子供への教育は正しかったはずなのに・・・


 

 

子供の教育を考えるとき、

 

「やってみせ、言って聞かせてさせてみせ、

ほめてやらねば動か

 

山本五十六の名言がいつも、頭をよぎる。

 

 

 

 

 

 

フィリピンでは、貧しい中でまともな教育が受けられなくても、

子供が子供らしく、伸び伸びと笑顔で楽しく毎日を生きている。

 

 

一方で日本のニュースを知るたびにいつも、悲しさと猜疑心で

いっぱいになる。子供や若い世代の自殺、いじめ・・・なぜこんな

イビツな事件が、豊かといわれる国で頻繁に起こるのか。

 

その背景に、小さい頃からの子供への教育が影響していることは

否定できない。

 

子供を持つ親にとっては、その教育は人生のテーマとも言えるくらい

重要な問題。子供の教育のために、仕事をセミリタイヤして外国に移住

する親もいるほど。

 

 

 

 

恥ずかしながら俺自身は結婚で苦い思いをし、子供の教育を語れるほど

経験していない。

 

そこで逆転の発想。

俺がもし子供に戻ったらこんな風に育てられたい、こんなことを教育

してほしいと思うことを、子供の目線になって書き出してみた。

 

 

 

4067914601_fe6a7487ee_b

 

 

背中で見せてほしい

 

 

夢を持って努力することの楽しさ

 

お父さんが毎日疲れた顔で帰って来たり、愚痴ばかりでは大人に

なりたいと思わなくなる(笑)。

 

 

大人になると自分で全て決められて楽しい、お金を稼ぐって楽しい。

人を喜ばせるってこんなに楽しいんだということを、ワクワクした

空気と共に伝えてほしい。

 

子供の方を向いて偉そうに上から目線で語るんじゃなくて、努力は

報われるんだということ、諦めないというカッコよさを、自らがいつも

背中で見せていてほしい。

 

子供は、親の言うことは聞かないが、親のやることは真似すると

いわれる。

 

夢を持てという大人が夢を持っていなくて、子供に情熱が伝わるはずが

ない。

 

ひたむきに何かに打ち込んでいる姿、小さなコツコツを続けることで

大きなことでも達成できるんだと、大人が率先してワクワク動いて

いることが、子供への最高の教育だと信じる。

 

 

言葉でちゃんと伝えること

 

ありがとう。ごめんなさい。

 

こんなに基本的で当たり前の言葉を、ちゃんと口にしないことで

人間関係が面倒になっている大人が本当に多い。

 

教育を語る前に、幼稚園で教わるようなことを、子供よりも大人が

ちゃんとやって見せてほしい。

 

 

 

ちなみに小学校の頃、特に両親の夫婦喧嘩が激しくて、毎回この世の

終わりのように感じていたことを思い出す(笑)。

 

瞬間湯沸かし器のように突然キレる父親よりも(笑)、声を荒げずに

冷静に話し合うところを見てみたかった。

 

 

そして両親が、お互いに「ありがとう」「ごめんなさい」を言っている

ところを見たことがない。

 

日本人は「言わなくても分かるでしょ?」をやりがちだが、やっぱり

言葉にすることは大切だ。

 

 

 

 

 

褒めて、認めて、信じてほしい

 

 

子供だからお世辞はいらないけど、何かで本当に感動したときは、

素直に認めて、心から褒めてほしい。

 

 

「あなたが心配だから・・」というのは、子供からしたら、信じて

もらえていないと感じる言葉。

 

「大丈夫、あんたはあたしの子だから」と、根拠もなくバカみたいに

信じていてほしい。それだけで安心できる。

 

 

 

すごい人の後ろに、ユニークなお母さんの教育がある。

 

例えば、先輩の薫さん。

 

飛ぶ鳥を落とす勢いだった作曲家絶頂のときに、それを全て捨てて

起業しようとする彼に周囲が猛反対する中、彼のお母さんだけは

 

「あなたが作曲家辞めて始めるなんて、よっぽどスゴい話なんだね」

 

と、1ミリも自分の息子を疑うことはなかったという。

 

実際、数年後に彼は業界で世界No.1の成功者になった。

 

 

ひたすら信じてくれる親のこと、先生のことを子供は裏切りたい

とは思わないし、自ら期待に応えたいと努力するはずだ。

 

 

 

 

 

本当に大切なことを教えてほしい

 

 

競争相手じゃなく仲間をつくる

 

友達や仲間のつくり方、人に好かれるコツを教えてほしい。

 

これからの時代は競争なんて古い。つくるのはライバルでも敵でも

なく、仲間だ。

 

自分が完璧になる必要もない。足りないところは得意な人が補う、

皆で助け合って共に成長していくのが、これからの人の在り方。

 

 

 

子供の頃、友達やその家族の名前、住んでる家、家族構成などに

興味があって、同学年のほとんどを把握していた。

 

あまり役に立つ好奇心ではなかったが(笑)、ゲームやモノよりも

人に興味があったことの表れで、今の活動に受け継がれているのかも

しれない。

 

 

上手な叱り方

 

必要なときには叱ってくれないと分からないが、叱るなら

人格ではなく、その間違った「行為」を叱ってほしい。叱るときの

TPOも考えて。

 

これは子供に限らず、部下の教育の場合も同じこと。

 

「何で~できないんだ?」は、答えが永遠に出ない質問。

「どうしたら~しないで済むと思う?」など、解決のための建設的な

質問は、子供にだってできる。

 

また大勢の前で見せしめのように叱る人がたまにいるが、羞恥心の塊に

なった本人の耳には何も届かず、どちらのプラスにもならない。

 

 

理由を言って聞かせること、その後のフォローをすること。

これも大切だが、オヤジはこれが上手だった。

 

子供の頃、オヤジから一度だけ叩かれたのは、ドライブ中に

後部座席で妹をからかっていた俺。その理由を丁寧に説いて

くれたので、叩かれたことを根に持つことはなかった。

 

 

リーダーシップで話題になる長所進展法(良いところに注目し伸ばして

いく方法)も、子供の教育の場面で有効だと言える。

 

 

優しさ、感謝、思いやり

 

人として最も大切なこれらのことは、しつこいほど伝えてほしい。

 

優しさ、感謝、思いやりは生まれつきではなく、学びや経験、挫折の

中から後天的に身につけていくもの。60歳になっても感謝のカケラも

ない人がいるのは、ご存じのとおり。

 

 

自立の心

 

子供だからと流さず、話をしっかり聞いてほしい。

 

子供が考える時間を与えてほしい。

 

必要な場面では、我慢することや忍耐も教えてほしい。

 

必要な経験をできずに大人になってから困るよりは、自らの意思で

決めることを尊重して、失敗もどんどん自分で経験させてほしい。

 

資産を残すよりも、どんな時代になっても自立して生きていける

ための知恵やマインドを教えてほしい。

 

 

よく聞く虐待は論外としても、逆に過保護でうまくいっている例も

個人的には見たことがない。

 

 

 

 

それ以外にも、

 

お金、性、死の意味を考える機会を与え、その大切さを教えてほしい。

 

ペットを与え、何かを育てることや弱い者への慈しみの心を教えて

ほしい。

 

読書の大切さを教えてほしい。

わずか千円足らずでその人の脳みそを覗けることのすごさを、学び

自分が成長することの面白さを。

 

言葉を大切にすることを。

食べるもので体がつくられ、口から出す言葉で人格がつくられるという

真実を。

 

 

 

 

 

環境をつくってほしい

 

 

好きなことが見つかったのに、お金がないからゴメンと悲しいことを

言わないでほしい(笑)。

 

子供の好きや興味は、彼らの才能に関係していることが多いので、

やりたいことができる環境を大人が用意しておいてほしい。

 

 

 

いろんな偉人の話を聞かせたり本を与えることで、人生のチャンスが

どんな風にやってくるのか、来たときにどうつかむのかという感覚を

教えてほしい。

 

 

モノ、人、情報・・・本物をたくさん見せてほしい。

 

骨董品屋が弟子を育てるときは、本物だけをひたすら見せ続けて、

あるとき一つだけ偽物を混ぜておき、見分けをつける能力を訓練

させるという。

 

本物を見続けた子供は、本物だけが持つ何かを見抜くことができる

ようになる。

 

 

グローバル化を考えれば、なるべく早い段階で、海外の空気に

触れさせてほしい。

 

できれば言語の習得が楽な12歳までに英語など他の言語を教えて

ほしいし、いろんな国の子供と触れ、鎖国の日本から価値観を拡げる

機会を与えてほしい。

 

 

 

 

 

教育とは、子供と共に成長すること

 

 

母ちゃんはいつも

「親は子供と一緒に成長し、親も教育される」と言っていた。

 

子供は親の所有物ではない、という考えでいてくれたことで、俺と妹を

認め愛情を持って育ててくれたことに、今は感謝している。

 

 

 

 

まともな子育て経験のない俺でも、どんな大人になったら

幸せかは分かる。

 

何か一つでも、子供の教育や子育てのヒントがあれば嬉しい。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは3件です

  1. […] PS.子供の教育の一環として、英語を学ばせたいという日本の親は多いが・・・ 学ぶ英語や英会話の上達法について、嘘を見抜く必要がある。 […]

  2. まま より:

    これからの子育てにぴったりな内容ですねw
    子供のことは絶対心配になるけど…根拠もなくバカみたいに信じてあげられる親になりたい!
    明らかに嘘やん~ってものでも、非行しても信じてあげたい´ω`

    自分で人として自立できつる子になってほしいなぁー…自分がちゃんとしてないのに夢だけは偉大ですw

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ