国内線は何時間前にチェックイン?ジェットスターのチェックイン、何時間前から何時間前まで?ピーチとJALは何時間前に空港に行く?


 

「国内線は何時間前までに空港にいればいいのか?」

実際使ったことがないと不安になる。

 

 

LCCが増え、飛行機も格安での移動が可能になったが・・・

電車と違って気をつけなければいけないのは時間ぎりぎりではダメだということ。

 

かといって早く行きすぎると

観光できる時間が減ったり空港で退屈したり‥難しい。

 

 

空港到着のベストな時間とは?

くわしく調べてみた。

 

 

 

国内線、何時間前に空港に行く?ピーチのチェックイン。ジェットスターも同様?

 

国内線の場合何時間前に行けばいいかというと、

通常期とお盆のような繁忙期とではかなり違う

繁忙期はカウンターも保安検査場にかなり列ができるからだ。

 

 

LCCのピーチ国内線は何時間前からチェックインできるのか?

 

チェックインカウンターが開くのは1.5時間前

締め切られるのは30分前とLCCの場合はかなり時間が限られている

 

保安検査場には25分前までにいかなければならないから、

30分前ぎりぎりにチェックインするのは危険

 

 

LCCはJALなどのレガシーキャリアとは違って

1分1秒でも遅れればサービスが受けられないことを知っておくべきだ。

余裕をもって1時間前、繁忙期なら2時間前がおすすめだ。

 

 

 

国内線、何時間前までに空港に到着?JALの場合

 

JALの国内線に乗る場合は、何時間前にいけばいいのか?

 

 

レガシーキャリアの場合は、

カウンターが開いている時間はLCCより長い

 

チェックイン締め切りは20分前まで、

保安検査は15~20分前までとなっている。

 

 

JALは24時間前から4時間前までにできるWEBチェックインがある。

早く着きすぎて時間つぶしをしたり

逆にぎりぎりになったためにあわててしまい

 

忘れ物をするなんてことを避けて有効に時間を使いたい人には、

WEBチェックインはありがたい。

おすすめの空港到着は通常は1時間前、繁忙期は1.5時間前だ。

 

 

注意点、知っておきたい点としては、JALやANAはLCCとは違い、

どうしてもチェックイン締め切りに間に合わない場合、

事前連絡をすることで対応してもらえることがあるということだ。

 

間に合わないからとあきらめず、利用してみる価値はある。

 

 

 

場所を問わない収入を安定させ、

国内・海外問わず飛行機が身近な

ライフスタイルを手に入れるには?

 

 

国内線何時間前、スカイマークやエアアジアなら?

 

LCCはチケットが安い分融通が利かないことが多いが、

スカイマークの国内線チェックインは何時間前までだろうか?

 

一部の空港を除き2時間前~20分前までにチェックインしなければならない。

保安検査は15分前まで。

 

 

エアアジアは、チェックインは2時間前~30分前まで、

20分前までに搭乗しなければならない。

 

WEBセルフチェックイン14日前~4時間前までにできるが、

手荷物を預けられるカウンターが開くのは同様2時間前~30分前のみ。

時間になるとすぐ閉められてしまう

 

LCCは、値段がお得な分制限が多いことが注意点だ。

 

 

 

スペインやラスベガスの国内線なら何時間前?

 

海外の場合、日本とは事情が違うことは想像できるが・・・

 

例えばスペインの国内線イベリア航空は45分前までに、

ラスベガスだとユナイテッド航空とデルタ航空30~45分前までに

チェックインとなっている。

 

 

日本より早く締め切られるだけではなく、

海外では予期せぬ事態や言葉が通じないなどの

トラブルが起きやすく注意が必要だ。

 

混み具合も日本とは違うことがあるから、

1.5時間前くらいの到着を勧める。

 

 

 

まとめ

 

ピーチなどのLCCに比べて、

JALなどのレガシーキャリアはチェックインできる時間の幅が多少あるが、

それでも1時間前には到着し、余裕をもってすごしたい。

 

 

海外の場合は日本より早くチェックインカウンターが締め切られる。

言葉の問題などでスムーズに行かないこともあるから

1.5時間前の到着をお勧めする。

 

 

俺と同じ太った猫好きの友人かわちゃんは、

ギリギリまでぬいぐるみを持って行くか迷い

見事に飛行機に乗り遅れた(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ