ついてない時に有効な「人生の再定義」とは?


420512_962444f041_b

 

 

あなたは「ついてない」と感じた時、

どうやって心をトリートメントする?

 

 

 

 

挫折ばかりの人生。

 

ついてない時の俺の心の安らぎは、

一人になって紙と向き合う時間だけだった。

 

 

 

 

 

ついてない時は紙(神)を味方にする

 

 

あなたは、何かを書くことが習慣になっているだろうか?

 

 

紙に書くのは「神に書く」と言われるように、

自分の潜在意識と対話すること。

 

 

俺は、毎晩寝る前に「感謝できること」「望むこと」

「自分を褒めてあげたいこと」を書くのが習慣になっている。

 

「今日はついてない・・・」そう感じた時こそ、

寝る前のこの儀式によって(笑)心を正しい方向にリセットできる。

 

そしてこの方法は、やりたいことが見つからない時にも有効。

 

人生で絶対になくしたい嫌なこと、そして大好きなことを

紙にひたすら書きまくって、頭の中身を外に吐き出す。

 

すると自分が望む人生の方向性や目的が浮き彫りになり、

これによって潜在意識は「手段」というアイデアを出しやすくなる。

 

 

 

今でもついてないことが起きるのは、それこそ日常茶飯事。

そんな時でも腐らずにいられるのは、過去に起きた衝撃的な事実、

悲しい体験が、日々の当たり前の毎日を奇跡、感謝できることに

変えてくれたから。

 

 

医者とは無縁の健康な身体と、

頭は良くないが生きる知恵は持っている。

 

大切な家族と仲間がいる。

 

やるべき仕事がある。

 

マザコンの俺にとって、和光にいる母ちゃんが

健康でいてくれるのが何よりありがたい(笑)。

 

 

ついてないと感じ、気持ち的に負けそうになった時には

こうした恵まれた事実を文字にして、感謝を自分に再認識

させている。

 

 

 

ついてない時の心の

マネージメント法を仲間と学ぶ場所

 

 

 

 

「ついてない」・・・そんなふうに感じた時こそ人生の再定義を

 

 

人は、自分が定義したものしか

経験することができない。

 

 

こうして好きな南国フィリピンに移住しながら、素晴らしい仲間に

恵まれ健康でいられていること、チャレンジすべき価値ある

目標を持てた幸運に感謝するとともに・・・

 

これから出会うべき人、そのために目指すべき自分を

21のコミットメントとして綴ってみた。

 

 

 

思いやりのある人・・・人の気持ちが分かり、また相手の立場に

なって考えられる人が好きだ。だから、自分がそれを目指す。

 

感謝の人・・・してもらったことへの恩義を忘れず、また些細な

ことも当たり前と思わず、小さなことへの感謝を忘れない人が

好きだ。だから、だから、自分がそれを目指す。

 

勇気の人・・・小さな一歩をためらわず、前に進むことを

恐れない人が好きだ。だから、自分がそれを目指す。

 

行動できる人・・・口では大きなことを言わなくとも、小さな

ことから行動に移し、それを継続できる人が好きだ。だから、

自分がそれを目指す。

 

チャレンジの人・・・夢や目標に向かって果敢に挑戦できる人が

好きだ。だから、自分がそれを目指す。

 

人の痛みが分かる人・・・慈しみの心を忘れない人が好きだ。

だから、自分がそれを目指す。

 

自由を目指す人・・・自由の素晴らしさを知り、又それを享受

するための自己責任に覚悟を持っている人が好きだ。

だから、 自分がそれを目指す。

 

希望の人・・・明るい未来への希望が常に胸にあり、また周り

にも希望を与えることのできる人が好きだ。だから、自分がそれを

目指す。

 

優しい人・・・不用意に人を傷つけず、どのような立場の人にも

同じように接することのできる人が好きだ。

だから、自分がそれを目指す。

 

強さを持った人・・・確固たる信念を持ち、それを曲げない強さを

持った人が好きだ。だから、自分がそれを目指す。

 

賢い人・・・世の中の流れを客観的に読み、自分が今どうすべきかを

冷静に判断できる人が好きだ。だから、自分が それを目指す。

 

素直な人・・・素直さが最大の知性と知り、先人の知恵を柔軟に

取り入れ自分の人生に活かせる人が好きだ。

だから、自分がそれを目指す。

 

許しの人・・・「自分自身のために」相手を許すことが人生の

テーマの一つであることを知り、この難しい課題に向き合い 、

実践できる人が好きだ。だから、自分がそれを目指す。

 

認めることのできる人・・・他人が自分と違うことを認め、

相手の良いところを素直に認めることができる人が好きだ。

だから、自分がそれを目指す。

 

約束を守る人・・・時間やお金、他人との約束を守ることが

できる人。そして何より、自分との約束を守ることができる人が

好きだ。だから、自分がそれを目指す。

 

楽しむ人・・・仕事も遊びも「楽しむ」を基本にし、ネガティブな

ことからも学びを得ることができる人が好きだ。だから、自分がそれを

目指す。

 

競争ではなく「協走」が幸せな成功者の条件であることを知る人・・・

成功する鳥は群れをなして飛ぶ。そして他人を 手助けすることが自分の

幸せや豊かさにつながるというこの世の 法則に確信を持っている。

だから、自分がそれを目指す。

 

過去よりも未来にこだわる人・・・変えられない過去よりも、

如何様にもデザインできる未来を常に見ている人。過去の全ての

出来事に意味があることを知り、そこから気づきや学びを得て

これからの人生に活かせる人が好きだ。だから、自分がそれを目指す。

 

成長していける人・・・今のままの自分にこだわるのではなく、

理想の自分を明確にし、それに向かって努力を続けることができる

人が好きだ。だから、自分がそれを目指す。

 

信頼の人・・・目の前の相手を信頼し、そして何よりも自分自身を

信頼している人が好きだ。だから、自分がそれを目指す。

 

成功ではなく成幸(ハッピーになる)を目指す人・・・お金だけで

幸せになることはできないことを知り、時間と仲間、健康ややりがい

など多くのものとのバランスを結果に求めていること。 だから、

自分がそれを目指す。

 

 

 

あなたも、一度どんな自分になりたいかを

書き出してみてはどうだろう?

 

 

そしてあなたがもし、今ついてない時期だと感じるなら・・・

すでに手にしているが、本当は当たり前ではなく

感謝できることに、今一度思いを巡らせてみてほしい。

 

ついてない人とついてる人の違いは生まれつきの運の良さでも

才能でもなく、どんな時も感謝を忘れずにいられるかどうかだから。

 

 

 

 

 

俺達仲間の目指す楽しい未来を達成するために、出逢えた人達

とのご縁を絆に変えるべく、努力とチャレンジを続けていく。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは5件です

  1. ROYCE より:

    日々の当たり前の毎日を奇跡、感謝、そうですね。
    当たり前を当たり前と感じてしまう昨今。
    本当は毎日が奇跡なのに、当たり前にくると感じてしまう。

    分かっているのに続かない感謝。

    自分の身の回りの境遇が全て奇跡なのに、慣れてしまうとつい忘れてしまうことですね。
    忘れないように毎日があることを感謝しないと。
    そうすれば心も大きくなれるような気がします。

    • DAN より:

      本当にそう思います。一見とんでもなく辛いことも悲しいことも、大切なことを教えるために起こるんだと思えてなりません。

  2. あい より:

    神に書くですか!なるほどっ!!
    自分の頭で思っていても
    忘れてしまったりしますもんね。
    書くことでより思いが強くなります。
    書くって大切ですね。

  3. まあや より:

    紙(神)に書いて願うとは上手い(笑)
    ですがそうゆう暗示的なものは自分のバネに変わりますし試してみたくなりますね!!
    実際にものに書くのと頭で覚えてるのじゃ全然違いますし

  4. はなちゃん より:

    まだ人生でついてない、上手くいってないと思ったことが無かったけどもしそのような時がきたら神に書いて自分を見つめなおせば大丈夫ですね。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ