恋人と結婚するなら知っておきたい3つのこと


 

 

あなたは今の恋人との結婚を

真剣に考えているところだろうか?

 

それとも、すでに相手に見切りを

つけてしまっているだろうか(笑)。

 

 

俺自身は一度、実際の結婚生活と離婚を経験し、

結婚の素晴らしいところとうまくいかない場合の

マイナス面、両方を学ぶことができた。

 

 

 

 

 

恋人と結婚する前に知っておきたいこと

 

 

恋人と結婚する前に知っておきたいのは、

パートナーの経済的観念

 

日本でも3組に1組が離婚する時代。その離婚原因の

かなり大きな部分が、この経済的観念の相違だ。

 

恋人と付き合っている時と結婚生活では、経済活動の有無という点で

大きな差がある。いずれ子供が生まれたり、車や家を買ったり教育費が

かかったり、親の介護費用が必要になったり・・・

 

結婚生活は、経済活動を中心に回るといってもいい。

 

パートナーである恋人に極端な浪費癖があったり、お金に

いい加減なところがないかどうかは結婚前に知っておきたい。

 

 

そして悪習

 

俺が恋人と結婚して2年足らずで別れたのは、パートナーが

それまでやめていたタバコを再び吸い始めたのも理由だった。

 

例えば俺が女性だったら、パートナーの

貧乏ゆすりには耐えられない(笑)。

 

こんな小さなところから、普段のコミュニケーションの中で

言わなくてもいいことまで口にしてしくじる場面が多いなど

影響力(被害)の大きい癖まで。

 

その恋人の癖や悪習をどうしても生理的に受け入れられない

場合もある。結婚という契約の前にある程度それを把握し、

許容できるのかどうかを自分に問いたい。

 

 

最後に、価値観に大きすぎる乖離がないか。

 

例えば趣味や生活サイクルがあまりにも違いすぎないか、将来の

展望に関して考え方に根本的な差はないか。

 

俺の場合、こじんまり埼玉の端っこで小さな幸せを求めたいという

恋人と、ビジネスで成功して将来は海外に住みたいと考えていた俺

との間に結婚前から意見の相違があったが・・・

 

それを結婚した恋人とコミュニケーションで

埋めていくことは難しかった。

 

 

 

恋人と結婚してうまくいくための自分の

磨き方、経済的自由を得る方法を学ぶ

 

 

 

 

恋人と結婚する前にしておきたい同棲

 

 

こうした事前に知っておきたいことを把握するために最も良いのが、

恋人であるパートナーと同じ屋根の下で結婚前から暮らしてみること。

 

 

昔であればタブーだった同棲・・・とはいいながら、あの時代に

オヤジと母ちゃんは結婚前、自由が丘で同棲していたが(笑)。

 

今の日本ではすでに、暗黙のうちに同棲は許容されている。

 

婚姻届一枚でもお互いの覚悟は変わってきたりするものだが、

同棲で結婚生活のシミュニレーションができ、その大変さを

垣間見ることもできる。

 

離婚で心を痛める前に、お互いのことを

しっかりことを把握しておきたい。

 

 

 

「恋人ができました!」白人の彼女をさっそく自慢するために

LINEでメッセージをくれた軌保。おもてなしの日本人でありながら

英語をインド式で学び、結婚は教会でと考えている彼。

 

会話力のトレーニングも進んでいるようだが、

俺と同じマザコンは今でも変わらないらしい(笑)。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ