英語のスピーキングとリスニングを同時にマスターする簡単な方法


26474452693_c7e0873e8a_b

 

 

英語のスピーキングとリスニングの習得法は、

実は全く同じだった。

 

 

 

 

 

英語のスピーキングに関する悩み

 

 

俺のフィリピン永住前の3月、埼玉のふじみ野からはるばる

マニラのケソンシティまでビジネスを始めるための手続きに

やってきたヒロちゃん。

 

「フィリピン人が話す英語はそこそこ聞き取れるんだけど、

やっぱり返す言葉が出ないんだよね~・・・」

 

これは彼女が以前の俺と同じように、努力でも才能でもなく

単に正しい英語のスピーキング学習法を知らないだけだった。

 

 

英会話で言葉を発するためには、当たり前だがその英語のフレーズを

知らなければ不可能。そしてあなたが聞き取れるのは、あなたが

知っているフレーズだけ。

 

つまり、英会話のスピーキングとリスニングを同時にマスター

するには、知っているフレーズをとにかく増やすのが最も早い。

 

ここで注意したいのは、教科書的に単語を覚えていくことでも

文法を学ぶことでもなく、ネイティブが頻繁に使う定番フレーズ

(イディオムなどの決まり文句が中心)をそのまま覚えてしまうこと。

 

定番フレーズを知るには、後で話すような海外の映画やドラマ

でもいいし、定番フレーズ集でも教材でも、オンライン英会話の

中でもいい。

 

ある程度基本的なフレーズを仕込んだら、次はあなたが日本語で

よく話していてこれから英語でも使いたいフレーズを自分で

準備したり、またよく話す分野のフレーズを覚えていくと、

英会話の幅を効率的に拡げていくことができる。

 

 

 

英語英会話の最速マスター法を

学ぶには(リスニングとスピーキング)

 

 

 

 

英語のスピーキングのための聞き取りトレーニング

 

 

英語での会話をマスターするためにリスニングとスピーキングは

同じ方法で学習すればいいとして、俺が仲間にニュースレターで

アンケートをする限り、やはりリスニングに多くの人が苦手意識を

持っている。

 

理由は、英語のリスニングは自分が覚えてアウトプットすればいい

スピーキングと異なり、話すスピードや癖など相手の状況によって

影響を受けるから。

 

 

そこで俺がリスニングで仲間にお勧めしているのは、

海外ドラマを使って聞き取り力をトレーニングする方法。

 

俺の大好きな「Breaking Bad」のように(笑)、

できるだけ日常会話の多いものがいい。

 

DVDで5分程度の単位に区切りながら、日本語字幕→英語字幕

→字幕なしの順で、大部分聞き取れるまで何度も繰り返し再生する。

 

使えそうなフレーズがあればメモしておき、覚えるフレーズに

ストックして、後で音読して暗記する。

 

 

このときのスタンスは、

 

最初から全てを聞き取ろうとしない

聞き取れた単語やフレーズから、自分なりに内容を推測する。

 

最初から全部聞き取ろうと意気込まず、リラックスして、日本人

なんだから分からなくて当たり前、聞き取れればラッキーぐらいの

気持ちで音声を聴き、聞き取れた部分から先の展開を予測する

トレーニングを繰り返す。

 

この推測能力はバイリンガルになるために実は大切で、

より推測をしやすくするために、聞き取れるフレーズを増やす

日々の地道な努力が大切になってくる。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ