ファンを増やすこと


 

ダイレクトマーケティングについてチームにアドバイスしました。

 

彼は英語ぺらぺら君の評判を聞いて英会話の勉強を始めた小岩在住の

小島さんです。彼の明るいキラッとした笑顔が目に浮かびます(笑)。

 

 

製品ファンをガンガン増やすことはもちろん最重要ですが、製品を
本当に好きになった人の中からリーダーが出てきます。
 
ビジネスの可能性も一緒に伝えていきたいので、製品ファンに
なった人をセミナーやラリーにバシバシつなげられたらbest way
ですよね。
 
他のネットワークビジネスをしている方や、保険の外交員の方など、
話を聞いてくれやすい人には特に、こちらが本当に伝えたいことを
しっかりドカンとアピールしたいですね。
 
媚びる必要は1ミリもありませんので。
ご縁のある人をどんどん探していくだけです。
 
 
他のネットワークビジネスをしている人も、買い物専用メンバー
になることは問題ないはずです。
 
僕のチームでディストリビューターになってもらった方がいました。
彼女は久喜に住んでいましたが・・・ちなみに彼女も人に好かれる
会話術をマスターした人です。
 
後から他のネットワークのメンバーだったことが発覚したことが
ありますが、特にアクションを起こさずそのままになっていました。
 
・・・建前上は掛け持ち禁止がこの業界のスタンスです。
 
昨今特に会社はルールに厳格なので、それに乗っ取って
やっていきましょう。
 
 
特に他のネットワークビジネスの方はギブアンドテイクの意味で
話を聞いてくれやすいですが、経験上はあまり次の展開に
ならないことが多かったです。
 
メール配信システムの比較と同様に、判断が難しいところですね。
 
 
製品を使用してくださるのはもちろん大歓迎です。
 
とにかく、行動されていて素晴らしいですね!その方がアムウェイ製品の
キラキラのファンになってくれたら最高ですね。
 
MLMの業界では掛け持ちでサインできないはずなので、念のため
そのへんを確認された方がいいと思います。
 
僕もビジネスを始めてから数百近いネットワークビジネスの
話が来ましたが、全てバシッとお断りしました。
 
 
 
 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ