シンガポールの夜遊びスポットでオススメは?クラークキーの観光は楽しい?ハイアットは?東南アジア在住者の本音


 

 

シンガポールは東南アジアの中でもかなり治安が良く

夜遊びも比較的安全に楽しめる。

 

様々な国からの観光客が多く、日本人も勿論例に漏れない。

 

 

有名なスポットはガイド本などにも載っているが、

東南アジアに住む人々の風俗からショッピングまで

観光客でも楽しめる夜遊びスポットを見てみよう。

 

 

シンガポール観光ならクラークキー?おすすめの夜遊びスポット

 

シンガポールの夜遊びは、高層ビルの屋上や懐かしい雰囲気の

古い町並みなど、ユニークな景色を存分に堪能できるのが何よりの魅力。

 

 

チャイナタウンが近いアンシャンヒルは夜ホコ天になり、

多くの人が路上のテーブルでお酒を楽しんでいる。

これは日本ではなかなか見られない風景。

 

アラブ街のハジレーンも面白い。

 

クラークキーがいいと言っていたのは、フィリピンの

夜遊びにも詳しい高橋さん。どこか横浜の倉庫街を彷彿とさせる。

 

 

盛り上がっているシンガポールのクラブなら

ゾークへ。恒例の野外パーティー、ゾークアウトに合わせて

わざわざこの国を訪れる外国人も少なくない。

 

 

さっきも語ったように、この国の夜遊びの魅力は

その治安の良さ。

 

現地に住んでいるナオが酔っ払ってバスを待っている間に

歩道に横になっていたが、襲われることもお金をスラれることもなかった。

 

このフィリピンなら違う結果になっていただろう(笑)。

 

 

シンガポールのKTVや置屋ってどんな感じ?

 

シンガポールへの一人旅、ちょっと夜遊びしてみたい。

 

 

様々な風俗店があるが、有名なのはKTV置屋と呼ばれているもの。

 

KTVは簡単に言えば女の子を選んで飲む場所。

日本でいうところのキャバクラ・クラブのようなもの。

 

 

置屋というのはシンガポール政府が公認している、

つまり合法的な売春のシステムだ。

 

ライセンス制となっており、置屋のオーナーは政府にライセンス料を

支払うことで運営権利を取得している。

 

政府からきちんと認可を受けている置屋は、必ず番号が付いている。

風俗街を歩いた時、軒先をちょっと気にしてみてみると面白い。

 

 

女性が置屋に居るパターンと、

置屋から客のいるホテルなどへ派遣されるパターンがある。

 

売春と聞くと、病気の事など正直ちょっと身構えてしまうと思うのだが

そこはさすが政府公認。

 

働く女性たちは月一回の性病検査を指示されており、

結果の提出も義務付けられているのだ。

 

中国やタイ人が多く在籍しているのだが、検査に引っかかると

強制帰国させられるので管理体制はきちんとしており、

これは日本のそういったお店より安心なのでは?と正直驚かされた。

 

 

また、置屋の周辺には立ちんぼと呼ばれる女の子もいる。

ゲイランに多くみられる立ちんぼは、先ほどの置屋と異なり非合法なのでご注意

 

 

国際的なイベントの時期などには取り締まりが強化されるのか、

姿を見なくなるようで、立ちんぼの女性を目的にするのなら、

時期やタイミングも考慮する必要がある。

 

 

 

シンガポールに移住して、楽しい南国生活。

リゾートホテルのプールサイドでのんびり

したり夜遊びを楽しんでいる間も安定収入を

得る方法とは?

 

 

シンガポール、その他の夜遊びスポットならチャイナタウンやリトルインディア?

 

シンガポールにはまだまだ夜に楽しめるスポットが沢山ある。

 

先に説明したようなタイプの夜遊びスポットだけでなく、

しっかり遊んだり買い物が出来る、夜に出歩くという目的の

風俗以外のスポットもお伝えしたい。

 

 

シンガポールの南にあるセントーサ島

夜遊びを楽しめる施設が多い。

 

カジノやユニバーサルスタジオ、水族館といった施設が島の北側に、

南側にビーチがある。

 

ソング・オブ・ザ・ショー」というナイトショーも行われている。

 

あのマーライオンが島の中央部に立つ、

シンガポールの大事な観光スポットだ。

 

 

シンガポールからセントーサ島へ行くには、モノレールやケーブルカー、

バス等が交通手段としてあるが、セントーサ・ゲートウェイという橋を、

景色を楽しみながら渡るのもいい。

 

自動車・タクシー・徒歩が可能だ。

 

 

シンガポールにあるインド人街、リトルインディアで夜遊び。

 

インド人街だけあり、ヒンドゥー教寺院やインド料理店、

雑貨やスパイスの店が並び、インドの雰囲気をありありと感じる。

 

夜は男性が多くなるので、

治安の上で女性にはあまりお勧めしない。

 

 

シンガポールでの夜遊び、チャイナタウンには

駅の近くにショッピングセンターがあり、

その中にマッサージ店が沢山入っている。

 

もちろん普通のマッサージ店もあるが、

中にはそういった目的のマッサージ店も・・・

 

 

シンガポールでの夜遊びスポット、ハイアットはご存じだろうか?

 

グランド・ハイアット・シンガポールホテルの地下にはバーがあり、

女性と夜の交渉が行われている。

 

 

分かりやすく言えば出会い系バー。

 

ステージもあるバーで、飲みながら気になる女性が来たら話をしつつ交渉していく。

大体夜の12時以降から、本格的に値段などの交渉が始まりだす。

 

ちなみに、交渉成立したら客の宿泊先へ移動なので、

グランド・ハイアット・シンガポールホテルや付近に宿泊していたほうが

移動が楽なため成立しやすいと思われる。

 

 

シンガポールのブギスも夜遊びには良いだろう。

 

こちらはアラブ街で、観光・買い物スポットが多くあり、夜になると観光客だけでなく

地元の人々も多く賑わいを見せる。交通量が多めなので車には注意

 

 

シンガポールの夜遊びにおすすめのホテル。オーチャードタワー近くは?

 

オーチャードタワーにはバーやクラブが多く入っている。

観光客向けの夜遊びスポットなので、日本人も多く集まっている。

 

そんなオーチャードタワーでしっかり楽しむ為に

おすすめのホテルを調べてみよう。

 

 

目的の場所からは近いほうがいいに決まっている。

 

オーチャードタワーからおよそ100~200メートルほどの距離に

沢山のホテルがあり、賑わっている。

 

オーチャードロード地区でも立地の良い中心部にあるヨーテル シンガポール

オーチャード ロード比較的新しいホテルで、近未来的な雰囲気と清潔感がある。

 

 

ロイヤル プラザ オン スコッツ ホテルは駅近、街中にあり、

高島屋などのショッピングモールも近くて便利だ。

 

観光だけでなくビジネスで訪れる人にも利用される。

 

 

オーチャード ホテル シンガポールの周りには、目的の、

オーチャードロード以外にもシンガポール植物園や国立蘭園などの

観光スポットがある。

 

利用する旅行会社などで価格は異なるが、

大体15,000円~20,000円前後が目安となっている。

 

 

全館禁煙となっているホテルも最近出てきているので、

公式サイトや旅行会社のサイトをよく確認しよう。

 

 

シンガポールの夜遊びの特徴

 

シンガポールは今や日本以上に治安が良いということもあり、

安心して夜遊びを楽しむ外国人がたくさん街に繰り出している。

 

人件費や物価の高いこの国でも、交通費はそれほどでもなく

深夜にタクシーやGrab、Uberで気軽に移動できるので、

平日からナイトライフは盛況。

 

 

ちなみにシンガポールの場合、他の東南アジアに比べて

規制が厳しいため、風俗という点では情報不足になりがち。

 

一夜の女性を求めるなら、同じ東南アジアでも

タイや俺がいるフィリピンのほうが賢い選択だろう(笑)。

 

 

健全なナイトライフとしては、クラブで現地人や外国人観光客と

一緒に踊りまくる、夜景の綺麗なラウンジやバーでゆっくり

お酒を飲む、水タバコを楽しむなど様々だ。

 

 

ところで、ナイトサファリで動物達に会うというのは

夜遊びに入るのか・・・いまだに答えが出ない(笑)。

 

 

俺にとって初めての英会話講師になってくれたリチャード。

 

彼がフィアンセのマナちゃんとここに移住してから、

彼らに会いに行くために訪れることが増えたシンガポール。

 

夜遊びも意外と面白いことに最近気づいた。

 

 

 

まとめ

 

東南アジアの優等生シンガポールだが、

夜遊びについては同じ東南アジアのタイやベトナム、

フィリピンなどより情報が薄い。

 

そこで今回の記事でまとめてみたが

いかがだっただろうか?

 

 

シンガポールには、風俗から観光・ショッピングまで

数多くの夜遊びスポットがある。

 

今回詳しく調べてみて、特に置屋や立ちんぼといった風俗事情の仕組みは

興味深く足を運んだ際には少し違った見方や楽しみ方が出来そうな気がしたし、

 

チャイナタウンやリトルインディアの夜の賑わい、

セントーサ島の煌びやかで活発な雰囲気もとてもわくわくした。

 

仕事で訪れた際や観光で訪れた際、

シンガポールの夜をたっぷり満喫したい

 

 

 

シンガポールで外人女性とデートを楽しみ、最終的に

フィリピン人を妻にしたのはついてない時にいつも

夜遊びをするジョニー。

 

コロン島マニラのおすすめスポットを

いつも教えてくれる彼も、俺と同じフェミニストだ(笑)。

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは7件です

  1. ころちん より:

    夜遊びをしにシンガポールに行くっていう人がいないと増えてるみたいですね投資家ビジネスだけじゃないんですねなかなか面白いと思いますでも健全な国だから規制も厳しいですよねやっぱりその辺はタイヤフィリピンのようないかれた国の方がいいと思いますやっぱりぶっ壊れてるいい加減な文それなりに楽しめるということですよね日本がきっちりすぎてるからそういうのはを求めてシンガポールに行ってもなーって思いますよねどっちがいいか価値観ですよね

  2. より:

    シンガポールはそんなに治安がいいんですね。そしていい人がたくさんいるんですね。シンガポールでは余計な心配をせづ夜遊びを楽しめそうです。

  3. maimai より:

    シンガポールの夜遊びはとても快適そうですね。海外で治安が良いところってなかなかないので、そういうところを知ると嬉しくなります。景色を楽しみつつお酒飲みたいですね。

  4. おきあみ より:

    シンガポールの夜遊びというとカジノかな?と思いきや、歩行者天国などワクワクするスポットがたくさんあるんですね。
    野外フェス、ぜひ参加したいです!

  5. やすひろ より:

    治安の良さに惹かれる部分はあるけど、やっぱり安くて楽しめる方が。と考える方には向いてないのかなー。でも大人に印象とか清潔感とか、いいな、と思う。

  6. Amy より:

    夜も安心して街で過ごせるのは嬉しいですね。
    ナイトサファリ、面白そう!昼間の動物園とはまた違った雰囲気を楽しめそうですね。

  7. テラ より:

    路上のテーブルでお酒ってどんな感じなんでしょうか。なんか楽しそうですね。日本では経験できないような夜景を見ながらお酒を飲んで素敵なひと時を過ごしてみたいです。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ