パラオに移住、仕事は?パラオ移住のデメリット、フィジーに移住するデメリット…仕事や条件(移住手続き)、後悔と失敗


 

パラオが親日国と知って

移住を考える日本人もいるが・・・

 

移住後の後悔は多いので、

短期滞在でしっかり確認する必要がある。

 

 

パラオ移住のより詳しい情報、

現地に住んでも尽きない安定収入を得る手段は

以下の無料ニュースレターで学んで頂ける。

 

ご相談もどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

自分は観光でパラオに訪れたことがあるが、

美しい海とフレンドリーな

パラオの人たちに癒された。

 

 

もし移住して働くとしたら、

観光業か日本食の店か居酒屋か。

 

当時そう思った記憶がある。

 

 

今回はパラオに移住したら仕事は。

 

40代看護師について、

デメリットや移住手続き。

 

またはフィジーではどうなのか

情報をお伝えする。

 

 

 

パラオに移住、仕事は?40代の看護師など

 

観光で有名な国なので、

コロナが落ち着かない今、

島の様子はどのようになっているのだろう。

 

心配である。

 

 

太平洋ミクロネシアの島で首都はコロール。

 

 

人々は明るく、のんびりしていて話好き。

 

笑顔で挨拶をかわす。

 

 

またパラオは太平洋戦争で

激戦地になった場所だ。

 

 

パラオの高齢の方で、

日本語を少し話せる人もいる。

 

 

パラオに移住して仕事をする場合は、

就労ビザを取得すること。

 

 

パラオは、留学のための学生ビザや、

ワーキングホリデーのビザ発行の制度がない。

 

 

90日以内なら、ビザは必要ないが、

長期間滞在する場合は、

仕事をしないと生活できない。

 

そのため就労ビザは必要になる。

 

 

日本人にとってどんな仕事があるかといえば、

ダイビングインストラクター、

ツアーガイド旅行会社、レストラン、ホテルなど。

 

日本人ならではの需要がある。

 

 

また、パラオでは

医療水準は決して高くないうえ、

医師や看護師が不足している。

 

すでに40代で、日本で看護師としての

経験があるならば、看護師専門の

転職エージェントを通して探すのがよい。

 

 

有給で働ける海外看護

インターンシップを利用するのもよい。

 

 

 

パラオ移住のデメリット!移住の条件と子連れのデメリットなど

 

パラオ移住を後悔しないためにも、

メリット、デメリットを

きちんと知っておこう。

 

 

パラオは気候も良く過ごしやすい。

 

 

日本人が多いので、

日本語と英語で生活には不便がない。

 

 

デメリットとしては、

観光地なので物価が高いこと。

 

 

また日本人向けの病院が2つあるが、

医療水準が高いとは言い難く、

大病するとグアムに転送される場合もある。

 

子連れで移住した場合、

子どもは病気やケガが多いので心配だ。

 

 

現地生活に関する情報を得るのに、

パラオの日本人会に入ってほしい。

 

移住手続きとの条件として

長期滞在して働くには、

就労ビザが必要である。

 

 

 

フィジーに移住するデメリットは?仕事はどうする?

 

それでは、同じ島国

フィジーへの移住はどうだろうか。

 

フィジーでの移住を失敗して、

後悔しないためにもメリット、

デメリットを知っておきたい。

 

 

フィジー生活でのメリットは、

物価が安く、気候もおだやかで

健康維持によい。

 

また、人々はのんびりしていて、明るく陽気。

 

 

美しい青い海に、とても癒される。

 

 

治安もいい。

 

 

デメリットとしては、

生活水準が低くて不便なところがある。

 

インフラが整っていない場所が多く、

夜は電力が不足するので暗い。

 

 

のんびりと短期留学ならおすすめだが、

長期で仕事となると不便な面も

多いかもしれない。

 

 

仕事をするなら3年ごとに

更新が必要な労働ビザ取得が必要。

 

 

仕事は留学や語学学校のスタッフ、

ホテル、レストラン、

ダイビングショップなどがある。

 

 

 

まとめ。パラオへ移住することについて

 

幸福度の高い南の島国パラオと

フィジーでの生活のメリット、

デメリットを紹介した。

 

 

観光が盛んな国なので、

仕事は限られる印象である。

 

南の国でのんびり、リラックスして

生活するのはとても魅力的だ。

 

 

ただ都会的な刺激はないかもしれない。

 

 

しかしネット時代の今、PC一つで

情報もつかむことができるので、

どこにいても暮らせる気がする。

 

 

生活しているうちに生じた問題は、

周りの人に相談して少しずつ

解決していけばいいと思う。

 

 

自分は、パラオやフィジーで暮らしてみたい。

 

 

パラオでビジネスを検討している西塚。

自分と同じく強いくせ毛と天パに悩む(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ