あなたの生活を変える3つのもの


 

 

目標と計画は生活を変える

生活から、心配事を取り除いてくれる」

 

 

この名言を聞いてすぐに、心のモヤモヤが晴れなかった

当時の生活を変える決断をした。

 

 

 

そもそも、人がなかなか自分を変えること、生活を変えることができないのは

意思が弱いからでも、あなたが怠け者だからでもない。

 

結局は人が昨日と同じ明日を安全に生きて生存確率を上げようとする、

潜在意識の恒常性機能(ホメオスタシス)が理由。

 

 

ただしこの生活を変えることを妨げるホメオスタシスも、

プラスに活用する方法はある。

 

 

ちなみに現代人が手軽に環境を変える方法として

俺がおすすめしているのは、デジタルデトックス

 

日本を始め先進国の人間は24時間オンライン状態なので、

情報が際限なく入りっぱなし。一日の中でスマホやタブレットの

電源を切ってしまう時間を持つといい。

 

 

 

 

 

自分と生活を変える「目標」の本質

 

 

日本は資本主義社会だから、経済的自由の枠を拡げることは

そのまま、生活を変えることにつながる。

 

「死ぬための備えはするのに、

生きるための備えをしない人が多い」

 

保険が好きな日本人のことを皮肉ったこの発言は、

なかなか言い得て妙。

 

 

母ちゃんも例に漏れず、自分が亡くなった後のお葬式や

お墓の心配ばかりしている彼女に、

 

「自分のお金なんだから、

生きているうちに有意義に使ってね」

 

そんなことをskypeで伝えたのがつい先日(笑)。

 

 

素質論で生年月日をチェックすると、不安を

モチベーションにして動くタイプの俺(笑)。

 

タクミさんから目標の本当の意味とそれを明確にすることの

大切さを学んでから、その不安を払拭するためにも

月単位、年単位での目標をはっきりさせるようになった。

 

 

目標は、自分を変えるため

ひいては生活を変え、自由度を拡げて未来を変えるためのもの。

 

だから達成できたかどうかよりも重要なのは、それを目指すプロセスで

いかに自分を成長させ、自分が望む場所に近づけたかどうか。

 

そして目標は、自分の日々の行動のチェックと軌道修正の役割を

果たしてくれる。埼玉から大阪を目指していたのに、気づいたら

仙台に向かっていたという状態のことがよくある(笑)。

 

 

 

 

 

より充実した生活のために、目標を味方にし行動習慣を変える

 

 

日本人の5人に1人は、65歳くらいまではもちろん、

それい以降も可能な限り働き続けたいと考えている。

 

マニラに移住した変わり者の日本人である

俺には到底無理なことだが(笑)。

 

 

 

あなたが生活をこれから本気で変える決断をしているなら、

以下のプロセスを踏んでみてほしい。

 

この生活を変えていくための5つのステップは、事業の先輩で

行動心理のメンターである野木さんからのアドバイス。

 

 

仕事やプライベートでの結果が変わるためには、

自分を変えるしかない。

 

ただし闇雲では当然結果が出せず、うまくいっている人の

方法にならって行うことが、最も確実な成果を生む。

 

 

今の自分の価値観・意味づけ・選択を見直し

変えるべきところを知る

 

あなたが自分の人生、今の生活をどのように見ているかを変えれば、

人生を変えることができ、そのための協力者が現れる。

 

 

手に入れたいものや今持っているもの、目に見えるものだけに

価値を置くのではなく、「どんなふうに生きていきたいか」

「どんな心の状態でありたいか」そういったことに意識を向けてみる。

 

そして、あなたの選択は時間の使い方に表れる。

人生は時間そのものなので、選択は結果に直接的に影響与える。

 

何か特別にすごいことをする必要もなく、結果が出ることに

時間を使っているか、選択しているかという違いだけ。

 

あの人はあんなに結果を出している・・・そこにばかり

意識がいく人が多いが、「どんな選択をしたから良い結果になったのか」

そこにもっと目を向けていきたい。

 

 

結果を出すために大切なのは、焦ることでも苦しむことでもない。

ただ「結果につながる選択」をすることだけ。

 

ビジネス仲間の森田を見ていて感じるのは、とにかく

誰に言われなくてもコツコツと行動できること。これが

やはり結果を出す人の特徴だ。

 

 

メンターのアドバイスを素直に受け入れる

 

同じ目標を共有するメンターのアドバイスほど、

的確なサインはない。

 

それをありがたく受け入れるか、眉間にシワを寄せ

ムッとして拒否するか・・・これが2つの分かれ目。

 

素直さは最大の知性。

 

 

具体的な目標を明確にする

 

理想的な生活がイメージできたら、「予算として毎月いくら必要か」

「それをいつまでに実現するか」を明確に。

 

夢やイメージに数字と期限をプラスして、

目標に変える。

 

 

その目標と今の自分とのギャップを

埋めるためのアイデアを練る

 

目標が数字で明確になれば、

足りない部分も数字で浮き彫りになる。

 

その部分を得ていくための計画を立て、

アイデアをリストアップする。

 

 

目標と計画で仕事の80%は終わると言われる。

 

どんなことでもいいので、具体的な数字で目標を決めること。

 

その時は、できたら達成したいA目標と

「これだけは死守したい」というB目標を設定するのがいい。

 

そして、その目標のために何をするかを書き出す。

この作業が心のモヤモヤを取り除いてくれる。

 

心にモヤモヤがない時、人は100%の力を発揮して動ける。

 

 

それを具体的な行動に変える

 

具体的に歩みを進める。

 

行動の段階では地味で泥臭いことがほとんどになり、あなたの

理想の生活のキラキラしたイメージとは程遠く思えるはず。

 

そんな時は、具体的に動いた人だけが自分自身を

変えることができる・・・それを思い出してほしい。

 

 

生活の中の意識を変え、行動習慣を変える。

いちいち気合を入れて歯を磨く人はいない(笑)。

 

「やるのが当たり前で、やらないと気持ちが悪い」

そのレベルの行動で目標につながることをいくつ

つくれるか。

 

そして意識したいのは、あなたが目にするもの(フレーズや本)、

あなたがよく逢う人(憧れのライフスタイルかどうか)。

 

 

より良い生活のために、

目標を決め計画を立て行動を変える。

 

よく言われることだが、知っていてもやらないのは

知らないのと同じ。

 

ほとんどの人が意識しないこの3つを実践することで

現実が変わるのは、俺の経験でも実証済みだ。

 

 

ちなみに以前見たデータが記憶にある。

 

「何のために働いているのか?」

 

という質問に対し、複数回答で

生活のお金を稼ぐため」が7割以上。
自己成長」「プライベートを充実させるため」がそれぞれ約3割、
自己実現のため」が2割という結果に。

 

 

この記事を読んでいるモテ仲間はおそらく、

この自己成長と自己実現も働く理由にしていると確信する。

 

 

 

経済的・時間的自由の枠を拡げ

悩み多き人間関係から解放される。

生活を変える方法とは

 

 

23520846131_000e50ce24_b

 

 

「金曜の夜はワクワク、日曜の夕方はガッカリ・・・

その繰り返し。この生活を変えるにはどうしたらいい?」

 

 

もともと大きい目を見開きながら語るメグ。

瞳の奥が憂いに満ちていた。

 

 

 

 

 

ストレスまみれの生活を変える・・・

 

 

この移住してきたフィリピンと比較すれば、日本人の生活水準は

依然として高い。言わずもがなインフラや給料など、物質的な面に

おいては特に。

 

 

一時帰国するたびに街ですれ違う、仏頂面かポーカーフェイスで

つまらなそうに歩くサラリーマンやOLには辟易するが(笑)。

 

 

 

フィリピン人から見たら、何もかもがうらやましい日本。

 

それなのに、メグのように生活を変える

必要があると感じるのはなぜか?

 

毎日の中で笑顔が足りないこと。これが不自然であると

本人が気づいていることもあるかもしれない。

 

 

不満と不安だらけだった、

虎ノ門勤務のサラリーマン時代。

 

 

とにかく俺が目指していたのは、毎朝6時にジャンジャン鳴りまくる

目覚まし時計にたたき起こされる生活から、解放されること。

 

特に寒さが苦手な俺。

冬の間、あの天国の一畳スペースから抜け出すのに毎回

どれだけ激しい戦いが展開されていたか(笑)。

 

そして、その後強制的に始まるストレスまみれのスポーツ

「満員電車」。あの東上線で、いつもにらみつけてくる若い男の顔が

今も忘れられない(笑)。

 

混雑した選択肢のない霞ヶ関でのランチ。昼休みというより

「午後のひととき」程度の、せわしないリラックスなしの時間。

 

その直後の、気絶寸前の退屈なミーティングでは

睡魔との戦い。

 

さらに帰宅ラッシュで再び満員電車・・・

 

 

この生活を変えることだけが、

当時の俺のモチベーションだった。

 

 

8353673079_0c275a1d4a_b

 

 

自分の未来に責任を持つ人だけが集まる、

このモテ仲間コミュニティ。

 

今日も歩みを止めずに行こう。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは28件です

  1. テツ より:

    「決心は九分の成就」という言葉があります。決心した時には、9割成就しているという意味ですが、退路を断ってまでとは言わずとも、自分がこうやる、と決めた以上は妥協せずにやり続けることが大切だと思っています。

  2. まな より:

    確かに死ぬための備えのことばかりみんな考えていますね(笑)
    生きている今が一番大事なのにみんな先の事を考えすぎて今を見据えられていないのはどうかと思います。
    自分も今を見つめてみるべきだと思い知らされました。

  3. にこ より:

    生活習慣、見直さなければなりません。毎日同じことばかり繰り返してあっと言う間に1日が終わってしまい、計画も何もあったもんじゃない私です。今一度、自分の生活習慣を見つめ直します。

  4. ユウゾラ より:

    この数年間、はっきりとした目標を描いているのに、まだそこに辿り着けていないのは行動を変えていなかったからでしょうね。本当に変えてみようと思いました。

  5. あい より:

    人間の欲求って、マズローの欲求で習ったきがします。
    ピラミッドの一番上が「自己実現の欲求」ですよね。
    生活が満たされていなければ
    自己実現の欲求なんて考えられない。
    まずは目標立てからですね。

  6. WWJD より:

    最近、生きている心地がしないというか…。何が足りないのかわかりませんでした。きっと自分の人生の目標を見失っていたから、目標が立っていなかったからだと思います。

  7. まさよ より:

    目標が明確じゃないと日々の生活って楽しくないですよね。今私は半年で10キロ痩せるって目標があります。目標あると頑張れますね!

  8. AYKaaa より:

    知っていたけどやらないのは、知らないのと同じ。確かにそうですね。私も実践してなかったです。具体で何がやりたいとかこうりたいとかなく、お金稼げればいいやーと無意味な行動ばかりしているのですが、まず目標が大事ですね。さとり世代と言われるらしいですが、何がやりたいかを探すのが1番大変です。

  9. kuuu より:

    経済的自由になりたいのは山々ですが、なかなか思うようにはいかないのが現実!自分で目標設定することが大切なんだと改めて実感しました。お金もちにはなりたくないけどある程度の金銭的自由は手に入れたいところ。

  10. kaaaaan より:

    仕事していて目標をたてるならば、生活するために稼ぐのもそうですが、自己成長したいと思います。
    いつまで続けられるかわからない仕事でもやりがいが持てそうです。
    まずは小さい目標から達成しつつ、大きい夢に向かって進みたいです。

  11. 宮下 より:

    こんにちは^^確か昨日まででしたよね、マレーシア。今回はいかがでしたか?無事にフィリピンに戻ってらっしゃいますように・・・お世話になっております。ありがとうございます。生活を変えるために、僕も頑張ります。例のメール確認お願いしますね。>現在の管理用アカウントがAで、それに紐づいているBOTアカウントがa1,a2,a3だとすると、こちらで行う必要があるのは別の管理用アカウントBを作成し、ツイッターブレインに設置する「変更」ボタンによりa1,a2,a3をこのBに再連携するこの認識で合っていますか?趣味ではなくビジネスブログですので、当然見た目以上にSEO(グーグルで上位表示されやすいか)広告がクリックされやすいかこの2点のみを追求してあのテンプレを推奨しています。広告を貼った後の文字のリンクの色ですら細かくこだわっていますので、別のテンプレを使われるとこちらでサポートできないですが大丈夫ですか?ちなみにシーズン2のライフログ型ブログではファン化が大切になりますので、カラーなど雰囲気はもっとコントロールできるテンプレを使います^^もし今回別のテンプレを使われるなら、広告を貼る位置は同じにできるようにお願いしますね。
    キーワードは「フィリピン,モテる,英会話,海外移住,ダイエット,ビジネス,起業,健康,美容,成功,お金,豊かさ,自由」

  12. なな より:

    確かに毎日行うことってやらない日があると気持ち悪いです。
    1日のルーティーンとして染み付いてますからね。
    目標を達成するために行う行動も日々のルーティーンとして取り入れたいものです。

  13. 実佐 より:

    「生きる為の供えをしない人が多い」は確かに私の心にもえぐられました。友人にも将来、介護福祉と葬式代を貯蓄していると言ってました。「目標を明確に」と言われましても明確にできなくて私は悩んでいます…。

  14. なみ より:

    わたしは22歳女、独身であり、あまり稼がなくても生きていけるのですが、やはり仕事は好きです。自己成長しているのがうれしいです。

  15. sanae より:

    「死ぬための備えはするのに、生きるための備えをしない人が多い」
    日本人は悪い意味で、自分の死後、残された人のことばっかり考えすぎ?
    そして確かにプロセス。
    わたしもまだ、結果が出せず、お金にも苦労してますが、夢や目標を持っているので、人生が楽しい!
    そして
    「何のために働いているのか?」
    に関しては、わたしもモテ仲間!

  16. kz16 より:

    海外ではどうなのかわかりませんが、日本では死んでからもかなりお金がかかりますからね~
    ピンピンコロリをされて後始末に色々苦労した身としては、身支度しておいてくれるのは大変ありがたいことだな~と痛感しておりますよ。

  17. TM0323 より:

    死ぬための備えをしても生きるための備えをしない。確かにそういった人間が多いように感じます。その理由は、生きるという概念を軽く見る人が多い傾向にあるようにも感じます。今ある状況があたりまえでないと気づくことが生きるための備えをするうえでの第一歩のように感じます。

  18. ウェル より:

    表にしたり、書き出したりして、目に見えるようにして、生活習慣を変えていけばいいのでしょうか。家族や同僚と指摘し合って、改善することも可能そうですね。

  19. のの より:

    心のもやもやが無いとき人は100%の力を発揮する。共感できます。
    色々なしがらみが取れた時って動けますよね。
    この色々な事を日々簡単に取れれば良いんですが。心の持ちようですね

  20. うっふー より:

    文字や口にすることで自分の考えを整理するということにつながりますよね。
    一方で自分自身の浅はかさが現れたりもします。
    後者になるのが怖いのと、自分自身で恥ずかしいのもあって、目標をきちんと立てていない自分がいます。

  21. ノノノ より:

    目標を持ってなおかつ、それをいかに行動を起こすか自分をマネジメントするのは非常に難しいですね。
    さっき他の方のコメントで「半年で10kg痩せる」と見させてもらいましたが、実は僕9月からダイエットを始めて2ヶ月で11kg痩せました。それこそお金もかけてないし、あまり努力もしませんでした。元々80kgありましたから当然かもしれませんが(笑)。
    ただ仕事にもこれを活かしていきたいなと思います!

  22. みつき より:

    生活を変えたいと考えていたので、とても参考になりました。今回の記事で学んだことを、今後も生かしていこうと思います。

  23. バアル より:

    「死ぬための備えはするのに、生きるための備えをしない人が多い」
    た、たしかにっ!?って思ってしまった

    なぜ生きてるのに死ぬときのことしか考えてないんだろう
    この言葉を見るまで当たり前のようにしてきた自分が怖い

  24. ともとちゃん より:

    自分が何かをやるときに目標を持ってそれを何をするかを計画しないといけないですね。
    そして生きているうちに使いながら備えて行くのも大事ですよね。

  25. 0617 より:

    人間の欲求って、マズローの欲求で習ったきがします。ピラミッドの一番上が「自己実現の欲求」ですよね。生活を変えたいと考えていたので、とても参考になりました。自分が何かをやるときに目標を持ってそれを何をするかを計画しないといけないですね。

  26. イトダ より:

    たしかに目標決めるって大事ですね!
    最近はあんまり明確な目標がなくて日々ダラダラ過ごしちゃってめっちゃ後悔してます(;ω;)
    だらだらしてる時はなんも思わないんですけど、後からめっちゃ後悔します笑

  27. くすお より:

    自分の生活を変えることは大切なことです。
    自己の成長は本当に大切なことだと思います。
    現状維持は自分の成長を止めることになっていると思います。
    目標を持って望んでいきたいです。

  28. makostyle より:

    やっと長年の夢がかなって勤めていた会社を退職することができました。そして独立するため今必死に頑張っています。ところが目先の事にとらわれすぎて最終目標を見失い、最近気分的に滅入っていました。もう一度目標を再確認しなければ!

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道▲CLICK

移住と一人起業の専門家:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

▼CLICK自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ