パラグアイに移住するメリットとデメリットとは?受け入れ先や仕事を探す方法、移住地をブログで紹介


 

「パラグアイに移住したいと漠然と考えている」

「パラグアイで仕事を探すにはどうしたらいいのか」と悩んではいないだろうか。

 

 

魅力的な南米の地パラグアイ

 

しかし、パラグアイ移住の情報は少ない

 

 

この記事ではパラグアイに移住する際に受け入れ先や移住地、

そして仕事の見つけ方について掘り下げていく。

 

 

パラグアイ、移住の受け入れ先や移住地は? 

 

実際にパラグアイでの移住の受け入れ先や移住地としてはどんなところが

あるのだろうか。

 

パラグアイは未だに日本人にとっては情報が少なく、未知な部分が多い

 

 

しかしその情報量の少なさに反して、昨今のパラグアイの発展は目覚ましい。

 

特に、物流に関しては鉄道の整備によりサプライチェーン網

どんどん確立されている

 

 

パラグアイ鉄道とアルゼンチンのFFCC Belgrano Cargas

Tirol港(アルゼンチンChacoを移住地とすると45kmに位置する)

で接続させる予定だと事情に詳しい佐藤健二氏は言う。

 

 

パラグアイ移住に関しては移住協定がある。

 

 

パラグアイに移住する場合、日本人の受け入れ先となるところも

その協定によって定められているので、チェックしておくと良い。

 

 

おすすめの移住地は、人によって目的や好ましいと感じる環境は異なる。

 

 

事前に気になる地域をチェックして実際に訪れてみたい。

 

 

パラグアイに移住する方法をブログで公開。仕事はどうする? 

 

パラグアイへの移住の手伝いをしてくれる日本人を探すことのできるサイトがある。

 

ガイドの中にはパラグアイに実際に移住している人もいるので、

観光ガイドと同時に色々と移住について質問してみるのも良いかもしれない。

 

 

パラグアイへの移住方法にはだいたい1000万円くらいかかると思って良い。

 

パラグアイでは仕事に関して税金が一切かからない

 

 

自分で事業を始めようか、人を雇おうか、などと深く考えなくても

仕事を行うことができる。

 

専門的な知識があり、日本で実績や経験がある人にとっては働きやすい国だ。

 

 

パラグアイは南米の中でもとりわけ治安が良い

 

しかし、パラグアイの情報が少ないので企業に詐欺を働こうとする者もいることが

注意点だ。

 

 

ここでパラグアイ移住者のオススメブログを紹介する。

パラグアイは危険なのか実際に住んでみての感想が記されている。

 

https://ameblo.jp/pogonagym/entry-12102500543.html

 

 

まとめ 

 

パラグアイに移住する際の受け入れ先や移住先について紹介した。

 

観光するのと実際に住んでみるのではその土地についての感じ方が異なる。

 

 

実際に移住したことのある人の声を聞きながら慎重に考えたい。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ