くならないが、

現地の病院で診療内容証明書と領収明細書を発行してもらう。

帰国後、必ず手続きしよう。還付の請求する手続きの方法だ。

 

https://www.kenporen.com/health-insurance/kaigai-ryoyou/

 

 

療費支給申請書と現地の病院で発行してもらった診療内容証明書・

領収明細書・領収書原本を健康保険組合に提出するのに必要だ。

 

現地の病院で発行してもらった書類の翻訳文

渡航期間がわかる書類・同意書などがある。

 

海外に行く前に、自分の所属している保険組合

手続きに必要な書類を必ず確認しておこう。

 

 

ヨーロッパなど海外の病院で治療した場合どうすればいいか、

旅行に行く前に前もって調べておくと安心だ。

 

 

 

海外で医療費におびえることのない

定期収入を得る方法とは?

 

 

海外の医療費控除って?確定申告と医療費の控除、海外の場合。治療費など医療費の控除…海外で不妊治療もあり?

 

海外旅行や出張をした時に医療費還付をした場合、

医療費控除を確定申告で出来るのだろうか。

海外に滞在している時の医療費控除はどうすればいいのだろうか。

 

 

医療費控除を確定申告する場合、

海外に勤務した時にはどうすべきか知っておく必要がある。

https://www.tabisland.ne.jp/column/2017/1205.html

 

日本に住んでいない場合、

海外に住んでいる場合は、医療費控除を確定申告で申請する事が出来ない。

https://www.tabisland.ne.jp/column/2017/1205.html

 

海外旅行や出張先の病院で診察してもらったら、

海外医療費還付請求用紙と必要な書類を提出しよう。

https://www.kenporen.com/health-insurance/kaigai-ryoyou/

 

 

海外医療費還付請求は民間保険受領後にするのか迷ってしまう。

https://financial-field.com/world/2018/12/12/entry-29899

 

 

しかしよく考えてみると、

海外の医療費が高いから海外旅行の保険料支払っているのだ。

高額の医療費が向こうで払えるようにしておくためである。

 

提出したあと、還付を受けた場合だ。

海外で医療費を払った場合、払い戻しはどの位になるか調べてみた。

https://www.kenporen.com/health-insurance/kaigai-ryoyou/

 

 

日本の医療で受けた診療報酬に換算される金額で、

払い戻し金額が決まるのだ。

 

医療費控除を申請する場合、

海外だと為替レートがあるので円への換算方法を知っておこう。

http://www.f-east.com/school/detail_83.html

 

 

日本の場合は、医療費控除の対象金額に達すれば、確定申告する。

 

しかし海外の病院で診察を受けた場合は

医療費控除の対象になるのだろうか。

 

https://www.arakawa.ne.jp/%E6%B5%B7%E5%A4%96%E6%97%85%E8%A1%8C%E4%B8%AD%E3%81%AB%E7%97%85%E6%B0%97%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8A%E3%80%81%E7%97%85%E9%99%A2%E3%81%AB%E3%81%8B%E3%81%8B%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F%E3%80%82/

 

医療費控除の対象になるのを覚えておこう。

 

 

ところで海外で単身赴任をしている場合、

日本で医療費控除の対象になるのだろうか。

 

https://www.zeiri4.com/c_5/c_1060/q_26689/

 

単身赴任で海外にいる人の医療費は、対象にならない

不妊治療をした場合はどうだろうか。

 

https://www.zeiri4.com/c_5/c_1063/q_4424

 

治療費のみは、控除対象になる

 

 

交通費は控除の対象にならないので気を付けておこう。

医療費控除を申請する場合、出産に関しても海外だと可能だろうか。

 

https://allabout.co.jp/gm/gc/420317/

 

 

海外駐在員自身や妻の場合は、出産育児一時金を申請する事が出来る。

出産時に医療保険対象になったら、

海外療養費の払い戻し手続きを必ずしておこう。

 

出産目的で海外に行った場合は、

海外療養費の支給対象外の可能性が高い事を知っておく。

 

海外でたまたま出産してしまった場合は、

海外療養費を申請すれば支給される。

 

海外での出産は人の状況によって違うので、よく調べておこう。

 

 

 

海外に行く前に医療費について調べておこう

 

海外に行く前に、病院で診察してもらった時に、

どうすればいいか調べておこう。

 

海外旅行で行く場合は、海外旅行用の保険をかけておく事や、

病院でもらう書類がある事を忘れないようにしておく。

 

 

海外駐在員で海外に住む前に、

現地で病気になった場合に備えて必要な事を調べておこう。

 

 

 

アメリカで盲腸になってとんでもないことになったのは、

同じマザコンのケイティだ(笑)。

 


よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授