日本の危ない仕事とは?稼げる危ない仕事、危ないけど稼げるやばい仕事…危険な仕事、高収入のランキング。日本だと募集(求人)はどこから?世界では英語で何て言う?女性なら保険?


 

 

日本でも危ない仕事はたくさんある。

一般的には警察官や消防士、製鉄工、

パイロット、医師が挙げられる。

 

またこうした物理的な危険度の高い仕事のほか、

目に見えにくいミス自分の立場が崩れる危険性をもつ職業もある。

会計士がそういった職業に挙げられる。

 

判断をミスしてしまうと巨額の賠償金が請求されてしまうこともある。

 

また弁護士もそうだ。

情報と知識を持った上での心理戦のため、少しの気も緩めない。

 

 

逆に有名な仕事の他に、ネットなどのサイト上で

情報を交換していく仕事は膨大に存在する。

下着を売る仕事や、口座売買などもそうだ。

 

精神的衛生面に負担がある仕事で、

最も危険なのはやはり原発の瓦礫撤去作業だろう。

 

 

このように日本国内でも沢山の危ない仕事が存在する。

その中でも高収入な危険度の高い仕事、

また世界の危険な仕事を次の章から紹介していきたい。

 

 

危ないけど稼げる仕事!危険な仕事ランキングを高収入の順で…女性にとっては保険もランキングに?

 

 

まず危ない仕事とは何だろう。

しかも稼げる仕事とは。

まずは高収入なのに危険な仕事を高収入順に挙げていく。

 

1:鉱山監督者

鉱山の仕事は危険を伴うが、長きにわたって安定した労働市場と言える。

年収は2,000万円以上

 

2:カニ漁師

一攫千金、ひとつのミスが死につながる命がけの仕事。

 

海の荒れた条件と隔離された環境で働くため、給料面は非常に良い。

月に150万円以上の場合もある。

 

 

3:石油リグ労働者

石油の掘削装置労働者は、危険を伴いながら、

 

陸から数マイル離れた海上掘削装置の上もしくは人里離れたところで働く。

年収は1,000万円以上。

 

 

4: ごみ収集作業員、下水道調査官

危険の伴う公衆衛生に携わる仕事の利点は、労働組合に守られていること。

給料は都市によって異なるが、なかには年収890万円以上も。

 

 

5:犯罪現場の掃除人

内容はそのまま。

 

例え凄惨な現場であっても誰かがやらなければいけないこと。

年収は840万円ほど。

 

 

このような仕事の他、

多くの方が危ない仕事をしてまでは稼ぎたくない

考えるのではないだろうか。

 

家族のなかで、例えば祖父が漁師などの危ない仕事をしていたり、

彼氏仕事として危ない業種に手を付けそうになった場合

引き止めたりしてあげるのも一つの手だ。

 

また家族のうち稼ぎ手がそういった職業を持つ女性は、

いくつかの職業保険に加入しておくと尚良いだろう。

 

 

危ない仕事の募集も…危険な仕事の求人はどこから?危険な仕事求人は世界にも…英語でなんて言う?

 

 

危ない仕事紹介を挙げたが、

そういった職業があるのは日本だけではない。

 

むしろ海外の方が危ない職業はたくさんある。

そうした危険度の高い仕事の求人も数多く存在する。

 

 

世界の危険な仕事はどのようなものがあるのだろうか。

 

例えば、血清や製薬のための「蛇の毒抜き」、

水中で溶接工務を行う「水中溶接工」、

時に猛毒に分類されるヒ素を扱う「マイクロチップ製造業」、

 

倒れてきた木の下敷きになることがある「伐採業者」、

脳震盪や骨折などの怪我を伴う「乗牛士」などがある。

 

 

海外で危ないことを仕事にする場合は

やはり英語は必要なコミュニケーションツールとなる。

 

また職業名を英語ではどういうだろうか。

2つほど例として、森林伐採業者は、Tree Butcherという。

水中溶接工は、Underwater Welderという。

 

 

まとめ

 

 

一般的な危ない仕事以外の、

こういった特殊な仕事を挙げてみると、

その数の多さに驚いてしまう。

 

そしてその特殊な危険度の高い仕事は、

どこかで絶対にだれかに必要とされる仕事だ。

 

石油リグや蛇の毒抜きもそうだ。

石油を必要とした生活を送る国に向けた仕事であったり、

新たな医療薬品や血清を求める医師や患者に向けての仕事だったりする。

 

だからこそ給料が高額であることに納得がいく。

 

 

しかし、「危ない仕事」というだけあって長年の経験による技術や、

訓練されたスキルがないと到底やっていけないものばかりだ。

 

忍耐力がないと続けられない仕事は、

高収入という労働条件の他に

自分の仕事に対するやりがいも見出さなければならない。

 

それは普通の、危険性をそれほど伴わない、

ごく一般的な仕事に対しても同じだ。

 

これから転職を考えている方も、そうでない方も、

仕事に対するやりがいをいっそう持たなければならない。

 

世界の死と隣り合わせで働いている人より、

数倍も安全な場所で働いているのだから。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ