すぐに幸せになる方法とは?


9512412555_a72058dffe_b

 

 

「幸せとは何?・・・どうしたら幸せになれるの?」

 

 

 

 

 

この哲学のような禅問答をストレートにぶつけられたとき

素直に思ったのは、

 

 

それがすぐに分かるなら、この世で悩む人はいないだろう?

 

 

ってこと(笑)。

 

 

 

 

 

幸せとは一体?

 

 

冒頭の質問をぶつけてきたのは、昔、日本で付き合っていた

きぬちゃんだった。

 

可愛い顔にして声が低い男の声なので、ニューハーフと自ら名乗り

みんなが驚くのを楽しんでいた変わった娘(笑)。

 

 

 

人生とは?幸せってなんだ?

 

彼女がぶつけてくれた疑問は、しばらく俺の脳の中を

駆け巡っていた。

 

 

 

 

この「幸せとは?」に適切に答えられるには人生経験が十分とは

言えないが、幸せな人、そうでない人をどちらもたくさん見てきて、

気づいたことがいくつかある。

 

 

 

幸せに生きている人が例外なく、実践し習慣にしていること。

 

 

 

 

 

幸せとは「なる」ものじゃなく、「思い出す」もの

 

 

人はどうも、自分にないものばかりに目が行きがちで、今すでに

持っている、感謝できるものを軽く見る傾向がある。

 

「感謝の反対は、当たり前」

 

 

よく考えたら、当たり前のものなんて、ない。

 

 

 

思想や移動の自由が認められ、物質的に不自由していない日本に

生まれたこと。起業だって自由にできる。

 

 

生まれたのが中央アジアのあの国なら?

女性なら、生まれたこと自体が悲劇になっていたかもしれない。

 

同じ日本でも、70年以上前なら?

雨が降らずに爆弾が降っていた。この歳まで生きていたかも

分からない。

 

 

 

今すでにある、感謝できるものを数えてみる。

ないものに目を向けない。

変えられない過去に執着しない。

 

 

過去と他人は変えられない。未来と自分は変えられる

 

 

 

 

 

周りの人を笑顔にする

 

 

不思議なことに、人は、励ました人自身が一番元気になるという

ことが分かっている。

つまり、エネルギーは与えることで返ってくるということ。

 

 

人を励まそう。そして、褒めよう。

 

 

 

 

ところで、人の励まし方や導き方に、「長所進展法」という

考え方がある。

 

ダメなところを直そうとする「短所改善法」に対するもので、

その人のいいところを徹底的に伸ばそうとする手法。

 

人を批判したりダメなところを指摘するのは、簡単なこと。

 

しかし、正しいことを言うのは、人を傷つけやすいと覚えて

おきたい。たいていは、本人もダメなところを自分でよく分かって

いるものなので。

 

 

そういえば先日、褒め方について仲間のポールから質問が出た。

「自分は意識して褒めるようにしてるんだけど、なんか下心が

あるように思われるんです・・・」と。

 

慣れないことなら笑顔ですら練習だよ、と伝えたが、言い方に

ついてもアドバイスしてみた。

 

「肌が綺麗だね!」よりも、「肌が綺麗って、よく言われない?」

の方が自然。

 

また、アートとか文章とか、専門的なことを褒めるのは難しい

ものだから、「オレ、これ好き!」でいいんだよ、と。

 

 

大事な人の笑顔を見るだけで、幸せになれる。

人はシンプルだ。

 

 

 

 

 

他人と比較しない

 

 

不幸は比較から始まる、と言われる。

 

幸せとは何か?を考えるなら、他人と自分を比較することを排除

すること。

 

人によって、幸せの尺度は違う。俺は幸せとはバランス(お金・時間・

人間関係・健康)と考えているが、どれが大切かは人によって変わる。

 

 

豪邸に住む上場企業の社長が公立学校の用務員のおじさんより

幸せかと言われたら、そうとも限らない。

 

そのおじさんは豊かで温かい人間関係に恵まれていて、お金で

はかれない幸せを感じているかもしれない。

 

 

70億人の誰一人として、同じ人はいないということ。

あなたはone and onlyだってことを思い出そう。

 

 

 

 

 

憧れる人を持つ

 

 

あなたに憧れる人がいると、今度は誰かがあなたに憧れるように

なる。フォロワーの法則とでも言おうか・・・

 

思うに、幸せとは、人生で尊敬すべきメンター(師)がいること。

それだけであなたの人生はより豊かになるし、あなたをメンターと

する人が出てくるので、他の人も幸せにできる。

 

 

人は他人のことだけを考えて生きることは難しいが、同時に、

自分のことだけを考えて生きることもできない。というより、

人の役に立つことが人間の最上の喜びだと言われている。

 

 

憧れの人は、意外とあなたの身近にいるかもしれない。

 

 

 

 

 

夢よりも、使命感。あなたの使命感を明確にする

 

 

夢と幸せは関係があるか?

 

 

 

私見だが、幸せは、少なくとも夢とは関係がない。

夢がなくても、人は生きられる。

 

むしろ、夢よりも使命感が強力なモチベーションだと思う。

 

 

 

地球上の戦争と差別をなくすこと。

苫米地先生のような壮大な使命感もあれば、

 

妻と2人の子供を幸せにする。

これだって重大な使命感。

 

 

 

あなたにとっての、使命感は何?

 

 

 

 

 

人生は続くということを思い出す

 

 

日常生きていてこれを度々思い出すことは稀だからこそ、

あなたにはいつも忘れないでいて欲しい。

 

あなたは、すでに何度も別の人生を生きて修行を続けている

勇敢な魂。

 

学ぶべきは人間関係と、他人に愛情を示すこと。

 

 

 

 

 

あなたが存在していることは、幸せそのもの

 

 

幸せって何だろう。この壮大な宿題を解くことは、人生の意味

そのものかもしれない。つまり、簡単に答えは出ないということ。

 

 

幸せの意味を時々立ち止まって考えることは、今ある感謝すべき

ことに目を向けるいい機会だと思う。

 

 

 

 

 

仲間と改めて海外で集合したときに、一人ひとりに

聞いてみたい。

 

 

「あなたにとっての人生とは?幸せとは?」

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは3件です

  1. moritax より:

    考え方ひとつで、すぐに幸せになれる。ほんとにそうですね!

    DANさんの教えを、これから実践していこうとおもいます。

    出会いに感謝しています。

  2. 青山 より:

    「感謝の反対は、当たり前」これ大事だと思うんですよね。
    人は当たり前になると横柄になる、なぜなのでしょう?
    なぜ忘れてしまうのでしょうか?
    大切な事なのに、、、。
    常に新鮮さを求めているのに、いつのまにか当然・当たり前・慣れあいになってしまうもので。
    そして、みんな同じ事をいう「なくなって初めて気づいた」って。

    なくなるということは不安なことだけど、踏み出していくことも大事で、でもその中で大事なのは感謝を忘れない、大切だと認識すること。
    蔑ろにされると、どうしても蔑ろで返したくなってしまうもので、、、いけないいけない。

    私にとっての使命感は、今はやっぱり守るべきものがあるので、成長を見守ることですね。
    そして、それが今の私の幸せです、、、例え毎日が寝不足だとしても、私は幸せです。(笑)

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ