英会話は暗記だけでできると思ったのに・・・


6334655256_695b39b201_b

 

 

「英会話は、語彙をひらすら暗記すればできるようになる」

 

 

 

 

移住を前提に英会話を学んでいる人が日本にたくさんいるが、

こうした誤解がいまだに横行していることが、今回の記事を書こうと

思い立った理由。

 

 

 

 

 

英会話の暗記の前に大切なこと

 

 

そもそも、なぜあなたは英会話を習得したいのか?

 

この根本的な質問に明快な答えを持っていないと、英会話のために

いくら暗記を続けようとも、大きな遠回りをすることになる。

 

what's in it for me?

 

つまり「自分にどんなメリットがあるか?」を明確にすることで、

人の脳にある暗記のスイッチが押されて起動し、英会話の習得は早まる。

 

フィリピーナと仲良くなれるというメリットを考えたら、タガログ語の

壁は日本人男性にはとても低くなるだろう(笑)。

 

 

これは英会話の暗記に限らず、自由になるためのビジネスの

モチベーションにも言えること。

 

例えば、ニュースレターでお伝えしている個人メディア構築の手法。

 

ただ「1年間、週に5記事を書き続けて下さい」と言われても、

めんどくさいとか自信がないとか、いろんな言い訳が出てくる。

 

それに対して「1年間、週に5記事を書き続けたら、今の仕事以上の

収入と、どこにでも住める自由がずっと得られます」と言われたら、

目の色を変えて取り組む人が現れる(笑)。

 

 

実際、フィリピンに住みたくて英会話を学び始めた、調布のシゲ。

彼は当初、ひたすら文法や単語の暗記に走っていた。

 

「ビジョンボード作るといいよ!」

 

アドバイスをすぐに実行したシゲは、グウィネス・パルトロウやジェシカ・

アルバなど金髪美女と笑顔の自分が並んでいる合成写真、そして南国の

豪邸をコルクボードに貼り、満面の笑顔で見つめていた(笑)。

 

 

 

あなたのワクワクするビジョンや、マスターしたい理由を明確に

すればするほど、英会話のための不毛な暗記から解放されることになる。

 

 

 

 

 

暗記の仕組みと英会話

 

 

暗記は、繰り返し・関連づけや物語、で強固になるといわれる。

 

 

繰り返し

 

「エビングハウスの忘却曲線」は、あなたもご存じだろう。

頭の良し悪しに関わらず、人は覚えたことの80%を24時間以内に

忘れてしまうという理論。

 

PCやスマホのアプリでこの忘却曲線を考慮した暗記ツールが無料で

使えるので、利用するといい。

 

 

先日読んだ加速学習について書かれた洋書には、こうある。

 

読んで覚えられるのは、20%
聞いて覚えられるのは、30%
見て覚えられるのは、40%
話して覚えられるのは、50%
実行して覚えられるのは、60%
見て、聞いて、話して、実行して覚えられるのは、90%

 

「ドラゴン桜」で、英語の授業で歌いながらエアロビをしていた

理由が分かる(笑)。

 

つまり英会話では、暗記をしたら24時間以内にそれを誰かに

話すことで、内容の90%を覚えておくことができるということだ。

 

 

関連づけ・物語

 

本で紹介されているフレーズを丸暗記するのではなく・・・

 

必ず自分のシチュエーション(英会話で実際に使いたいこと)に

合わせて「自分専用のセリフ」にアレンジし、自分自身の体験や

表現と紐づけて覚えるようにする。

 

例えばget lost(迷子になる)という定番フレーズがあるが、

それだけを単体で覚えてもすぐに忘れてしまう。

ここで例えば自分が海外で道に迷った経験があれば、その

シチュエーションに絡めて自分のセリフを作るといい。

 

「困ったなぁ・・・i got lost だ」

 

覚える際、こうして状況を思い浮かべる。

 

 

人は余計なことを覚えると、かえって暗記しやすい。

これはまさに英会話学習でも言えること。

 

逆に言うと、英会話の暗記に単語帳は最悪。関連付けも物語もなく

無機質な暗記の作業は苦痛なばかりでなく、覚えてもすぐに忘れて

しまうことになる。

 

ここでお勧めしたいのは、ハリウッド映画などを観たときにフレーズを

メモしておくこと。そのときの情景も一緒に記憶することで、効率的な

フレーズのストックができる。

 

 

 

最新の脳科学をベースに英会話のための暗記方法をまとめると

 

1:海外の映画やドラマから、気になったり使えそうな

フレーズをメモし、ツールに入れる。

 

2:それを使う場面をイメージしながら音読する。

 

3:24時間以内に誰かに話す(実際の英会話ならベスト)

 

 

 

 

 

これから翻訳の自動化が進もうとも、国籍や肌の色を超えた友達と

温かいコミュニケーションを交わすためには、共通言語である英語は

依然重要であり続けるだろう。

 

俺のように日本人より外国人の友達が多い人は、学んだことを

実際の英会話で試すチャンスが多いはず。

 

これは是非活かしていきたい。

 

 

 

 

 

PS.
英会話で機械的な暗記に走らないためには、英語の動画を使って

シャドーイングを続けることをお勧めしたい。 

 

仕込んだフレーズが実際のネイティブの会話の中で登場すると、

そのフレーズをより活き活きしたリアルなイメージと共に記憶

できるようになる。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは3件です

  1. […] その後もずっと脳内に残ることが分かっている(これは英会話の暗記の […]

  2. レベンガ より:

    うーん。

    熟語だけ覚えても忘れてしまいますよね!

    記憶のメカニズムがわかりました!

  3. アダモ より:

    ブログ読んで
    英会話っていうのか
    英語初めて見ました。
    日常使っている言葉を
    翻訳アプリつかって
    2文覚えただけですが・・・・。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ