日本からマイアミへの行き方って?直行便は?成田から飛行機でウィンウッドへ…オーランドやバハマ、リトルハバナ、ニューヨークからなら?マイアミから日本は?ウルトラ、国内なら日本のマイアミ(ビアガーデン)で盛り上がる!


 

見渡すかぎり広がる青い空、美しいビーチ

そして過ごしやすい温暖な気候。アメリカ屈指のリゾート地

マイアミ」は、誰しもが憧れる楽園のような場所だ。

 

 

しかし、遥か遠くにあるマイアミへ行ったことがない、

ましてや行き方を調べたことすらない日本人が多いのではないだろうか。

 

 

行き方がわかれば、今まで遠いと思っていたマイアミも、

少しは身近な地に感じるかもしれない。
そこで、今回は日本からマイアミへの行き方や注意点などを紹介していく。

 

マイアミから日本は?飛行機で成田に帰るならおすすめは

 

 

アメリカ・フロリダ州にあるマイアミへの行き方は、

飛行機を乗り継ぐ方法しかない。残念なことに、

日本からの直行便は運行していないのだ。

 

具体的なマイアミへの行き方は、まず成田空港からダラス、シカゴ、

またはアトランタなどの都市へ向かう。

 

そこからまた乗り継いで

やっとのこと目的地マイアミ国際空港へ到着となる。

 

所要時間にして17〜18時間ほどのかなりの長旅だ。

時差は、日本の方がマイアミよりも13時間早い

 

なお、航空会社はアメリカン航空かデルタ航空をおすすめしたい。

時期にもよるが、比較的航空券が安く

乗務員の接客、座席の座り心地、機内食の味やアメニティの充実度など、

 

総合的にみてコスパが良いので、ぜひ利用してみてほしい。
長旅で疲労が溜まり、マイアミから日本への帰りに

不安に感じる方も問題なく快適な時間を過ごすことができるだろう。

 

また、マイアミは美しい景色やビーチが有名な一方、

アメリカ屈指の治安の悪い場所としても知られている。

 

夜到着便は避ける、夜到着の便になってしまった際は、

寄り道はせずに空港のタクシーで

すぐにホテルに向かうなどの注意が必要だ。

 

日本のマイアミ、国内ならビアガーデンでも楽しめる(笑)

オーランドやバハマ、リトルハバナや

ニューヨークからウィンウッド(マイアミ)へ。行き方には注意

 

マイアミやその周辺エリアは、観光やレジャー施設の宝庫だ。

1回の旅行ではとても回りきれないほどの充実ぶりなので、

 

初めてマイアミエリアを訪れる方は

旅行プランを計画するのに迷うかもしれない。

 

そこで、自分がおすすめするマイアミエリアの観光スポット、

イベントや行き方などを紹介する。

 

 

まず1つ目がオーランドエリア
ここはウォルト・ディズニー・ワールドや

 

ユニバーサル・オーランド・リゾートなどの

有名なテーマパークが乱立する夢のような場所だ。

 

初めて行くなら、ぜひディズニー・ワールドをおすすめしたい。

日本のテーマパークと比較して、スケールの違いを体感してほしい。

 

オーランドエリアへは、マイアミ国際空港からレンタカーを借り、

車で移動する行き方がいいだろう。

 

高速バスにのるという方法もあるが、値段も高く、

よく遅延するのでおすすめしない。

 

オーランドにはレンタカー会社が山ほどあるし、

自分たちのペースで車移動する方がストレスなく旅を楽しめるだろう。

 

 

2つ目がウルトラ・ミュージック・フェスティバルだ。
世界最大級の音楽の祭典が毎年3月にマイアミで開催されている

 

音楽好きにはたまらないイベントなので、

スケジュールが合う方はぜひ行ってみてほしい。

 

ウルトラ・ミュージック・フェスティバルが

開催される会場のベイフロントパークまでは、

 

マイアミ国際空港からタクシー

またはシャトルバスを使う行き方がおすすめ。

 

会場までの移動を楽にするためにも、

ダウンタウンエリアのホテルに宿泊するのがベストだ。

 

 

3つ目はラテンアメリカのポップで

活気ある雰囲気を味わえるリトルハバナ

 

キューバ文化が根付いているこのエリアでは、

カラフルな街並みを楽しみながら、

美味しいグルメを思いっきり堪能してみよう。

 

リトルハバナエリアまでのマイアミ国際空港からの行き方は、

タクシーやレンタカーで移動する方法をおすすめする。

 

 

4つ目はインスタ映え必至のウィンウッドアート地区

マイアミならではの芸術的な雰囲気を体感してみよう。

 

ウィンウッドアート地区はマイアミの市内中心地から

徒歩や自転車を使う行き方がおすすめ。

 

または、ウィンウッド地区のアートを巡る

ウォーキングツアーもたくさんあるので、

より知識を深めたい方はツアーに参加するといいだろう。

 

 

5つ目はマイアミの南東部に位置するバハマ島だ。

マイアミビーチとはまた違った雰囲気の豊かな自然を味わうことができる。

 

バハマ島までは、マイアミエリアからゆったりと海を堪能できる

クルーズ船を使う行き方がおすすめだ。

お得なワンデイクルーズツアーもあるので気になる方はチェックしてみてほしい。

 

 

5つ目は、アメリカの大都市・ニューヨークだ。
アメリカ旅行が初めてならニューヨークも

プランに組み込んでみてはいかがだろうか。

 

ニューヨークからマイアミへの行き方は、飛行機で約3時間かかるが、

日本からの移動時間を考えればだいぶ近く感じる。

 

マイアミで自然を感じた後

ニューヨークの大都会で大人な雰囲気を味わうのも魅力的だ。

 

 

そして、マイアミを観光する上での注意点だが、

マイアミ北部はアメリカのなかでも特に治安が悪く

犯罪発生率が高いことで有名な場所となっている。

 

徒歩で移動する際は、

昼間でも人通りの少ない通りは歩かないようにしよう。

 

また、タクシーを利用する際にも注意が必要。

支払いは現金のみしか受け付けていないタクシーや、

移民が多い土地柄なので、英語が通じない運転手もなかには存在する。

 

トラブルを避けるためにも乗車前に確認をしておくことがおすすめだ。

 

なお、最後におまけとして、

そもそもアメリカという異国の地への旅行が不安な方や、

 

時間・経済的に余裕がない方もいるだろう。

そんな方には「マイアミ」つながりでおすすめの場所を紹介したい。

 

ビアガーデンマイアミ」は

三越栄店屋上にて毎年期間限定でオープンしている。

 

キンキンに冷えた種類豊富なビールと世界各国の料理、

ライブイベントなどが好評の名古屋でも人気のスポットだ。

 

こちらの「ビアガーデンマイアミ」への行き方は、

地下鉄栄駅を下車、16番出口を出てすぐある三越に入り、

 

エレベーターで屋上まで上がれば到着する。
春〜夏の時期に名古屋を訪れた方はぜひ行ってほしい。

 

 

まとめ

 

今回は日本からマイアミへの行き方や、

おすすめの観光スポットなどを紹介した。

 

マイアミというと、最初はなんとなく治安の悪そうな異国の地に感じたが、

調べてみると豊かな自然とおしゃれな観光スポット

溢れた魅力的な地ということがわかった。

 

世界中から観光客が集まり、

多くの人を魅了し続けてちるスポットであるということも頷ける。

 

マイアミに行くには半日以上もかかるし

乗り継ぎもしないとたどり着けないが、

 

滞在期間はそんな旅の疲れも吹っ飛ぶほどに

刺激的で感動する景色や体験を堪能することができるだろう。

 

日本での生活にストレスを感じている方、

解放的な休暇を過ごしたい方はとくにマイアミはおすすめだ

気になった方は、ぜひ一度訪れてみてはいかがだろうか。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ