英語の特訓でもやり方を間違えると・・・


Dakota Meyer, 23, fires an M4 carbine, demonstrating how to use it for competitors in the Maximum Warrior Challenge in Crawfordsville, Ark., Aug 7. Meyer will be receiving the Medal of Honor, the nation's highest award for valor, from President Barack Obama in Washington, Sept. 15, making him the first living Marine recipient since the Vietnam War. Meyer was assigned to Embedded Training Team 2-8 advising the Afghan National Army in the eastern provinces bordering Pakistan. He will be awarded for heroic actions in Ganjgal, Afghanistan, Sept. 8, 2009.

 

 

来年こそは、英語の特訓に時間を注ぎ込む・・・!

 

 

 

 

芝崎が熱く語っていたのは、大山のアーケードのタリーズ。

 

「こそ」というところに、今年もできなかったという悔恨の念を

感じるが・・・(笑)

 

 

 

英語の特訓に限らず、年末になると来たる新しい年への希望と、

自分自身へのコミットを打ち出す人、多数。

 

 

 

 

 

 

特訓の前に、英語の何をマスターしたいのか?

 

 

当たり前と思いきや、英語の特訓と息巻く人に、その自覚が

ない人が多い。

 

 

英会話力のトレーニングをして、ペラペラ話せるようになりたいのか?

 

TOEICでただ点数を取って、良い条件で仕事を得たいのか?

 

 

後者は個人的にお勧めはできないが(TOEICは受験英語と同じ。

詰め込みで点を取っても、仕事に就いてボロが出る)、いずれにしても

口語と読み書きでは、英語の特訓の仕方も全く違ってくるのは当然。

 

例えば、口語ではネイティブの表現が最優先で、彼らが実際に使って

いるのであれば、文法的にどうあれ正解となる。要は文語に比べて

適当なので、ネイティブの表現をさっさと真似て使うことがベストな方法。

 

ここに気づかずに、日本人は文法や単語など形から入って

迷走するのだが・・・

 

逆に学術的な英文を書く必要があるなら、より厳格さが求められる。

 

 

あなたが、英語の特訓を通してどうなりたいのか?

これを先にはっきりさせておきたい。

 

 

俺の場合は、いきなりインドに事業を拡げることになったのが

直接のきっかけで、必要なのは当然、外国人とのコミュニケーション

だった。

 

ネイティブではないから完璧な英会話力は必要ではなかったが、

英語の特訓という点では、スピーキングとリスニングに的が絞られた。

 

度々来日しては池袋に滞在するenid。

彼女はかなり英語の流暢なインド人だったので、話し相手として

とてもお世話になった(笑)。

 

 

 

 

 

「英語の高負荷をかける」短期集中特訓

 

 

長い休みの少ないお勤め人にとって、年末年始やGW、お盆休みは、

貴重な英語の特訓のチャンス。

 

なぜなら、短期集中の特訓で英語脳にバシッと切り替えることが

できるから。初心者の場合は特に、効果は絶大だ。

 

 

特にお勧めしたいのは、英語のリスニング能力を一気に上げる

ための特訓。

 

俺自身、ハリウッド映画を字幕なしで観るのが夢だったから、

これは本当に役に立った。

 

 

DVDを借りてきてもいいし、今ならオンライン(youtube、amazon

ビデオ、netflix、huluなど)で洋画やドラマを観ることができる。

 

できるだけ会話が多く、自分が興味を持てる作品を1つだけ選び、

気に入ったり使えそうなフレーズをメモし、意味と共に音読しながら

覚える。

 

 

休みの間引きこもろうというあなたには(笑)、以下の特訓を英語の

リスニングトレーニングとして勧めたい(DVDなど、字幕を調整する

機能が必要)。

 

1つの作品で、

 

1. 最初に日本語字幕で観て、内容を把握する。

2. 英語字幕で覚えたいフレーズを中心に、音読しながら視聴。

3. 自信がついたら、字幕なしの視聴に挑戦する。

 

これを半日~数日、時間が許す限り継続する。

 

 

ネイティブの英語はとにかく早くてリエゾン(言葉がつながって

違う発音になること)が多いし、スラングが多いから聞き取りづらくて

当然。

 

すぐにめげず、楽しみながらやること。大体分かればOKという

気持ちで、「大体こう言ってるんだろうな」という推測力を働かせ

ながら観るのがコツ。

 

 

1日中同じ作品を繰り返し観るなんて荒行は、ほとんどの人が

やったことはないはず(笑)。それだけに効果は大きく、特に

ビギナーが、これで一気にリスニング力を上げた例をたくさん見てきた。

 

場合によっては、英語をたった1週間聴き続けた結果が、毎日

数10分のリスニングを半年続けた場合よりも上回るほど。

それだけこの特訓はすごい。

 

終日座りっぱなしになるから、もしやるならエコノミー症候群には

気をつけたい(笑)。

 

 

 

 

 

英会話力への投資は、今後より重要に

 

 

国際社会において、ちょっとした特権階級的なパスポートを

持つ日本人。

 

海外のような非日常が好き
睡眠は大事にしたい
満員電車や待つことが嫌い

俺と同じそんな価値観を持つあなたは、英会話をマスターして是非、

海外へ。

 

これからは、好むと好まざるとに関わらず、グローバル化は

嫌でも進行していく。

 

これは、国内に留まっていても同じこと。

ならば、自分から一歩を踏み出したい。

 

 

 

世の中には、様々なお金の使い道がある。

 

日本に多い、ただ貯蓄するだけの人。

意図があってならいいが、ほとんどはただ不安だからとか、

思考停止でしかない。

 

お金より人を信頼する人は、友達や仲間、ビジネスパートナーに

投資する。

 

そして賢い人は、自分自身、特に知識を得ることに投資をする。

なぜなら、そのリターンの大きさを知っているから。

 

 

英会話力、コミュニケーション力、そして経済力を

つけるための投資。

 

これからも個人メディアを通し、本当に価値のある情報だけを

提供していく。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメント1件

  1. パンダ より:

    ブログを読んで
    英語始めてみました。
    英会話の相手がいないので、
    シリーに英語で話しかけています。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ