海外移住の方法を体験者が語る


4685366989_10a086594e_b

 

 

海外移住の方法・・・

 

 

 

本があったりネット上に情報があるものの、あまり具体的なことが

書かれていなかったり、莫大な資金が必要で現実的ではなかったり。

 

海外移住の希望者は多い割にそれを実現している日本人が少ないのは、

それを実現するための方法を知らないことが一番の理由。

 

 

ここでは海外移住にかかる費用と、移住を実現するための具体的な方法

について一例を挙げてみる。

 

 

 

 

 

海外移住は手が届かない?

 

 

フィリピンで月5,000円で暮らすツワモノの日本人もいる。

マラテの勝谷さんに頼めば会えるかもしれないので、生活実態を

是非リサーチしてみたい(笑)。

 

彼のように南国でホームレスをするのでなければ、海外移住には

その方法以前に、どれくらい生活費がかかるのかを知っておく

必要がある。

 

 

MMC(Makati Medical Center)近くのコンドミニアムで気ままな

独り暮らしを続ける菅井さんのケース。

 

家賃(studio type) 43,000円

食費 約30,000円

電気代 約5,000円

ミネラルウォーター代 約1,500円

ネット代 約5,000円

メイド(住み込み)4,000円

人と逢うための費用(タクシー代・お酒代など)約30,000円

 

トータル 月118,500円

 

菅井さんの場合はフィリピンのローカルフードが中心なので、

和食などを選べば当然食費は上がるが、逆にもっと抑えることも可能。

 

電気代とネット代がいまだに高いのがネックなのを除けば・・・

 

しかしタクシーが初乗り100円程度だったり、髪を切っても300円

かからなかったり(笑)、人件費がまだまだ安いフィリピンでは、

安全な場所でもこんな生活ができる。

 

ちなみにメイド(炊事・洗濯・掃除)は、通いでも1日600円くらい。

車がなければドライバーを雇っても、あり得ないくらい安い。

 

比較的安全なセブでも、家賃や物価などはマニラより下がることを

考えると、月10万円あれば、24時間ガードマン常駐、プールやジム、

ダーツバーのあるコンドミニアムでメイドさん付の生活が可能。

 

月15万円もあれば、さらに毎月旅行に行くことだってできる。

 

渡航費用も今はLCCがあるし、フィリピンなら永住権がなくても

数年滞在できるから、クォータービザなどは住んでから考えて

いけばいい。

 

 

日本ですら意外に、日々のキャッシュフローを正確に把握している人が

少ない。方法よりもまず、海外移住はどれくらいの費用でその生活が

維持できるのかを考えてみたい。

 

日本人より外国人の友達が多い、海外のような非日常が好き、シンプルな

持ち物で、旅をするように暮らし、暮らすように旅がしたい、満員電車や

待つことが嫌い・・・

 

そんな俺のような変わった価値観を持っているあなたなら(笑)、きっと

最高の暮らしができる。

 

 

 

 

 

月10万円を稼ぎながら海外移住する方法とは?

 

 

海外移住の方法を語るときに最も問題になるのは、やはり仕事。

 

入り続ける収入がなければ、持って行った資金を使い果たしたら

しぶしぶ帰国せざるを得ない、多くのケースの一つとなってしまう。

 

例えば現地就業はフィリピンでは現地人すら難しい上に、給与水準が

月4万円程度。

 

年金が出るまで待てないあなたは、海外移住の方法として「円を稼ぐ

手段を持つ必要がある。

 

 

具体的には、

 

Web上に個人メディアを作り、情報発信をする

→ 日本円で収入を得て、海外投資でそれを守り、増やす

 

ということ。

 

 

ブログやメルマガ、SNSなどを組み合わせながら、世界のどこにいても

Webから収入を得る方法については、ニュースレターでお伝えしている

通り。海外投資の情報も、これから発信するつもりでいる。

 

よく「文章に自信なんてない」「書くことがない」

という人がいるが・・・

 

日本語の文章が書ければいいというレベルであり、大切なのは、

あなただけが体験してきた過去の蓄積

 

小説家のような文章が書けなければ収入が得られないというなら、

俺の周りで、これだけ多くの無名のWeb事業家が海外移住を果たしては

いないはず(笑)。

 

 

ちなみに先日、日本のダイレクトマーケティングのチームにいる

正也から相談が。

 

「いい物だから紹介したのに、結局お金だったの?と言われた。

それ以来、何となく後ろめたくて・・・」

 

自分が本当に最高と感じている商品やサービスを好きな人に教えるのに、

なぜ躊躇があるのか?

 

日本人は「お金を稼ぐ」ことへのマインドコントロールがしっかり

施されているので、セールスという仕事のステイタスが、海外と違い

極端に低い。

 

 

彼に伝えたのは、他人が稼ぐのを強く嫌がる人がいるという事実。

そして、そういう人を相手にする必要はないということ。

 

対価なしに情報をもらえるのが当たり前というその人たちの感覚は、

「無償で奉仕し続けろ」と言っているのと同じだと。

 

まっとうな大人なら、価値のある情報が得られたら、それに見合った

対価は自ら払おうとするから大丈夫、そういう人だけを相手にしたら

いいと伝えた。正也は笑顔だった(笑)。

 

 

あなたが何かビジネスを始めるなら、

 

人に感謝された数 = あなたの収入

 

という世の中の真理を忘れないようにしておきたい。

 

 

 

 

 

方法を手に入れて海外移住を果たした先には・・・

 

 

菅井さんや俺の場合は、稼ぐ日本円と物価や人件費などの価格差で

快適な生活をすることを選んでいるが・・・

 

紹介した方法でもっと多くの収入を得れば、時間と場所の自由があるため

東南アジア以外の国に住むことだってもちろん可能(永住ビザの問題は

依然残るが・・・)。

 

 

先日、マラテでダーツバーを営むkittyと話していたのは、なぜ人生に

衝撃的なことが起こるのか?ということ。

 

人は忘れやすい動物だから、良いことも悪いことも含め、インパクトと

共にその出来事を記憶する。

 

仮にそのときはトラブって困ったことでも、インパクトがあるほど

後で思い出すのは容易で、人に語って笑い合えるネタになるという事実。

 

海外移住をすると、こんなネタ作りにはきっと事欠かなくなる(笑)。

 

 

 

先行きの不安ばかりを抱えた国や社会に頼って生きたくないという

あなたは、パングラオ島の日本人村計画に是非参加を。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは2件です

  1. tick より:

    そうなんですよね。
    ぜんぶ、わらいあえるんですよね。
    まさしく他の記事にかかれてたように、ネタづくりですよね。

  2. […] 後に続くモテ仲間のためにも、具体的な海外移住の方法・・・ […]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ