東南アジア移住の5つの魅力とおすすめの国


 

 

東南アジアに移住したいと

思ったことはあるだろうか?

 

 

 

埼玉の和光からフィリピンのマニラ、

そしてセブに移住して数年。

 

ここでは、東南アジア移住について語ってみる。

 

 

 

 

 

東南アジア移住の魅力

 

 

物価や人件費が安く

生活費がトータルで下がること。

 

特に東京や大阪など、日本の都市部に住むよりは確実に。

 

俺の経験では、東南アジアの中でもマニラやセブでは

月60,000円以下で普通に移住生活が可能。

 

 

素朴でフレンドリーな人が多いこと。

 

接してみると分かるが、南国特有の

のんびりした人がかなりの割合を占めている。

 

 

日本からそれほど遠くないこと。

 

時差も短く、いざとなれば帰りやすいのがいい。

 

 

寒い冬や花粉症とは無縁

 

俺の場合は特に凍えそうになる冬、そして周りのモテ仲間には

花粉症をとにかく避けたいという理由で、東南アジアに逃げるように

移住した人も多い。

 

 

ここを拠点に世界の各地を周れること。

 

航空券は一般的に、物価の安い国では安く取れることが通常。

日本発よりも東南アジア発のほうが、安いチケットで気軽に

様々な場所を旅できる。

 

 

その他、東南アジアは経済成長が著しく活気があり、

移住後のビジネスや投資のチャンスも大きいことが魅力だ。

 

 

 

アジアに移住しても変わらない

安定収入。場所を問わない経済力を

手に入れるには?

 

 

 

 

アジア移住ならおすすめなのは

 

 

東南アジアに住むなら、何といっても

フィリピンを移住におすすめしたい。

 

 

理由は様々だが、世界第3位の英語圏であり

英語が通じること。日本人に好意的な人が多いこと。

 

特に日本とフィリピン間に直行便が毎日あり、東京・マニラ間で

4時間程度。一時帰国もしやすく、心理的な距離間もない。

 

 

さらに、かつて「アジアの病人」と呼ばれたフィリピンも

今は経済成長率が東南アジアトップ。

 

きれいな人口ピラミッドを描きながら人が増え続け、

英語力を武器に世界に出て外貨をガンガン稼いでくる彼ら。

 

現地に移住すれば、サバイバル能力や

国際感覚を生活の中で自然に磨くことができる。

 

 

バカンスの際は手軽にアクセスできる美しい

ビーチリゾートが豊富なのも、このフィリピンの魅力。

 

俺にとっては新鮮なマンゴーが毎日美味しく食べられたり、

マッサージが1時間500円以下で受けられるのが何よりの

小さな幸せだったりする(笑)。

 

 

 

アジアからギリシャの島巡りに

シフトした移住仲間の岡田。

 

落ち着いた人がモテる理由、結婚率アンヘレス旅行について

マニラやアンヘレスで語った彼も、俺と同じく列に並んで

待つのが大嫌いな男だ(笑)。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは25件です

  1. シルビアン より:

    東南アジアには移住してみたいですね。
    DANさんのように現地で仕事をしながらというより老後を過ごすという感じで。
    そのためにもできるだけ早くリタイアしたいです。
    そして早く花粉症から解放されたいです。

  2. くろ より:

    東南アジアの魅力と言えばやっぱり温暖な気候と、フレンドリーな地元の人たちですね。日本とは違ってせかせかしてなくて、どことなくのんびりしたところも良いです。寒い冬や花粉症がないのは住みやすいですが、シンガポールなどは一年を通して湿度が高く気温も30℃前後まで上がるので高温多湿が苦手な人にはちょっと辛いかもしれませんが。

  3. もふ より:

    暖かいという事や、日本と時差がないことがいいですね。
    花粉症や、寒さとも無縁というのもポイントが高いです。
    考えたいです。

  4. もろっこからのおさけ より:

    アジアには移住してみたいと思っています。でも50年先?笑いやっぱなかなか。。>一度コップを
    置きさえすれば、
    重く感じないし痛みもない。
    悩みを増幅させるのは、
    それを考える
    回数や時間の長さ。
    だから
    コップを置く方法、
    悩みを手放す工夫を
    自分なりにできるように
    なっておきたい。
    気分転換に大好きな映画を観る
    パートナーとデートする
    心を開ける人に
    会いに行って洗いざらい話す
    ダイエットは忘れて
    食べまくる(笑)
    ・・・
    悩みを忘れられるなら、
    どんなことでもいい。
    そして、
    どうせ考えてしまうなら
    問題そのものではなく
    その「解決策」に
    フォーカスを当てたい。
    【本当に怖いのは】
    日本人のマイナス面として、
    俺が指摘した
    もう一つのもの。

  5. makostyle より:

    日本での生活があるので今は現実的に東南アジア移住は無理ですが、年を取ったら暖かい南国で悠々自適に生活してみたいものです。今まで南国の人ののんびりした性格に触れたことがないので一度経験してみたいものです。

  6. きゃん より:

    もちろん移住したいと思ったことはありますよ。
    でもいろいろな条件で、あきらめてしまったというのが
    本当のところです。

  7. いーさん より:

    フィリピン、いいですね〜
    マッサージが500円以下ということや、バカンスとしても知られているんですね
    行ってみたいな〜

  8. はま より:

    東南アジア移住は結構前から興味があった。でもやっぱり自分の仕事を考えると多分東南アジアより日本の方が進んでいるからなかなか決断まではいかない。

  9. カルイザワ より:

    1度タイに仕事で住んでいたことがあるので、すごく共感できます。
    東南アジアってそんなに観光地として大人気ではないですが、とても素敵なところです。
    下の子が大きくなったらまたタイに戻りたいなと思いました。ご飯もすごく美味しいです。花粉症で苦しむ必要も無いですし、快適です。

  10. しおばなはるの より:

    東南アジアに移住か……。めちゃくちゃ移住したいなぁ、と何度も思ったけど、日本も好きなだしな。この辺りは悩みどころ。でも、移住憧れるよな。

  11. うず より:

    東南アジアは物価や人件費が安いのが、日記を読んで伝わって来ました。それ日本から近いのも良いですよね!特にフィリピンがオススメだなんて、良い情報をゲットできました。

  12. らら より:

    東南アジア行ってみたいとおもいました。あたたかくて生活しやすそうで人と人とのつながりもフレンドリーなところは日本とはまた違ったところなのでぜひ旅行で一度行ってみたいとおもいました。

  13. いもこ より:

    そんなに安く移住できるとは・・・なによりマッサージが1時間500円の破格!!日本で安くても1時間4000~8000円でマッサージいくのがばかみたいですね。うらやましいです。

  14. hiro より:

    暖かい所に移住って憧れますね~
    でも、なかなか出来る事でもないですよね
    お金をためて移住するのか、それとも移住してからお金を稼ぐ方法を見つけるのか
    なかなか考えどころですね。

  15. プリン より:

    寒い冬と花粉が無い事は魅力的ですね。
    日本から近い事もいいですね。
    ちょっと遊びに行って来る的な感じで、飛行機に乗って旅行できますね。

  16. ぽぽ より:

    あまり積極的には移住したいと思った事はありませんでしたが
    このように良いポイントをピックアップされてみると
    移住もいいものかもしれないと考えてしまいました。
    人間は現状維持を一番の安心と考え
    新しいものに挑戦するのには
    勇気を必要とする傾向が見られますが
    海外旅行が一般化してきた今
    フィリピンなどは非常に行きやすいようなので
    何度か観光に行ってみて良いなら移住を検討することもありですね。

  17. のっち より:

    東南アジアすごい魅力的ですね~!
    物価安いし、フレンドリーで英語さえ喋れればやっていけそうな。。。
    寒い冬や花粉症とは無縁とも最高です!

  18. カカリチョウ より:

    東南アジアへの移住は夢ですね。でも月6万円で生活ができるなんて日本じゃ考えられないですもんね。移住は心の壁さえクリアできれば可能かもしれませんね!

  19. おきあみ より:

    東南アジアの中でもフィリピンは移住先に良さそうですね!

    そちらには花粉症が無いとは初耳でした。
    今の季節、特に心惹かれます(笑)

  20. だい より:

    6万円以下で生活ができてしまうなんて夢のようです。
    まさに今、花粉症と闘って辛いです。が桜が綺麗に咲いています。
    海外移住生活憧れます。

  21. maimai より:

    寒がりな私にとって寒い冬が無いっていうのはとてもありがたいです。そして適度な距離も何かあったときにさっと帰れて良いですね。東南アジアへの移住は考えたことなかったですが、色々と住みやすそうで魅力的に思いました。

  22. エコロ より:

    都市でごみごみしていたり、花粉症や寒暖の差、梅雨などがあっても私は日本の東京だ世界で一番住みたいいや住んでいる場所です。東南アジアを知らないからかもしれませんが。

  23. もふ より:

    東南アジアではどうして花粉症がないのでしょうか?
    花があるということは花粉が存在しているわけですよね?

  24. より:

    生活費が安く暮らせるのは一番の魅力だと思います。
    あと花粉症がないのもすごくうらやましいです。
    フィリピン移住はメリットしかありませんね。

  25. こう より:

    花粉症の心配がないのは良いですね。春先になると気候は良いのに花粉のせいで憂鬱になるので、快適に過ごせるのは嬉しいです。
    日本人に好意的な人が多いのも住みやすそうですね。海外に住むならやはり親日家の多い国が良いです。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ