アメリカに移住したいが英語が話せない!移住方法をブログで公開。必要な準備(ビザの条件や仕事、保険)は?


 

 

グローバル化の進む現代において、海外に行くなんてことは

難しいことではなくなってきている。海外出張も

アメリカを始め海外への移住も、意外と身近なことなのだ。

 

 

自分は一生日本で暮らす」なんて思っていても、

それが通るとは限らないもの

 

家族が海外に転勤することになることもあるからだ。

 

 

でも、いきなり海外に住むと言われても、

戸惑う人がほとんどだろう。

 

そこで今日は、日本と最も結びつきが強い国、

アメリカに焦点を当てて、海外移住の準備の仕方や

心構えを語っていこう。

 

 

アメリカへの移住に英語は必須?英語話せない人はどうする?

 

日本と結びつきが強いと言っても、

アメリカ人がこんな小さな島国の言語を

使いこなせるわけがない。

 

向こうの公用語は英語である。

だから、英語で無いと現地人との

コミュニケーションは難しい。

 

 

ちなみに、英語でのコミュニケーションは、

日本の学校の英語の授業の成績はほとんど関係が無い

 

 

英語が話せないと、向こうで赤ん坊レベル

生活しかできないし、運よく現地の

日本人コミュニティに入れたとしても

 

そこの狭い人間関係に疲れてしまう、なんてこともある。

 

 

ではどうするか。勉強するしかない。

 

 

ただ漠然とアメリカで生活し、

英語を聞いていても上達はしない。

 

しかし、ちゃんと勉強すれば、絶対に、

着実に上達する。まずは机の上で書いて、

声に出して読んで覚える

 

そして、ネイティブの英語を聞いて、

それに英語で答えるようにする。

 

このルーティーンをこなせば、

確実に英語が話せるようになっていく

 

 

アメリカへ移住した後の現実をブログで公開。失敗して後悔しないためには仕事が重要?

 

 

では、この項では、アメリカ移住の現実を書いていこう。

向こうは日本の常識など通用しない外国なのだから、

苦労することはたくさんある

 

まず苦労するのは、言語、文化、社会常識の差

遠慮、謙虚が美徳とされる日本と違い、

アメリカは言いたいことははっきり言わないと失礼に当たるという。

 

 

また、ユニットバスは、風呂に浸かる

習慣のある日本人には使いにくく、

他にも細かい文化の違いまで上げていたらきりがない。

 

だから、価値観の合う友達を見つけるのは難しいし、

友達や身内と会えない孤独感は半端ない。

 

 

さらにアメリカは、食べ物がまずい

明らかに食べ物の色じゃない不気味な色のお菓子

普通に売っている。本当にまずい。しかも量が多い。

 

この食文化に慣れるのも大変だろう。

 

 

また、アメリカはとにかく治安が悪いし、

保険や医療費がアホみたいに高い

 

アメリカは、自分の身は自分で守れという国民性なので、

国の力はあてにならない

 

 

何より、アメリカはご存じの通り実力主義の世界。

日本の会社のように、正社員だから首が切られない

なんてことはない。

 

 

 

子供がマナーの悪い人間に育つのを

避けたいあなたへ。

 

1日15分のワークをするだけで、

1を聞いて100を知る賢い脳を手に入れませんか?

 

 

 

 

アメリカへの移住に必要な費用はどれくらい?ビザの手続き方法は?

 

 

ここでは、アメリカ移住の費用や手続きの

方法について紹介していこうと思う。

 

 

まず費用について調べてみたが、

これは家族の人数にもよりけりだが、

 

夫婦二人で移住すると、ビザ取得から新生活

スタートさせるまでには、大体140万円ほどかかる。

 

ビザ取得だけ計算してみても、

万全の準備をしたら20万円ほどかかる。

 

手間も金もかかるが、

この金額を一度に払うわけではないので、

少しずつ節約して貯めればなんとかなるものである。

 

 

次に手続きについてだが、まずは、

アメリカでの滞在目的に合ったビザの発行が必要である。

ビザは日本のアメリカ大使館や領事館で発行できる。

 

 

さらに、日本の役所で、海外転出届を出すこと。

パスポートも作らなくてはいけない。

 

 

また、これは人それぞれであるが、

海外にいても日本の国民年金を継続することができる

 

向こうで車を使うなら、

アメリカで自動車免許も取り直すことをお勧めする。

 

 

日本と違う!アメリカへ移住した後の税金や保険、年金事情とは?

 

 

さて、アメリカは、日本と違い、

社会学的には、「小さな国家」と呼ばれる

国家体制を取っている。

 

医療保険に入るかは個人の自由、

医療費も自己負担で、国の力はあてにできない。

だから、医療費や保険料の負担は馬鹿にならない。

 

 

なら税金は安いのではないか、

と思うかもしれないが、実は、

アメリカの税率は州によって全然違う。

 

一概に安いとは言えない。

ガソリン税やら酒税やらたばこ税やらもある。

自動車にも税金がかかる。ただし、住民税はない。

 

 

また、所得税は、「州」と「連邦」の両方に

払わなければいけない上、

手続きも自分でやらなければならないので面倒である。

 

 

では、年金はどうか。

アメリカでは、「老後は年金暮らし」

という意識が薄く、

 

あらに日本と同様制度の存続自体が

危うくなってきている。

 

手続きを取れば、日本で年金を払っていた分を合算して貰える

 

 

後悔だけじゃない!アメリカに移住するメリットとは?移住したい人が多い理由

 

 

アメリカ移住には、

悪いところもあればいいところもある。

 

スポーツや、最先端のエンターテイメントを楽しめるし、

雄大な自然もある。「人種のるつぼ」だけあって、

 

世界中の文化が集まってきており、

視野が広くなる。保守的な日本企業とは違い、

実力主義の世界で、自分の実力を試せる。

 

自分が一番魅力的に感じたのは、

大きな家と車を持ちやすいことである

 

広大なアメリカでは、

広い庭のある一戸建てを持ちやすいのだ。

どうせなら豪邸に住みたい。

 

 

アメリカに移住するなら、おすすめの州はここ!

 

 

日本人が住みやすいアメリカの州となると、

必然的に日系企業の多い街になる。

 

例を挙げると、カルフォルニア州にある

ロサンゼルスやサンフランシスコ、ニューヨーク州のニューヨーク、

ワシントン州のシアトルなど。

 

 

地域によって生活環境気候も違ってくるので、

しっかりリサーチするのをお勧めする。

 

 

アメリカに移住する方法とは?移住方法の最終形は結婚?

 

 

アメリカへの移住だが、

前述のとおり、

 

滞在目的に合ったビザを発行すれば

不法滞在にはならない。海外転出届も忘れずに。

 

永住権は、世界的に有名な人間や

特殊な技術を持っていないと、

取得するのはかなり難しい。

 

 

やはり最終手段は、どの国でも同じだが

現地人との結婚か(笑)。

 

 

まとめ。アメリカに移住するなら、条件の確認など準備をしっかりと

 

 

いかがだっただろうか。

 

文化の違う異国に移住するのは、

メリットとデメリットがある。

 

不安もいっぱいあるだろう。

 

 

しかし、リサーチと準備をしっかりして

移住に臨めば、なんとかなるものである。

 

 

さて、ロスにいる俺と同じ極度のマザコンの有栖川。

そろそろ帰国するはずだが・・・(笑)

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ