東南アジア在住者が語るシンガポールの言葉


 

 

あなたはシンガポールの言葉について、

どれほどご存じだろうか?

 

 

 

「国際的に通用しない英語を覚えてしまっている・・・」

 

がっかりした表情でため息をついたのは、

現地からセブに遊びに来たナオだった(笑)。

 

 

 

 

 

シンガポールの言葉

 

 

シンガポールで有名なのは、いわゆる

シンガポールイングリッシュ(シンガリッシュ)

という独特の言葉。

 

これは「ラ」などが最後につき、独特のアクセントや

訛りが混じった英語だ。

 

 

そしてシンガポール人のほとんどは、このシンガリッシュの他に

中国語かタミール語、マレー語のどれかもう一つの言葉を話す。

 

3か国語を口にするトリリンガルはザラにいるし、友達のシェンに

至っては日本語を含む9か国語まで・・・いったい脳の構造が

どうなっているのか知りたい(笑)。

 

 

面白いのは、この国では国語がマレー語なのに

建前として英語が公用語になっている点。

 

ちなみに中国語の中では、

マンダリンチャイニーズが公用語とされている。

 

 

また現地に出稼ぎに来ている外国人労働者、例えばフィリピン人は

タガログ語を操るし、インド人はヒンズー語をしゃべるなど

本当に様々な言葉が行き交っているユニークな国。

 

東京23区の規模にこれだけの文化が

融合しているというのは、とても興味深い。

 

 

日本人の視点からここが便利なのは、英語での表記が

ちゃんとあること。同じ東南アジアでもタイやベトナムは

基本がアルファベットではないので、とまどうことも少なくない。

 

やはりシンガポールでの表記に使われている中国語も

漢字なので、日本人には大体の意味が分かったりする。

 

 

 

シンガポールで言葉に自信がなくても

サバイバルできる理由。場所を問わない

収入とは?

 

 

 

 

現地で使えるシンガポールの言葉

 

 

例えば、タクシーで

ある場所に連れて行ってほしい時。

 

あなた:take me here,can ma?can?

ドライバー:can can!ok la.

 

このcanだけで会話するという不思議な英語(笑)、

そして語尾にラをつける。

 

 

そして発音が英語のそれとは違い、

どちらかと言うとカタカナ英語の日本人に馴染みやすい。

 

ナベさんのように

かなりブロークンな日本語英語でも

現地で生活できているのが、その証拠だろう(笑)。

 

安全で便利な国だが、英語の留学先としてシンガポールを

選ぶか決めるのには慎重になったほうがいいと

個人的に考えている(笑)。

 

 

 

シンガポールやフィリピンの地震に怯えるのは、

ポーランドに移住して現地の言葉を学ぶ赤羽くん。

 

中国の大連に移った後も相変わらずフィリピンの地震

マカティの治安の悪化に怯える彼。俺と同じ童顔の年齢不詳だ(笑)。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ