駐在妻の仕事はブログがいい?英語ができないなど悩みやうつ、バイトなど働くためのビザ、大学での勉強について


 

夫の海外赴任に帯同する妻、いわゆる駐在妻

華やかなイメージがあるが、実際は様々なリスクを抱えている。

 

今回は、駐在妻の実態を様々な角度から解説する。

駐在妻が現地で働くために必要な就労ビザについても触れる。

 

 

 

アメリカやイギリス、ドイツやベトナム…海外に行く駐在妻の準備と言えばビザ?面接は大丈夫?

 

海外に行く駐在妻の準備と言えばビザ

現地で働くつもりならば、

駐在する国によっては就労ビザを取得する必要もある。

 

いくつかの国を取り上げて、

現地で働くのに就労ビザが必要かどうかを解説する。

 

 

タイに夫が駐在する場合、

妻が現地で働くためには就労者向けのBビザが必要になる。

他にも、長期滞在者向けのOビザ(ノンイミグラントOビザ)が必要。

 

中国に夫が駐在する場合、

妻が現地で働くためには就労ビザ(Z)が必要・

S1の家族ビザでは働けないので注意してほしい。

 

 

マレーシアに夫が駐在する場合、

妻が現地で働くためには就労ビザが必要。

 

しかし、ボランティアなどで仕事をする場合、

滞在ビザで行える場合もある。

 

 

シンガポールに夫が駐在する場合、

妻が現地で働くためには就労ビザは必須ではない

現状では、帯同者ビザを持っていて会社に受かれば働くことができる。

 

 

アメリカに夫が駐在する場合は、基本的に妻も働けるのだが、

労働許可を申請してから、手元に労働許可証が届くまで時間がかかるので

早めに準備をしたいところ。

 

 

イギリスは配偶者ビザがあれば就業可能。

ベトナムは就労ビザがないと働けないので気を付けよう。

 

ドイツに関してだが、必要な要件を満たせば働けるのだが、

その要件に関して様々な情報が飛び交っている点に気を付けたい。

 

 

面接では英語能力を必要とするので、

しっかりと英語学習をしておきたい。

 

 

 

上海、タイ(バンコク)やベトナム、シンガポール、イギリスやドイツ、アメリカ…駐在妻の仕事は?働くならバイト?

 

海外に行く駐在妻の悩みは、

現地での仕事や帰国後の仕事復帰に関すること。

 

駐在妻の中には、仕事がないことを負に感じる人もいるはずだ。

夫が海外に駐在する際、妻も現地で何か仕事をしたいところ。

 

 

駐在妻におすすめの仕事は、

データ入力や文字起こしなどの在宅でできるもの

短期間でも働ける仕事やバイトなどもおすすめ。

 

フランスに行く駐在妻にはこういった在宅での仕事が特に向いている。

フランスでは、大学で勉強した専門分野と

仕事の内容がほとんど一致しており、

 

そう簡単には自分に合った仕事を見つけることができない。

 

 

駐在妻におすすめの仕事が在宅でできるライターだが、

日本国内に住所がない場合、

基本的に税金はかからないようになっている。

 

香港は海外に行く駐在妻にとって、

働く環境がしっかりと整備されている。

扶養家族ビザで働ける上、子育てをしながら働けるのがうれしい。

 

上海には日本の企業が多く、

日本語を話せる人が多いので働く環境としては良好。

 

 

バンコクでは帯同ビザ(Oビザ)での就労ができず、

就労可能なビザへ切り替える必要がある。

 

また、夫が働く会社によっては妻が働くことを禁止しているところもある。

法律的な縛りではないので、会社に交渉する必要がある。

 

 

ベトナムではワーキングビザを取得していれば自由に働ける。

このワーキングビザは就職する会社が大抵用意してくれるのがありがたい。

 

また、人材紹介会社に登録しておけば様々な仕事を紹介してもらえる上、

未経験の職種でも安心して働くことができる。

 

 

シンガポールでは家族帯同ビザ(DP)があれば働ける。

夫が働く会社によっては、DPを持っていても働けないケースがあったが、

2019年度から制度が変わり、DPを持っていれば就労可能になった。

 

 

イギリスに行く駐在妻は、仕事よりも習い事をする人が多いのが特徴。

アロマセラピーやフラワーアレンジメントなど、

帰国後の再就職に有利となる。

 

駐在妻が現地で仕事をする際、気になるのが保険料のこと。

ドイツなどでは国内で販売されている保険への加入が義務付けられている。

 

 

駐在妻の滞在は一時的で、

夫の滞在期間が終わるとすぐ帰国してしまうことから、

現地採用で正社員として働くことはなかなか難しい。

 

駐在妻が、帰国後に日本でできる仕事にバイヤーなどの

ネットビジネスがある。

アメリカの田舎などではブランド品が日本よりも安く買える。

 

駐在妻が帰国後に、元の仕事に復職しないで辞める場合でも、

自分でビジネスができる

 

 

 

駐在妻がどの肉にいても

オンラインで安定収入を得るには?

 

 

マレーシアやシラチャ、ハノイ、メキシコのセラヤ、台湾の駐在妻のブログ!maileyや魔女など

 

駐在妻のブログには自慢が書かれていることがある。

色々な理由があるが、駐在先での友達との交流で、

 

よいところを見せるためにブログから発信している場合がある。

ブログを書くことで息抜きをしている場合もある。

 

メルボルンの駐在妻のブログは、人気ブログランキングでも

上位を占めていることが多い。

 

ブログを見ていて思うことが、駐在妻には美人が多いこと。

写真が出ていなくても、ブログの雰囲気からゴージャスさを感じる。

 

 

駐在妻のブログで、シンガポールのマリーナベイサンズにある

twgランチでの食事の様子がよく取り上げられている。

 

地中海料理や美味しそうなスープ、デザートなど、

一度ブログを見てみよう。

 

 

マレーシアやシラチャ、ハノイにセラヤ、台湾など、

駐在妻のブログからは、街並みの雰囲気や生活の様子

伝わってくるので面白い。

 

特に、色々な国を紹介しているmaileyさんのブログや、

ベトナムの様子を書いている魔女さんの駐在妻ブログは面白い。

 

 

 

アメリカやシンガポールの駐在妻、英語ができない場合の上達法は?本や大学で勉強?

 

駐在妻のブログでよく取り上げられる話題が英語。

英語ができないから勉強を始めた」などといった

意欲的な記事が数多くある。

 

 

駐在妻の中には、現地の大学院を卒業した人もいれば、

駐在妻として上海の大学に入学して

中国語をマスターした人もいる。

 

英語は本だけでも学習できるが、

より効果的な上達法はオンライン英会話

駐在妻の多くが英語学習にオンライン英会話を取り入れている。

 

 

ニューヨークの駐在妻は英語が必須で、

同じくイギリスの駐在妻も英語力が必要になる。

逆に、東南アジアのシンガポールでは高度な英語力はいらない

 

駐在先の国で英語力がどれくらい要求されるのかをブログで確認しよう。

 

 

 

海外の駐在妻の悩み…うつで帰国、帰国後にうつになる例も

 

駐在妻に多いのがうつになること。

うつで帰国する人も多く、中には帰国後に発症するケースも。

 

駐在妻の多くは会社で働いていて、

夫の海外赴任で仕方なく会社を退職する場合が多い

 

会社での自分の立ち位置がなくなるということはとても辛いこと。

そういった辛さや悩み、

現地での孤独感などが、うつの原因となることもある。

 

 

駐在妻の悩みで多いのは、同じ日本人のご婦人たちとの付き合いだが、

特にシンガポールのように狭い国だと、付き合いが少々息苦しくなる。

そういった場合は無理せず付き合わないようにしよう。

 

 

 

まとめ

 

華やかなイメージがある駐在妻だが、様々なリスクや悩み

苦労があるということをお伝えしてきた。

 

駐在先によっては高度な英語力を必要とする場合もあり、

語学学習が大事になる。

 

 

今回の記事であなたが駐在するための手助けとなれば幸いだ。

 

 

 

駐在妻のかたわら自分の指導でブログをはじめ、

今や旦那よりも収入が増えた愛子。

 

自分と同じピータン好きだ(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ