お金のセルフイメージが上がらない本当の理由…どんどんお金が入ってくる体質は?


 

 

お金に関する教育がされておらず、間違った捉え方をしている人が多い日本人。

それに対するセルフイメージも低いケースが多い。

 

 

この記事では、お金との健全な向き合い方について紹介する。

 

 

 

お金の本質と、それに対するセルフイメージ形成に影響を与えるもの

 

 

あなたの、お金に対するセルフイメージ(自分らしさ)を

振り返ったことはあるだろうか?

 

 

例えば、いつも財布に5,000円程度しか入っておらず、1万円札を

何枚も入れているとどこかソワソワするという人もいれば・・・

10万円を切っていると不安で仕方ないという人だっている。

 

もっと言えば、本当のお金持ちはお金を自分で払う機会がなく

(付き人やドライバー、接待相手などが代わりに済ますから)、

お金というものから完全に解放されている。

 

 

「私は、年収400万円が自分らしい。

なぜなら、それ以上もらったことがないから」

 

もしそれ以上を望んでいても、あなたの受け取るお金の

セルフイメージ(本音)が年収400万円なら・・・

 

好むと好まざるとに関わらず、そのイメージが現実を形作っていく。

 

 

お金のセルフイメージを形成するものの一つは、

強い感情を伴った過去の記憶

 

俺にとっては、お金は子供の頃の両親の夫婦喧嘩のきっかけ(笑)。

イコール、そのセルフイメージは、「お金はトラブルのもと」。

 

和光の実家で、怒ったオヤジが投げつけた「ポッポ」というヒョウの

ぬいぐるみが飛んで来て頭に当たったのを、今でも覚えている(笑)。

 

人によっては資産家のもとで育ち、何不自由なく生きてこれたかも

しれない。そんな人のセルフイメージは、「お金は何でも叶えて

くれるもの」。

 

 

お金にまつわる出来事には、それが良いことであれ悪いことであれ、

強い感情を伴う。

 

作り上げられたポジティブあるいはネガティブなイメージは、

ホメオスタシス(潜在意識が現状を維持しようとする機能)によって

より安定したものとなる。

 

さらに、人は意識したものが拡大するという法則により、お金に対する

セルフイメージはさらに固められていく。

 

 

こうして出来上がったセルフイメージを改善したいなら、

 

 

徐々に変えるか、

 

ドラスティックに抵抗をはねのけて一気に変わるか

 

 

しかない。

 

前者なら、本や教材、セミナー、身近な成功者から学びながら、

少しづつお金に対する意識を変えていく。

 

後者なら、バッグに新聞紙を大量に入れて大金を持ち歩いていると

思い込む(笑)、いつもよりワングレード高いものを買ってみる、

いいホテルのラウンジで食事をしてみるなど。

 

テツは本当に、預金通帳にゼロをペンで付け足して

7桁にしていた(笑)。

 

 

 

お金はパワーであり、人に与える影響力は決して小さくない。

 

生活のためにお金を稼ぐ。

 

これは単にお金だけの問題に留まらず、あなたの貴重な時間を提供

することにもなり、職場の嫌な人と顔を合わせることも避けられない。

ストレスや過労で健康を害することだってある。

 

人生は、お金に使われるか、こちらが使うかで変わる。

 

お金の問題を解決することで、人が幸福を感じる状態、つまり

時間・お金・人間関係・健康のバランスを手に入れやすくなる。

 

自分のスモールビジネスと投資で、お金がお金を生む仕組み、つまり

お金に働かせることを勧めているのは、こうした理由がある。

 

 

 

お金に左右されない

自由な人生を手に入れるには

 

 

お金をもっと稼ごうという動機

5168826903_f11c2aa86e_b

 

俺がビジネスをがんばっているのは、そしてフィリピンを始め

海外不動産投資を少しづつ進めている理由は、たった一つ。

 

母ちゃんを楽にさせるため

 

やっぱりマザコンではあるが(笑)、自分のためだけでいいなら、

温泉やマッサージが日常楽しめて、コーヒーとソフトクリーム(笑)、

たまのお酒とストレスのないのんびりライフがあれば、本当は

十分すぎる。

 

しかし、財政破綻、地震や原発など実質的に政情不安定国と

同レベルの強力なカントリーリスクを抱えるこの国。

 

この現実から目を背けずに直視すれば、日本がいつどうなっても

いいように準備しておくのは、息子の俺しかいない。

 

「いつでもセブやパングラオにおいでね~!」などと気楽なことが

言えるのも(笑)、普段の行動という裏付けがあってこそ。

 

 

国や社会に頼って生きたくない、サラリーマンを続けたくないという

同じ価値観のあなたは、できることの一歩を一緒に踏み出してほしい。

そして「誰かのため」という強い動機が加わったとき・・・

あなたから、あきらめるという選択肢が消える。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは31件です

  1. ミズタニ より:

    お金、確かに感情絡みますね。。
    経験からもそう思います

  2. […] お金に関するセルフイメージが低かった俺は、こうした現実を […]

  3. シロウ より:

    お金の・・・にがてっす。やっぱり、鍛えないとです。

    ところでDさんの以前のレポートの通り、ホントにニュートリライトはすごいね。他社も同じようなコンセプトで作ってくれたらいいですね。口に入れるものだし、自分の未来のためにも、家族のためにも、仲間のためにも、不誠実な会社は淘汰されて欲しいなって思います。どんどんニュートリライトみたいな誠実な会社が増えて、もっともっとサプリメント市場が活性化するといいなぁ。日本人はまだ選び方が分からないので、値段で決めるしかないのが残念です。選び方をもっと教えてあげましょう。そして、他のサプリメント会社が、よし、ニュートリライトをお手本に、できるところまで真似しようって時代になるといいなぁ。儲け主義のいい加減な会社は許せない。絶対、心を入れ替えてもらうか廃業になって欲しい。もっともっとたくさんの誠実なライバル会社が出てきて欲しい。日本でももっともっと出てきて欲しいなぁって思います。僕らの使命ですね。やろう!栄養補助食品やサプリメント、あるいは健康食品と呼ばれるものは、世界中に数多く存在しますが、その中で、WHO(世界保健機構)が製造基準を認める「GMP名誉賞」を与えているのは、ニュートリライト社だけです。また、他のメーカーを大きく引き離して、世界的に売上もナンバーワン。そして今まで、数々のオリンピックを公式サプリメントとしてサポートしてきました。単に「○○大学の△△教授も推薦!」「体験者の喜びの声!」などというコピーをデカデカと謳うような健康食品とは、根本からレベルが違います。

  4. ひろ より:

    お金って本当に怖いものですね。
    私はお金で大失敗をおかし、人生が変わりました。
    そのことで、セルフイメージが大きく変わりました。
    いい方向に変わったと信じたいです。

  5. マナまま より:

    私は貧乏性だから必要以外のお金は持ち歩けない。

    でも会社などで100万以上持ち歩くのは怖くなかったな〜。

  6. komine より:

    なるへそですね。勉強になります。セルフイメージはお金にも関係しているんですね。
    ファミリービジネスの中で学びが多いです。昨日のフレンズで、みどりさんが急に「この会場で親子で参加されてる方、全員前に出て来て下さい」と言われました。そしたらぞろぞろと出るわ出るわ…(笑)30組以上はいたと思います!あまりの多さにみどりさんも驚いて、「じゃあパレードにしましょう。名前だけ言ってください」ってことに。母・娘、母・息子、父・息子、父・母・娘・婿、母・姉・妹…もういろいろいました。そのなかで両方とも達成者以上は桜山母娘を入れてたったの3組。そこに立てない、立たせてあげられないことが悔しかったです。
    でも、自分の成功が自分だけ一代で終わらない。何十年という長いスパンで考えると、すごいことだと思います。こんなビジネスなかなかないですよね。サポートからメールが来たので返信します。>お世話になります。昨日からbotのツイートとフォローが行われていないようです。kagoyaサーバで、botはトータル45個ですが、最初に追加したものから昨日追加分まですべて動いていません。

  7. ayuayumi より:

    私も子供の為にお金を稼ぎたいです。そう思うと無駄遣いもなくなりますし、使うとしても大切に使おうと思います。財布にたくさん入れるのはちょっと怖いですね。

  8. はなちゃん より:

    お金は誰かの為に稼ぐ!と思えば頑張れますね。

    世の中のパパは家族の為に毎日頑張っているんですね。

  9. マヤ より:

    お金のセルフイメージなんて考えた事がなかったですが、読んでいくうちにいつの間にかあれこれ、考えている自分がいました。
    誰かのためという言葉がなんだか、改めて胸に響きました。

  10. ユウゾラ より:

    私もお金に対するセルフイメージなど意識したことはなかったです。ただ根っからの貧乏性で、レジに並ぶのが面倒とか、時間がないとか、そこにしか欲しいものがない場合を除いて、1円でも安く手に入れる事がものすごく嬉しかったりします。万が一大金持ちになってもこの感覚は残しておきたいと思っていましたが、もしかしてこれが貧乏から抜け出せない原因なのでは?と思いました!

  11. アダモ より:

    今よりももっと、貰いたい!これが本音です。年収1000万を超える人間になりたい。本当に思っている。現在のポジションより2段階上に行かなけばならない。そのためには、目の前のことに集中すること、それを心がけています。

  12. シーサー より:

    どうやってお金を増やすか日々考えています。
    もっと稼ぎたいですし、貯金も増やしたい。
    多ければ多いほど安心感が得られます。
    これってお金に執着してるんでしょうか。

  13. みつき より:

    お金に対してのセルフイメージはこれまで意識したことがありませんでした。これからは、人のためにお金を稼ぐという意識も持ちたいと思います。

  14. インコちゃん より:

    私はカードを持ち歩くのが怖いので、財布にはいざというときのために、大めにお金を入れておくタイプです。お金に対するセルフイメージですか…。私は節約や貯金大好きなんで、お金がないと不安になってしまいます。

  15. りん より:

    シングルマザーの友人がいますが、本当にとても強くなりました。誰かのために頑張るというのは、とても大きな力になるのですね。

  16. mikako より:

    お財布か。
    最低3万は持っていたいかな~
    でも、上限はなし!

    年収は、あえてとっぴに6千万!

    「人生は、お金に使われるか、こちらが使うか」
    うん、まさにそうだ!

    しかし貴殿!
    母孝行やね。

  17. みーな より:

    お金に対する思い出は確かに強い思い出になりますね。ポジティブにしろ、ネガティブにしろ…。お金は人間関係を壊すきっかけになるものなので扱う際には注意して使わなければいけないですね。

  18. トコウ より:

    お金を求めず、幸せや道徳を求める人が、お金を手にするのでしょうね。実際のお金持ちは、ステレオタイプ的な拝金主義の方は少ないと感じますし。

  19. 0617 より:

    お金のセルフイメージなんて考えた事がなかったですが、読んでいくうちにいつの間にかあれこれ、考えている自分がいました。誰かのためという言葉がなんだか、改めて胸に響きました。お金に対する思い出は確かに強い思い出になりますね。

  20. ともっち より:

    お金のセルフイメージはあまり思ったことが無いけど、今私は、色んなお小遣いサイトを使って貯めているのですが、そのサイトの中で今使っているアプリやサイトがあるとこれで突破出来ないし、あれば成功できますね。

  21. makostyle より:

    私の場合周囲の人からすると、結構大きな事をいい、お金儲けに走りたがる人物に見られているような気がしていますが、これにはゆるぎない目標があり、とにかく幼いころから苦労をしてきた妻を幸せにしたいという思いが強いからなのです。

  22. るまんど より:

    お金のセルフイメージなんて考えたことなかったです。
    お金で苦労したことはないけど、お金との縁は薄い・・・これが私のイメージかな。

    >>通帳にゼロをペンでつけたして7桁に
    これいいですね。イメトレになりそう(笑)

  23. かな より:

    お金のセルフイメージ、いいですね!
    私も考えてみました!
    私のお金のセルフイメージは努力の結果、です!

  24. さら より:

    お金に使われるか、こちらが使うかというのは本で読みました。お金に働いてもらうということを目標に頑張ります!

  25. とむ より:

    誰かのためと思えるdanさんは素敵だと思います。お金はパワーになる、生きるために必要なものですよね。

  26. パッタイ より:

    たかが紙だけどお金はパワーで与える影響力は大きい。
    本当にそうですね。
    お金のセルフイメージ、少しずつ変えていきたいです。

  27. あい より:

    家族を楽にしてあげたいというdanさんの気持ちがお母様にとっては何よりの宝だと思います。見習いたいです!

  28. まや より:

    お金のセルフイメージ、とても興味深かったです。
    お金に働いてもらうために、投資の勉強もっと頑張りたいです!

  29. あん より:

    人は意識したものが拡大するという法則は間違い無いと思います!
    お金の影響力は決して小さいものではないのでイメージしていきます!

  30. ふじなな より:

    大金を持つ覚悟はできているのになかなか宝くじが当たらない…って
    よく旦那が言ってます(笑)
    「お金に働かせる」私はこれを心掛けたいです。

  31. かや より:

    お金のセルフイメージ大切ですね。
    私は一気には変えられなさそうなので、徐々に変えていくタイプかもしれません。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ