スピリチュアルに離婚を語ることの知られざるリスク。離婚の兆候と学びとは?


スピリチュアルな離婚の兆候。どんな意味がある?

 

結婚はこの人は運命の人と思ってするもの。

 

苦労を共にして、どんなことも乗り越える覚悟でするもの。

 

長く一緒にいると、パートナーの行動に違和感を覚えたり、

話がかみ合わず会話がなくなってくる。

 

だんだんフィーリングが合わなくなり、話しても無駄と家庭内別居、

仮面夫婦という形となる。

 

コミュニケーションがとれないのは離婚の兆候。

 

スピリチュアルな観点から結婚相手とは、お互いにフィーリングが合い、共に学び、

共に高め合える最適な相手のこと。

 

時間とともにずれが生じ、お互いに高め合い、学び合える最適な相手ではなくなったと

感じたときに離婚の兆候が表れる。

 

高め合い、学び合う相手ではないと感じることが離婚の意味なので、

スピリチュアル離婚は繰り返すというリスクを伴う

 

 

スピリチュアルな離婚からの学びとは?

 

長く一緒にいることで、相手に違和感を覚えたり、

今まで気付かなかった深い心に気付いてしまう。

 

相手を嫌いになるのは、自分の心に反する相手のことを受け入れるのは

自己否定になるからで、相手を否定することではない

 

 

今の自分にとって、自己を高めるために最適な相手ではない、

ソウルメイトではなかった、とスピリチュアル離婚原因が判った。

 

 

スピリチュアルな離婚は今までの自分からの卒業、

サナギから蝶になるように今までの自分からの脱皮であるので、罪悪感を持たない。

 

スピリチュアル離婚は今の相手からでは自分を高めることができない、

心に正直になれないという学びの終了である。

 

 

スピリチュアル離婚は、真実の愛を求めるため、相手を否定することではない

 

 

スピリチュアルの観点から、離婚と子供について考える

自分の幸せ、相手の幸せを真剣に考えるスピリチュアル離婚調停から

復縁する可能性もある。

 

スピリチュアル離婚した時に、様々な現実的な問題の一つに苗字がある。

 

子供がいる場合は、戸籍上は旧姓になっても、通例として学校等今までの苗字を

名乗ることができる。

 

子供には母親と父親の役割をしなければならないと考えがちだが、とうてい無理。

 

母親は家庭を守り、父親は経済的な安定、精神的支柱の役割を担っている。

 

経済的な安定ははからなければならないけれど、

母親も父親もどちらの役割も中途半端になってしまう。

 

 

子供の幸せはいつでも安心して休める場所が整えられていること。

 

 

母親としてそのことに心を配っていれば、子供の心は安定するもの。

 

男の子なら成長して父親の役割の大きな部分である精神的支えとなってくれるで

あろう。

 

 

そのためにも、相手の幸せ、自分の幸せを大切にしていかなければならない。

 

 

スピリチュアル的に正しい行動。離婚したい時はすればいい?

 

離婚や辛い事を、相手のせい、周りのせい、自分は悪くないなんて思うのは

今までの自分と同じ。

 

自分を見つめ直して、高めるという成長がないので、今までの相手と同じ。

 

また同じような相手としか出会えない。

 

自分も相手も恨み、つらみを残したままの離婚はまた自分に返ってくる。

 

因果応報というが、言い換えるとカルマということで、

新しいカルマを作ってしまうためである。

 

 

相手の幸せを願いつつ、今までの自分を卒業し、

新たなスタートを切るための離婚であれば、離婚は失敗ではない

 

 

新しい自分で周囲にコミュニケーションをとっていけば、人間関係が豊かになる

 

 

会話ができる本当のソウルメイトを探しに繋がり、再婚ということになる可能性が

大になる。

 

 

まとめ

 

スピリチュアル的なということは、自分の心、自分の本根。

 

そこをしっかり見つめ直し、言葉にすることが重要。

 

 

スピリチュアル的離婚は、本音でぶつかり合い、お互いに納得できる離婚のこと。

 

自分の気持ちを正直に話すことは、夫婦、親子、友人等、全て人間関係に言えること。

 

スピリチュアルな関係でもう一度、パートナーと向き合ってみましょう。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ