素質論で分かる、恋愛での付き合い方とタブーとは?


 

 

素質論は上手に使いこなせば

恋愛や仕事などあらゆる場面で絶大な効果を発揮するが・・・

日本には正確な情報が少ない。

 

 

そこでこの記事では、インストラクターの資格を持つ自分が

肝の部分をシンプルに紹介する。

 

 

 

素質論で分かる、恋愛での付き合い方

320287498_5d6bb0f974_o

 

 

素質論(個性心理学やバースデーサイエンスともいう)で

分かるのは、自分が本来生まれ持っている個性の本質。

 

3分類から60分類が一般的だが、ここでは動物占いとして

日本でも有名になった12分類の素質論で、素質ごとの

相手との付き合い方を論じてみる。

 

 

こじか

 

基本的には甘えたがりで、常に一緒にいて愛情を感じていたい

タイプ。また付き合いが長くなると、わがままが目立つようになる。

 

少しあなたがリードしてあげること、わがままを許してあげるような

寛大な気持ちで接することが長続きのポイントだ。

 

かなりの心配性で、あなたがどこで何をやっているのかが

気になるので、何か用事で逢えないなら必ず電話連絡を入れたい。

 

 

くろひょう

 

隠し事をせずに何でも話せる関係が望ましい。

 

またこちらも心配性なので、連絡が取れないような場所に

いる場合は、あなたからマメに連絡を入れる。

 

綺麗好きなので、自分の部屋に呼ぶ時は

いつも以上に掃除をしよう。

 

 

たぬき

 

素質的には話が上手であり、天性の社交術であなたに合わせようと

してくるが、それがこの人のスタイル。譲り合うよりも、自分の意見を

明快に論じ主張するといい。

 

一方で、相手が意見を言える空気をつくってあげることも大切。

昔の武勇伝などを聞いてあげると、嬉しそうに話してくれる。

 

 

ひつじ

 

かまってもらいたいという気持ちが強く、

常に受け身の姿勢なのであなたがリードしてあげたい。

 

あなたの気持ちがどうなのかが気になるので、その思いを手紙や

メールで伝えるとても喜ぶ。また奉仕の精神があるため、何か

してもらった後には感謝の気持ちを言葉や態度で伝えたい。

 

 

 

素質的にプライバシーをとても大事にする。

会話の中で「ちょっとね・・・」など言葉を濁した場合は

「ここから先には入ってこないで」というサインであり、それ以上

論ぜず、深く突っ込みを入れないことがポイント。

 

一人になる時間を必ずつくるので、四六時中ベタベタせず

プライベートタイムを十分つくってあげること。

 

 

 

将来の話など、かなり先のことにあまり興味がないので

その日その日を大切にした付き合い方をする。

 

ある程度予定が埋まっていないと不安になったり、突然の予定変更は

かなりのストレスになるので、ドタキャンは極力避ける。

 

いつも相手のことを気にかけ、今何をしたいか、何をして欲しいか

などを汲み取ってあげると喜ばれる。

 

 

 

何よりも「ものの言い方」をとても気にする人なので、

言葉遣いには特に気をつけて話す。

 

妹のリエは虎だが、彼女自身のものの言い方に疑問あり(笑)。

 

おだてには全くと言っていいほど乗らないので、機嫌をとる時は

持ち物を褒めるなど間接的なほうがいい。

 

どんなことでも相談を持ちかければ、真剣に相手をしてくれる。

 

 

子守熊

 

将来の夢を一緒に語り合い、それに向かって二人三脚

できるような付き合い方が理想。

 

一日の予定の中に一人になる時間が必ずあるので、

そこには深く入り込まないようにする。

 

素質的に、ストレスを最後の最後まで溜めて大爆発を起こす傾向が

あるので、ケンカをした場合は問題を論じて白黒はっきりつけ、

その都度モヤモヤを消化するのがいい。

 

 

チータ

 

素質が超プラス思考なので、マイナスな考えを論じたり

グチを吐くのはほどほどに。

 

また、すぐにあなたがどういう人間なのかをさらけ出すのではなく、

少しずつ見せていくようにすると、いつまでも新鮮な気持ちで付き合う

ことができる。

 

非常に行動的なので、そのスピードについていけるように

合わせていくことがポイント。

 

 

ライオン

 

礼儀礼節にとてもうるさいタイプなので、「親しき中にも礼儀あり」

の言葉を常に頭に置いておく。

 

大勢の中にいる時はしっかりとしたように見えるが、二人きりに

なった時の態度はそれとは全く違い甘えてくることが多い。TPOに

合わせて接し方を変えていくことがポイント。

 

 

ゾウ

 

付き合いが長くなるにつれ「察してほしい」という気持ちが

大きくなってくるので、普段の何気ないしぐさや決まった一連の行動は

覚えておく。

 

しかしあまりおせっかいが過ぎると嫌がるので、アウトとセーフの

境目を超えないように気をつける。怒らせると最も怖いタイプなので

そこは十分注意(笑)。

 

長い話が嫌いなので話は手短に。

 

 

ペガサス

 

束縛されることが嫌いなので、逢う日をこまめに決めたり二人の

間でルールをつくったりすることはあまりよくない。自然な流れに

沿って付き合っていくことが何よりも大事。

 

束縛しない相手として信用を得ることが一番。

しかし、あなたの意見をちゃんと主張することも必要だ。

 

 

 

素質論と自由になる方法を同時に学ぶ

 

 

素質論で分かる恋愛相手ごとのタブー

 

 

こじか

 

嘘をつくこと。

遠距離恋愛もこの個性とは厳しい。

 

 

くろひょう

 

人前で叱って恥をかかせること。

 

このフィリピンでは素質論に関係なく、

そんなことは誰にもできないが(笑)。

 

 

たぬき

 

過去の実績を傷つけること。

 

 

ひつじ

 

秘密をつくること。

異性の友達の話をすること。

 

 

 

ゴチャゴチャと干渉すること。

 

 

 

堅苦しい話は苦手。

またいきなり訪問するのも避けたい。

 

 

 

身内の悪口は傷つく。

また淡白でいい加減な会話。

 

 

子守熊

 

ペースを乱す行為。

相手の友達と仲良くなることもNG。

 

 

チータ

 

指示すること。

理詰めで話すこと。

 

 

ライオン

 

横柄な態度といい加減な対応。

 

確かに、よく分かる(笑)。

 

 

ゾウ

 

遅刻すること。

物事に対して手を抜くこと。

 

ゾウの井上さんとの待ち合わせで

遅刻魔だった当時の俺。

 

怒らせると最も怖い素質なのに・・・

命知らずだ(笑)。

 

 

ペガサス

 

自由を奪うこと。

 

誰も、彼らの羽を抑えることはできない(笑)。

 

 

ちなみに素質論でいうと、俺はライオン。

 

パートナーと二人っきりになると、ゴロゴロ甘えるネコに

変わる(笑)、人よりも自然が好きなのはドンピシャだが・・・

 

マザコンとフェミニストの個性はどこから来ているのか

いまだに気になる(笑)。

 

 

 

「素質論で、恋愛のことって分かる?」

 

女子には珍しく占いは嫌いだが、素質論が信憑性の

高い統計データだと知って以来、その魅力のとりこに

なっているアヤ姉。

 

今度はお目当ての男性に

素質論を活用したいようだ(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは15件です

  1. トコウ より:

    自分は、完璧にペガサスですね。絶対に、束縛されたくないです(笑)。素質論って初めて耳にしました。これから、ブームが来そうですね。覚えておきます。

  2. もちもちたまご より:

    私はクロヒョウかな。自分の部屋は汚いくせに、相手の部屋が汚いと許せない(笑)。けどどの分類を見ても、自分が当てはまるように思ってしまうのは気のせいでしょうか。

  3. ハニカン より:

    個性心理学、ISD、素質論、占い・・・一時期ハマりましたね笑
    おもしろいですね!相変わらず。

  4. マックス より:

    今回のブログを読ませていただいて最初の感想は、25年前に知っておきたかった!というものです。これを知っていればあのときフラれずに済んだかもしれない!と後悔しています。いえ、これから生かします!

  5. さおり より:

    私はひつじかなぁ。かまってもらいたいタイプですからね。因みに旦那はゾウでおっせかい過ぎるし怒らせると怖いし長い話しが嫌いな人です。私が長い話しになりそうになると話し止められます。笑

  6. ひかり より:

    動物いらないって結構当たりますよね。
    自分のを読んで納得しました。
    やってはいけないこともあたっています。
    相手を知るうえで参考になりますね。

  7. みぽち より:

    自分はどれなんだろ、、?と考えてみましたがどれにも当てはまる気がして定まらないです。しかし、相手はゾウかな?と思います。
    占いが好きなので、動物占いにも興味が湧きました。

  8. kazato より:

    素質論の出し方がわからなかったので自分はよくわかりませんが、統計データに基ずくものだと信憑性が格段と高くなるので納得できる動物になるんじゃないかな~と思いました。

  9. さくら より:

    私はもうこじか一択ですね。(一択とかではないと思いますが…)かなり心配症すぎて、相手がどうしているかわからないといつまでたっても眠れない程です。最近は悩みものになってきましたが…。

  10. ともとちゃん より:

    私は動物占いでは「ゾウ」だけど、当たっている所もあるけど、違う所もありますね。付き合いが長くっても別に気にしてはいないがお節介過ぎの所は相手に依るって感じです。

  11. ぴより より:

    恋愛傾向を、動物に例えて考えるのは楽しいですよね。私はたぬきですので現実的かつ地道なので浮いたような話と言える恋愛はあまり向いてないので興味がない方だと思います。

  12. cocot より:

    私はこれに該当するのはこじかですかね。
    凄く束縛心があるので自分でかなり変えています。
    そして心配性なんで何かあると気になって夜は眠れなくなります。
    安心出来ないとダメなんです。

  13. るい より:

    私は虎ですかね。淡白な話し方って、よく主人から言われてます。こういうのを参考にして相手をみてみると、納得して上手く人間関係が築けそうですね。

  14. えみえみ より:

    おもしろいですね。
    動物占いが素質論をもとにしているのは初めて知りました。
    60分類も知りたいですね。興味出て来ました。
    調べてみます。

  15. maimai より:

    動物占い、私はゾウでした。遅刻と物事に対する手抜き、どちらも嫌いです(笑)長い話も嫌いなので会議とかでダラダラと続く討論はいつも早く終わらないかなって思ってました。
    それにしてもここまで当たってるとは・・・。身近な人のこともちょっと調べてみたくなりました。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ