東南アジア在住者が語るバリの値段


 

 

「バリって値段、こんなに安いんだ・・・」

 

 

 

相当お金持ちの先輩ユメさんがバリ島にヴィラを持っている

ということで、全てが高級リゾートの値段だとイメージしていたが・・・

 

彼女が意外と庶民派だったことに気づいたのは

実際、現地に足を踏み入れてから。

 

 

 

 

 

バリの値段(物)

 

 

バリの物の値段は、基本的には安い。

 

 

空港以外なら、例えば

ペットボトルの水は20円程度。

 

現地人が食事をするローカルの食堂なら、俺の大好きな

ミゴレンやナシゴレンなど定番の食事を頼んでも1人500円

いかないレベルだ。

 

 

バリのホテルでは、お酒は場所により多少値段は

変わってくるが、中級で200円から500円ほど。

観光客向けのホテルなら600円を超えてくる。

 

ちなみに、バリではスーパーで

缶ビールを買えば150円しない値段。

 

 

 

バリで値段を気にせずいつまでも滞在。

場所を越えた経済的自由を手に入れる

方法とは?

 

 

 

 

バリの値段(サービス)

 

 

やはりバリは、このフィリピン同様人件費も安め。

 

 

バリ人のドライバーを雇うと、例えば

4時間で2,500円ほどの値段で済む。

 

バリの観光の際の値段に関しては・・・人気の

モンキーフォレストや寺院などに行けば無料では

ないものの、100円台で中に入れるのがいい。

 

 

一方で、マッサージは1時間約1,000円と

このフィリピンの400円前後よりもかなり高い印象。

 

ただバリ島が良いのは、値段の安いホテルが多く

宿泊費を抑えられること。

 

1泊3,000円くらいからのホテルはいくらでもある。

当然高いところを選べば、約2万円からの部屋もあり

その幅は広い。

 

 

三重にいる小向と雅代のカップルが、参考のために

先月のバリ旅行にかかった全ての値段を教えてくれた。

 

航空運賃で125,000円、ホテル3泊で37,000円、

観光や食事で58,000円・・・2人分でしめて

220,000円というところ。

 

これはバリ旅行にしてはだいぶ贅沢をしたほうで、

格安航空会社のチケットなら30,000円以上安くできるし

アクティビティなど現地での費用を節約すれば40,000円は抑えられる。

 

 

バリ島はやはり南国ビーチリゾートとして世界中の人から

人気があるため、観光客向けの場所を選べばそれなりに

食費や宿泊費が高くなる。

 

民泊のエアビーアンドビーも効率的に活用し、

うまく費用を抑えつつ楽しむことも覚えたい。

 

 

 

海外のビーチが大好物。バリ島よりもパラワンがいいと

語っていたのは、フィリピーナとのデートで値段を

気にせず散在する(笑)石河。

 

 

俺と同じマザコンでありながら父親に感謝できない

彼は今、セルビア観光を楽しんでいる。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは4件です

  1. せるりあん より:

    パリ島には行ったことがあります。
    意外に食事も口に合いますね。
    物価は安くていいのですが、観光地の物売りがしつこいのには閉口しました。
    しかも日本人には「千円!」欧米人には「1ドル!」と言っているのには苦笑。

  2. あいす より:

    バリはわたしも行きました。本当になんでも安いですよね!!現地の方と仲良くなって、リゾートホテルに宿泊したにもかかわらず、地元の方だけが行くような飲食店に行って、一人250円でナシゴレンなど食べました。おいしいし安いし最高です~!!

  3. けろちょん より:

    バリってそんな感じなんですねインドネシアっていうのは全てにおいて値段が安いのだと思っていました 全部がそうではないんですねそれはそうですよねやっぱり観光地だったりするとちょっとずつ値段を上げた方がやっぱり現地の人も儲かりますもんねだからお金を落とすという意味では自分も貢献できそうでいいです値段の安いとこばかり求めても貢献というのはできなかったですね意外と盲点でしたバリ島で実際にスキューバをやろうかなと思っていますサーフィンの方がいいってゆう人もいますが 綺麗な海に潜ってみたいんですこれからわくわく計画立てます

  4. ぶるっく より:

    やはり観光で外国に出かけたなら現地の人が通うようなレストランや屋台で
    食事をとったりすることも楽しみですが、現地のスーパーマーケットでジャンクなお菓子や飲み物などを買って楽しむのもいいですよね、

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ