スウェーデン移住で後悔!デメリットを移住した看護師のブログで…仕事やスウェーデンに移住する方法、条件(移住手続きなど)


 

スウェーデン移住で後悔する人は、

やはり移住後の高い生活費に辟易している。

 

 

スウェーデン移住のより詳しい情報、

現地に住んでも尽きない安定収入を得る手段は

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

メールアドレス >

 

 

スウェーデン移住を後悔しないためには、

いろいろな準備と情報を得ることが必要だ。

 

 

スウェーデンは北欧に位置し、

首都はストックホルム。

 

1年に1度、ノーベル賞の授賞式が

行われることで有名である。

 

 

四季が比較的はっきりしており、

冬は長くて非常に寒いので

冬が苦手な人は大変である。

 

 

どこでも英語が通じるので、

生活は便利で安心だと言われている。

 

 

また家具のIKEAは

日本でも人気があり、

店舗が増えている。

 

 

悪いイメージが無いので、スウェーデンに移住したら、

暮らしやすいと思うのだが、実際はどうなのだろうか。

 

 

今回はスウェーデンに移住して

後悔した話やデメリット、移住手続き。

 

また看護師として働く女性や、

実際に暮らしている人のブログなどを紹介する。

 

 

 

スウェーデン移住の後悔とデメリット!子連れの40代、失敗の理由は?

 

スウェーデン移住に失敗して

後悔しないためにも、

きちんとデメリットを把握しておこう。

 

 

最近では40代の離婚が多く、

働くシングルマザーも増えている。

 

40代子連れの移住を考えているのなら、

就職や生活面のデメリットも

知っておく必要がある。

 

 

失敗の1番の理由は、理想ばかりが大きく、

現実とのギャップにがっかりしてしまうこと。

 

 

失敗をふせぐには移住して何をしたいのか、

そのための準備とは何かを

しっかりと考えなくてはならない。

 

とくに子連れの場合は、

現地での生活や教育面を

考える必要がある。

 

 

 

スウェーデンに移住した看護師など…仕事は?

 

スウェーデンに移住して

看護師として働く人も大勢いる。

 

ただし、日本で看護師の資格だけでは

スウェーデンで看護師として就職はできない。

 

 

日本で大学や専門学校を経て、

看護師の免許をすでに持っている人でも、

スウェーデンでの看護師の資格が必要である。

 

 

更に掘り下げた情報を知りたいなら、

サイト「できるナースの美学」で

詳しい情報が記載されているので参考にするとよい。

 

 

スウェーデンで看護師になるための

1年間のプログラムがあるので、

そのコースで勉強もできる。

 

コースで学ぶには、

高校生並みのスウェーデン語と

スウェーデン滞在ビザが必要だ。

 

 

看護師の仕事の求人を乗せたサイト

「日経転職版」を参考にするとよい。

 

 

 

スウェーデン移住の様子を移住した人のブログで

 

スウェーデンに移住して生活してみた人の

ブログ「Swetab」では、スウェーデンの

がっかりポイントが紹介されている。

 

 

まず、生活の上で10月~3月までの

冬が長い、暗い、寒いこと。

 

日中も曇りがちで、太陽の光を

あびる機会が少ないため、

なんとなく体がだるい上、テンション低め。

 

 

日本と比べて、現実的に

サービスの面では劣っていること。

 

バスや電車などの交通機関は、

気候によってトラブル発生が多く、

遅れたり急に休止になって困る。

 

 

ネットショッピングや

郵便サービスもよくない。

 

 

極めつけが、税金の高さ。

 

消費税は25%である。

 

 

福祉制度の良さは、

税金や物価の高さのおかげである。

 

 

 

スウェーデンに移住する方法は?条件について

 

スウェーデンに長期で滞在するとき、

90日以内ならビザは必要ない。

 

移住ではなく短期滞在なら

ビザの手続をする必要はない。

 

 

ただし、労働、結婚、

留学で移住する場合は

ビザを取得しなければならない。

 

 

条件として労働許可には会社の紹介状、

留学なら学校の入学許可が必要である。

 

 

このあたりの移住手続きの方法は、

ブログ「Blue Door」に順番を追って、

とても分かりやすく書かれている。

 

移住するために詳しい情報を

知りたいなら参考にするといい。

 

 

 

まとめ。スウェーデン移住で後悔する理由は

 

福祉の整った優しい国スウェーデンでの

生活のデメリットを紹介した。

 

 

自分の育った国を離れて、

違う文化の国に移住するのは、

やはり大変だろう。

 

新しい生活に早く順応できる人でも、

きちんと理想と現実について

しらべることが大切だ。

 

 

デメリットを把握したうえで、

それでも移住するなら、1つ1つの問題を

少しずつ解決していけばいい。

 

そうすれば、自然に移住生活に慣れて、

新しい発見や出会いがあるかもしれない。

 

 

スウェーデンに移住したいと話す柏崎。

自分と同じくゴキブリがとにかくNG(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ