ルビコン川を渡る、の意味は?地図で場所を把握…ルビコン川を渡るとは?カエサルは渡ったの?類語や英語、「賽は投げられた」について紹介


 

ルビコン川を渡る」と言う表現を時々聞くことがある。

日韓関係を討論する番組でも「ルビコン川を渡ってしまった」などと

耳にしたり。

 

自分はなんとなく“重大な決断をする”事の例えだと思っていた・・・

 

 

使い方を誤ると恥ずかしいので、

「ルビコン川を渡る」という表現について少し掘り下げてみよう。

 

 

 

ルビコン川とは?そして「ルビコン川を渡る」とは…「ルビコン川を渡る」の意味

 

「ルビコン川を渡る」の意味

故事ことわざ辞典によると“重大な決断をするたとえ”とのこと。

 

 

古代ローマの英雄、カエサルが軍隊を引き連れてこの川を渡ることによって、

ローマに宣戦布告したことがこのことわざの元となっている。

 

そうなると、「ルビコン川を渡る」の類語としては

清水の舞台から飛び降りる”あたりか。他には、“川を渡り船を焼く”とか。

 

 

また、「ルビコン川を渡る」と似た意味で使われる言葉で

賽は投げられた」と言う言葉がある。

 

これはローマの英雄カエサルの言葉。

すでに始まっている物事は考えている暇はない、

すぐに行動に移すしかないのだということ。

 

 

そうなると、私が見た日韓関係の番組での使い方としては、

賽は投げられた」の方が近いような…??

 

 

とりあえず掘り下げていこう。

 

ルビコン川にとはことわざでは“ルビコン川”とされているが、

現在この川の名前は無く、イタリア北部にある「ルビコーネ川」が

この“ルビコン川”ではないかと言われている。

 

川は名前が変わったり、河道の変化がたくさんあるため、

カエサルが渡ったルビコン川がこのルビコーネ川かどうかは、まだまだ論争中。

場所や名前はほぼ、そうなのに論争するのね。

 

 

余談だが、この「ルビコンを渡る」と言う言葉、

と言うかカエサルの言った言葉は人気がある

 

戦闘機のシューティングゲームで、ルビコン川を渡るという意味で

r-typeシリーズでは『RX-12 クロス・ザ・ルビコン』という機体もあるぐらいだ。

 

意味もそのまま、ルビコンを渡るを英語訳した“cross the Rubicon”。

 

 

 

ルビコン川の場所を地図で確認!

 

ルビコン川の場所は、先にも行ったとおり、イタリア北部にある。

・・・おそらく。

 

 

ルビコン川を実際に画像で見てみると…あ、あれ?思ってたのと大分違う。

大きな決断をして渡らなければならないほど、

深くも大きくもなさそうだし、流れも穏やかに見える…。

 

 

だから、論争されているのか?

 

こんな浅い川を英雄カエサルが恐れるわけがない!とか

こんな小さい川で国を分けるなんて!とか・・・

 

でも、実際にローマ帝国の境目はこのあたりだから間違いないだろう!

 

など。

 

 

実際、この川の川幅は5~6m程度しかなく、全長も50kmほど。

 

ルビコンという強そうな名前も、粘土質の土地を流れる為、

河の色が赤く濁っていて「大きなルビー」から付けられた、意外にも優しい由来。

 

(ルビコン川の地図(google map)

https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%83%AB%E3%83%93%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%8D%E5%B7%9D/@44.0844832,12.2142147,11z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x132cb801507486ff:0xafa1f1af6c8c8d31!8m2!3d44.0750139!4d12.3642596)

 

 

これくらいの川なら、私が先日見たニュースの中で

ルビコン川を渡ってしまった韓国との関係は、

ある程度すぐ乗り越えられそうなものだが・・・

 

 

 

海外をのんびり楽しんでいる間も

収入が入り続けるようになるには?

 

 

ルビコン川を渡ったのはカエサル?明大やブログも紹介

 

では、カエサルはルビコン川を渡ったのか?

歴史的な知名度まで手に入れたカエサルが、あの浅い川を

 

 

このことわざの意味を考えるに、ルビコン川の川幅や深さは関係なく

ルビコン川の戦い全体の事をことわざとしてあらわしたもの。

 

実際に、カエサルが言った言葉は「賽は投げられた」とされていて

「ルビコン川を渡るぞー!」とかではない。

 

 

カエサルが率いる軍は、ルビコン川を渡ればローマ帝国を奪取するか

敗退するしかないとゆう状態。こうした戻ることが許されない状況で決意をし、

まわりを巻き込む大きな力の中心となって結果的にローマ帝国の権力者となった。

 

そういった、大きな決断、背水の陣的なところでこのことわざは出来ている。

 

 

この話から、ルビコン川をテーマにした「ルビコンの流れ 勇姿を宿し」が

明治大学ラグビー部の部歌にもなっている。

 

また、(ルビコン川を越えて)というブログで、

著者の佐藤さんは自分の再起動をつづっている。

 

 

 

まとめ

 

ルビコン川を渡る」ということわざに勇気をもらった人はたくさんいそうだ。

 

しかし、ことわざと言うのは、

ポジティブな意味でもネガティブな意味でも使われる。

 

日韓の関係ではもちろんネガティブな意味であろう。

 

 

いい方に決意して、前に進んで欲しいものである。

 

 

 

やはりこの表現の意味を思いっきり間違えていたのは、

自分と同じくソフトサラダに目がない(笑)町村だった。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ