行き詰まりが人生に起きたときの乗り越え方とは?


22506109386_392e9d5ff2_b

 

 

「人生の行き詰まり」

 

 

 

20歳を超えて自分で稼ぎ自立し始めたら、いや人によっては

その前の10代から、恵まれた日本であっても、人生で行き詰まり

ほとんどの人が感じることになる。

 

 

以前、若干26歳でアメリカに渡った松坂投手が、周囲の評価と

バッシングに苦しみ、まさに人生の行き詰まりに当たったとき・・・

彼がインタビューで語っていたフレーズを思い出す。

 

苦しむ壁みたいなものを求めて、こちらに来た」

 

 

彼の潜在意識は、あえて困難な状況に身を置くことで成長を

図ろうとした。それに本人が気づいたとき、自然に出た言葉

なのかもしれない。

 

 

 

 

 

人生そのものが壁であり、行き詰まりの連続だった女性

 

 

俺にとっての人生の行き詰まりといえば、10代は人見知りが

激しかったこと(笑)、大人になってからは離婚だった。

 

 

人は人生で健康・お金・人間関係のいずれかで壁に当たったとき、

行き詰まりを感じ、過去を悔やみ、自分のこれからを真剣に

考え始める。

 

ちなみに、お金と人間関係は仕事が大きく影響してくるし、

仕事が健康状態に影響を及ぼすから、人にとって仕事というのは

やはり大きな要素だ。

 

 

仕事ではライバルに当たる、アヤミちゃん。

具体的には同じダイレクトマーケティング企業(USA)を

パートナーとし、独立事業主として活躍する少し年下の彼女。

 

アヤミちゃんは、生まれつき耳が聞こえない。

生まれて一度も音を聞いたことがないから、声は出せても

正確に話せず、手話のみでコミュニケーションする。

 

 

俺を含め健康体に恵まれたほとんどの人は、彼女のような境遇に

深い同情を示し、「これがもし自分の人生だったら」と考えたとき、

困難と行き詰まりの連続に耐えられる自信がないはず。

 

 

先天的な障害。

それによって普通の仕事ができず、経済的にも厳しくなる。

同じろうあ者の仲間と小さなコミュニティで生きる中、彼女の

旦那は浮気をし、小さな子供を置いて彼女の元を去った。

 

普通に考えたら、どん底だろう。

愚痴や言い訳を言うにも十分すぎる理由が揃っているし、

誰も文句を言えないはず。

 

俺がマザコンであるのを笑われるのも、「仕事ができるように

なりたい」とため息を漏らしていた瞳子の悩みも、彼女に比べたら

軽すぎる(笑)。

 

 

しかしアヤミちゃんは、自分自身の障害を「個性」と言い、

明るい笑顔を見せる。

 

そして、自分の小さな子供を最強のモチベーションに変え、

その独立事業で想像を絶する努力を重ねた。

 

95%以上が同じ聴覚障害者というチームをつくり、彼らと

メールやSkypeのビデオ通話でコミュニケーションを重ね、

皆をモチベートする。

 

 

ついに、彼女は一つの大きな結果を形にした。

 

 

性別や障害、過去などを一切問わないフェアな場所で

勝負したのも功を奏したが・・・

 

何よりハンディキャップに負けない彼女の姿勢とポジティブさは、

同じ障害者はもちろん、多くの人に勇気と感動を与えた。

 

 

 

人生の行き詰まり「お金」

「健康」「人間関係」の悩みを

具体的に超えていく方法

 

 

 

 

「この人生は誰が選んだもの?」知っておくだけで行き詰まりから解き放たれることとは

 

 

人生で壁に当たらない人はいないが、幾度ものトラブルに

翻弄され続ける人の一つの特徴がある。

 

それは、問題を自分以外のせいにしていること。

 

 

過去の呪縛や行き詰まりから解放される唯一の方法は、

この人生は自分で計画してきた」と知っておくこと。

 

今回の人生でどんな宿題を解決するか(人生の目的)、

そのために、どこで誰と出会ってどんな問題を与えるか

(課題の設定)・・・

 

肉体をまとう前に記憶を消されたあなたが思い出す術は

ないが(笑)、自分が全て決めてきたことを分かっていてほしい。

 

 

 

「自分に超えられない壁は来ない」

 

よく言われるが、これは単なる精神論ではなく、

人生の仕組みから見ても当然のこと。

 

そもそも、自分が壁を設定してきているのだから。

 

 

 

 

俺達の目指す未来を達成するために、

困難に負けない精神的な筋肉を今日も鍛えていこう(笑)。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは20件です

  1. ひろ より:

    行き詰まりを感じたことは、何度もありました。
    確かに人や物のせいにして、逃げていたように思います。
    もっとプラスに考えられていれば、違った道があったのかもしれません。

  2. […] 最も人生の行き詰まりを感じていたことを、相手は知る由もなく。 […]

  3. 吉城神定 より:

    そうですよね。行き詰ったときですよね。真価が問われるのは。
    オレもよく立ち止まるタイプなんでわかりますねw

    これをきかいに、自分を見つめなおします。
    反芻しながら、何度か声に出してみます。
    いただいたメールもおもしろかったです。

    >メンターからよく言われていたこと。
    当たり前だが、メルマガを読むだけでライフスタイルが
    変わるなら、もっと多くの人の人生が好転しているはず(笑)。
    その情報をどう活かすか、
    一歩踏み出して自己投資するか、具体的に行動するか。
    ここに差が生まれる。
    経済力・時間・仲間・健康のバランスを得る方法。
    日常英会話をマスターする方法。
    コミュニケーションを上げる方法。
    そのコツ、具体的な答えは
    このニュースレターの中で得ることができる。
    まさに、Project of LifeやAnother Projectで
    指南している手法だ。
    つい先ほど、葛西にいるcindyからViberでコールが。
    さっきまで埼玉にいたが、
    急に降ってきた雨にやられたらしい(笑)。
    ところで、最近セブ留学についての質問を
    モテ仲間数名からもらうので、ここでお答え
    しておくことにした。

  4. そらはねこ より:

    ぬるま湯の中でぬくぬく生きてきた私はまだ人生に行き詰まったことはないけどうこれから先に必ずくる行き詰まりの為に常に精神力を鍛えておかないと!

  5. ayuayumi より:

    苦労してきたつもりですが、私なんてまだまだ甘い道を通ってきてますね。まだまだこれからどんなことがあるかわかりませんが、頑張らなければならない時は誰にでも訪れますよね。その時、私はどうだろう。

  6. せな より:

    人生の困難にぶち当たった時に人のせいにしてはまた同じことの繰り返しですね。

    どんな壁でも乗り越えられるようになりたい!

  7. 大塚氏 より:

    いつもありがとうございます!楽しく人生に行き詰っています!(笑)

    もちろん!モテ仲間のこといつも気にかけていますよ(笑)^^以前お送りしたレポートは一読したら暗記する必要はもちろんありません。マガジンの中でなにかを紹介するようになったら、また見返してその情報を活かしてくださいね。

    いつも応援しています!

    乗り越えるって、簡単なことではないかもしれないけれど不可能なことではありません。
    そしてその自分の考えや選択の集大成が今の自分の生活なんですね。
    経済的なことはままならないとも思えますが、実は自分の思いや選択の結果が今の自分のすべてなんですね。

    どんな自分でいることがかっこいいと思うのか、髪型は、服装は、体重は、年収は、住んでいる家は、
    乗っている車は、人にどう思われているのか、どんな人たちと集まっているのか、
    こんなことを考えて自分のイメージができれば、そんな自分に今からなろうとすればいいですね。
    お金や物理的なことは少し遅れてついてきますから、まず自分自身ができることからやればいいでしょうか。

    自分の考え方が変われば、言葉や行動や、周りの人たちの反応が変わってきます。
    考え方を変えるのが難しければ、まず言葉を変えることも成功哲学の鉄則ですね。

  8. テツ より:

    困難は、その人に必要あっての事、なので困難は福門と捉える。と自分はある方から学んでいます。それを苦難福門と言っています。乗り越えられる自分に降りかかること、乗り越えられない壁はない。ジーンと来ました。

  9. ユウゾラ より:

    今日社内の、いつもこちらの期待していない答えを出す人に、自分の気持ちに逆らうような答えを言ってほしくて相談しに行ったところ、逆に応援されてものすごく自信が湧きました!

  10. いちこ より:

    問題を他人のせいにしていると、鏡をみてもひどい顔になってたりするんですよね;
    多忙でストレスが溜まって居る時なんかにたまにそんな状態に陥っていることがあります。
    鏡を見てハッとしたりするんですよね。
    笑顔笑顔、と心がけていると不思議と気持ちも晴れていきます。

  11. シーサー より:

    自分なんて比にならないくらい困難な道を歩んできている人はたくさんいて、その努力に頭が上がりません。
    すごいのは、本人達がそれを特別なこと、大変なことだと思っていないこと。
    素晴らしいですね。

  12. みつき より:

    人生いきていたら、行き詰まることは誰にでもありますよね。私はそのようなことになったら誰よりも努力をして乗り越えています。

  13. りん より:

    人生を自分で進んでいく責任を本当の意味で理解したときに、人間は強くなれる気がしました。また自分の個性を大切にしたです。

  14. mikako より:

    松坂投手のように、ぬるま湯のような?日本の状況のほうがきつい、て人もいるんですね。

    しかしアヤミちゃんの旦那。
    ひどい旦那!

    そうですね。
    ネットによって、世界にチャンスが広がった結果、障害者が健常者をギャフンと言わす、てことがあってもいいかも。

    「自分に超えられない壁は来ない」
    うん、そう設定してみんな、生まれてきたんですよね(^^)

  15. TM0323 より:

    人生においてつまづき、困ったことが私にもありました。仕事を失敗してだんだんと行きづらくなってしまったことです。結局その時は、挨拶をして退職しました。人生において失敗することはだれでもたくさんあるのではないかと思います。しかしめげずに生き続けることが大切なのではないかと思います。

  16. かち より:

    キリスト教の教えにもありますけども、最初から決まっていたんだ、乗り越えられるからこの試練を与えてくれたんだっと思うと心がラクになりますね。

  17. みーな より:

    行き詰りを感じることは何回かありましたが、「壁」と言われると何が壁だったのかがわからないなと思いました。壁って人によって差があるし、全く感じない人もいて個人差の考えは面白いと思いました。

  18. 0617 より:

    困難は、その人に必要あっての事、なので困難は福門と捉える。と自分はある方から学んでいます。それを苦難福門と言っています。人生においてつまづき、困ったことが私にもありました。仕事を失敗してだんだんと行きづらくなってしまったことです。

  19. makostyle より:

    おそらく過去に行き詰まりを感じていた場面はあったはずなのですが、忘れてしまいました。これから先に行き詰まりを感じた時にもう一度このブログを読んでしっかり前を向いて頑張りたいと思います。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ