シンガポール近郊のリゾートでおすすめの5カ所


 

 

日本からそう遠くない東南アジアの旅行先として

人気のシンガポール。リゾートを目的にここを選ぶとしたら、

どんな場所が思い浮かぶだろうか?

 

 

 

 

 

シンガポール自体はリゾートに恵まれていない

 

 

現地に移住した大神がシンガポールのリゾートの少なさに

衝撃を受けたのは、遅ればせながら(笑)向こうに渡ってから。

 

シンガポールはリゾートとしてはセントーサ島が有名だが、

やはりシンガポール価格でお高いため、予算を抑えたい人は

ここは避けている。

 

 

そもそも、このシンガポールに

リゾート目的で来る人自体が少ない。

 

定番の遊び方としては、テーマパークや動物園やサファリだったり、

マリーナベイサンズのような優雅なホテルでプールを楽しんだり、

お酒を飲んだりシンガポール料理に舌鼓を打ったりなど。

 

夜間に女性でも独り歩きできるほど安全、

街も綺麗なアジアの優等生シンガポール。

 

リゾート抜きでも十分楽しめるといえる。

 

 

ちなみにF1グランプリが開催される時期、ここは

とんでもない混雑に。人混みが嫌いな俺はもちろん、

この期間の渡航は喜んで避ける(笑)。

 

 

 

安全で綺麗な南国シンガポール。ここに

移住するための「場所を問わない収入」

とは?

 

 

 

 

シンガポール近郊のリゾート

 

 

それでも、あえてシンガポールで綺麗な海やビーチを

満喫したいというあなたに近場のリゾートを紹介しておこう。

 

 

まずはマレーシアのティオマン島は、日本の沖縄以上に美しい。

難点としては、船で4時間以上かかること。

 

それ以外にはテンガ島ラワ島がおすすめできる。

 

 

一方で、自然が豊かで波が良くサーファーに人気のインドネシア。

ここでおすすめしたいのはビンタン島だ。

 

この島ならシンガポールから船で50分程度で

着くため、時間のないあなたでも立ち寄れる。

 

違う国なのに、シンガポールのお金がそのまま使えるのも便利。

 

この島自体がシンガポールの倍の大きさなので、きっちり周ったら

予定が大幅にとられてしまう。行くならポイントを絞って楽しみたい。

 

同じインドネシアならジョヨ島もいい。

 

 

ちなみにこの辺の島はシンガポールに来る観光客の間でも

それほど知られておらず、穴場的なスポットになっている。

 

日程に余裕ができて、少し静かな場所に足を伸ばしたい

場合には候補に入れてみるのも一つ。

 

 

 

先日アンヘレスへの行き方を聞いてきたのは、

中国女性ウクライナ女性と恋愛した後、

ロシア人と結婚したエキセントリックな和田さん。

 

偽装結婚にやたら詳しい彼は、

俺と同じしつこいくせ毛の持ち主だ(笑)。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ