タイの性病の知られざる現実。プーケットの風俗でタイ人のカラオケ嬢からもらった?皮膚病の確率や対策について紹介


 

 

風俗大国タイ・・・HIV感染者は実に、日本の26倍。

性病がここで蔓延しているのを多くの日本人が知りながら、

一向に気をつけている気配が見えない(笑)。

 

個人的には、この動画のように

行為から3ヵ月後のHIV検査を強くおすすめする。

 

 

いわゆるLGBT(レズビアン/ゲイ/バイ/トランスジェンダー)

で有名なタイ。

 

性病はもちろん、HIVやエイズ蔓延の現状については、

渡航前にしっかり知識を入れておく必要がある。

 

 

 

タイの風俗…タイ人からの性病の意外な感染源

 

 

タイに限らず、性病について

意外と知られていないが・・・

 

淋病やクラミジアなどの性病は、オーラルで感染することがほとんど。

行為の際にゴムを使用していても、感染が防げないケースが多い。

 

特に淋菌は人の喉にいることが分かっている。

 

 

タイで夜遊びを楽しんだあなた。性病について

思い当たることがあるなら、帰国後すぐに泌尿器科に

検査に行くことをおすすめする。

 

タイで性病をもらったか不安になり、皮膚病を疑って「しみ」や「ほくろ」

を気にする人がいるが・・・感染の確率を調べる暇があったら検査して

対策をするほうがいい。そう、もちろんホアヒンのカラオケ嬢を恨むよりも(笑)。

 

 

監査法人時代、夏休みに行ったタイから帰国後

性病を恐れてこっそり虎ノ門病院に立ち寄っていたのは

同僚の理さんだが(笑)。

 

 

 

タイで性病にかからないための知識など

海外移住者の知恵、場所を問わない

安定収入の具体的な構築法をガツンと学ぶ場所

 

 

プーケットでも性病が?タイで遊ぶなら性病とエイズに注意

 

 

基本的にタイでは、プロのセックスワーカーのほとんどは

定期的に性病検査をしているが・・・

 

この国が独特なのは、プロではないタイ人の素人娼婦が

ものすごい数いること。こうした中には、性病に関して

無頓着な人もまだまだ少なくない。

 

 

ご存じの通り、タイはHIV感染者や

エイズ患者の多い国。

 

世界レベルでも感染者の数が常に40位以内に入っており、

東南アジアではタイ、カンボジアの順にその数が多い。

 

 

ちなみに、タイに夜遊び目的にやって来る欧米人の

コンドーム使用率は、何と3.5割程度。彼はなぜ性病や

HIVを恐れないのか、その理由が謎だったが・・・

 

彼らの多くは、素人娼婦をセックスワーカーと見ぬけない

ケースが多いということが分かった。

 

明らかな風俗店だったら商売の女性であることは分かるが、

バーやクラブなど一般のタイ人の多い場所で出会って友達になり、

性病対策をせずに行為に及ぶ・・・これが理由だ。

 

 

そして、セックスワーカーのHIV感染率は

例えばバンコクなら20%ともいわれている。

 

タイにこれから遊びに行くあなたは、この国の実際の

セックスワーカーは100万人にも及ぶという事実を知っておこう。

 

 

そしてタイに限らず、俺が移住した

このセブでもすごい勢いで性病やHIVが増えている。

 

やはり夜遊びは楽しい分、落とし穴も大きい。

先のことを考えてしっかり身を守ってほしい。

 

 

 

 

 

タイと言えば、夜遊び好きに限らず

移住希望者が多い国。

 

 

最近タイ移住の条件について聞いてきたのは、

流山に一人で暮らす仲間の稔さんだった。

 

 

 

それでもある、タイ移住の魅力

 

 

タイに限らず、移住と言うと

現地での食生活も重要な条件になるが・・・

タイ料理は日本人の味覚にも合う。

 

 

そして仏教の国でもあり、価値観が

日本人と大きく異ならないのもプラス。

 

友達になれば、基本的にフレンドリーで

親切な人が多いタイ人。この国のおもてなし文化も

移住する日本人にとってはありがたい条件。

 

インドからの影響を受けているせいか、自己主張があまり

よしとされない国であり、ここも日本人の気質に合う。

 

 

首都のバンコクを中心にインフラ、交通など都市環境が

発展していて、日本人でもそれほど違和感なく暮らせる。

 

 

タイ女性はフィリピーナと同じようにファッショナブルで

見た目に気を使っている人も多く、日本人男性にも人気。

 

 

プーケットやピピ島のような美しいビーチや

夏が好きなあなたなら、常夏のこの国はやはり魅力がある。

 

 

母国語であるタイ語にアルファベットが使われていなかったり

英語が通じにくいのは、タイ移住後の生活で困ることもあり

言葉の条件にこだわると厳しいところ。

 

それでもバンコク、特にスクンビットのような

日本人の多い場所ではあまり影響がないとも言えるが。

 

 

 

タイ移住の条件

 

 

タイの場合は最大90日滞在可能な観光ビザの他に、

長期滞在のための各種ビザが用意されている。

 

例えば、リタイアメントビザであるロングステイビザ。

この場合は50歳以上で年金受給額などの条件が。

 

それ以外にはタイ人と結婚した場合の配偶者ビザ、

学校に通うためのビザや現地で働く日本人の

家族のための家族ビザといったものだ。

 

ちなみにタイに移住してから仕事をする場合は、

ビジネスビザとワークパーミットが必要になる点に注意。

 

 

実際に移住生活を続けていくためには、

現地での安定した仕事が必須。

 

日本の減っていく年金だけで暮らせず、このフィリピンのように

タイでも困窮邦人がどんどん増えている。収入が減る一方で

現地の物価や人件費が上がっている以上、これは当然の帰結。

 

 

これを解決するために、オンラインで日本の大きい市場から

収入を得て現地で暮らす方法を提唱したい。

 

具体的にはニュースレターの中でお伝えしていく。

 

 

 

シンガポールの夜遊びの後は、タイやグアムでの夜遊び、そして

マニラのカラオケ(KTV)にドハマりした佐山。

 

性病に怯えながらもナイトライフがなかなかやめられない彼も、

俺と同じく太った猫が大好きな男(笑)。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ