実際に使ってバイリンガルになった男が語る「英語ぺらぺら君」の評判がいい理由


 

 

英会話はインプットが大切」・・・先輩の永田さんは、自分が

使っていた「英語ぺらぺら君」と、その評判の良さを教えてくれた。  

 

 

 

 

 

英語が話せることへの強い憧れ

 

 

子供の頃からハリウッド映画は大好きだが、最近は、

『ウォーキング・ デッド』や『ブレイキング・バッド』などの

ドラマまで観る始末(笑)。  

 

「英会話って、なんでこんなにクールなんだろう」  

 

憧れは強かったが、なぜか英会話スクールに通うといった発想は

一度も出てこなかった。  

 

まして、高校生のときにプレゼントされた「小林克也のアメリ缶」を

挫折していたので(笑)、巷に溢れ返る英語教材には目もくれなかった。    

 

本当にバイリンガルになった人から、英語ぺらぺら君の評判を

聞くまでは・・・          

 

 

 

 

 

英語と日本語のバイリンガルからの教え

 

 

日本語が流暢なカナダ人の友人、トニーから学んだこと。  

ネイティブとは異なる発音でもいいから、  

 

ゆっくりと 大きな声で  

 

大事なところをハッキリ発音すること。 そして、  

覚えたフレーズは、話せると同時に聴き取ることができる。

 

だから、英会話は準備が大切。  

定番フレーズから覚えていけば、対応できる会話の幅が広くなる。

 

目から鱗が1,000枚以上落ちる思いだった(笑)。      

 

 

 

さて、方向性は分かったが、定番フレーズって

どんなもの?それぞれどう発音する?

 

せっかちな性格上、遠回りをして時間をかけたくない。

 

たくさんの英会話の学習法を当たったが、日本で、こういう

ことを教えてくれる学校や教材がなかった。  

 

ずっと後になって英語ぺらぺら君の評判を聞くまでは。      

 

 

日本では英会話を使わなくても、生きていける。

結局ダラダラと時間だけが過ぎていった。  

 

転機が訪れたのは、インドでビジネスを始めることに

なったとき。          

 

 

 

 

 

なぜ日本人の苦手意識が消えないのか

 

 

海外移住に興味がある日本人は意外と多く、特にこのフィリピンの

ファンとそこへの移住希望者が多いことに、驚きと喜びを感じる

今日この頃。  

 

ただし、海外移住を考えるにあたり、言葉に対して不安を

覚えている人が多いのも事実。  

 

実際、俺自身、以前は多くの日本人がそうであるように、

外国人に何か言われても、返すフレーズがすぐに浮かばなくて、

マゴついたり沈黙が長かった。          

 

 

22275375048_b8d7862e6b_b

 

 

本当に役立つ英語の知識と技術を

 

 

ところで、日本企業は相変わらずTOEICの点数を、即戦力となる

人材を取り込むための基準として採用し重視している。  

 

転職のためのTOEIC対策の末に、いざ好条件で転職ができたと

しても・・・  

 

英会話を実践で使えないことがバレてすぐに離職、なんてことが

少なくないのは、相変わらず彼らが詰め込み式の受験英語を続けて

いたから。    

 

 

俺がモテ仲間として一緒に成長し活躍したいあなたに提案したいのは、

そんな使えない英語ではなく、サバイバルそしてコミュニケーションの

ためにリアルに役立つ、実践的な英会話を身につけること。    

 

 

海外ビジネス展開の話が出て、例の英会話コンプレックスを急いで

解消しなければと焦っていたとき、先輩の永田さんがお勧めして

くれた教材と、彼が実行していた学習法。  

 

それがまさしく、評判のいい「英語ぺらぺら君」だった。

 

何より実際にバイリンガルとして海外で動いている彼が勧めて

くれたことで、教材で数知れず失敗してきた俺が(笑)久しぶりに

興味を持った。      

 

 

日本ではテレビやネットでのCM、電車の吊り広告に至るまで、

英会話学校や教材を売り込む情報で溢れ返っている。  

 

書店に行けば、それ関連の書籍も多数。  

 

成功哲学や自己啓発の書籍やセミナーが氾濫しているのに、なぜ

成功者が続出しないのか?

 

ビジネスの成功ほど敷居の高くない英会話についても、理由は

基本的に同じ。

 

正しい学び方を伝える本物の情報があまりに少ないことと、

それを知っても継続できないことが、その理由。    

 

「聞き流せばOK」は論外としても・・・  

 

相変わらず文法や単語から教えているもの。

月数回の通学で身につくはずもないのに高額の授業料を取る

英会話スクール。

英語を母国語としない日本人にネイティブのような発音を

強要するノウハウ・・・  

 

どれも、ゴールのないマラソンのように出口のない果てしない

努力をしなければならないようで、気が重くなるばかり。  

 

 

 

 

 

ホンモノは人から

 

 

富裕層は知っている。

 

本当に良いものは、人から伝わるということを。

 

情報へのアクセスはメディアを介するとしても、そのメディア自体の

存在を知るのは、人からのクチコミだということを。

 

 

先輩のバイリンガル永田さんから教えてもらった英語ぺらぺら君と、

彼の周りでも多くの人が話せるようになったという、その評判。

 

何度か軽く触れているだけにも関わらず、それを詳しく教えて

ほしいという要望が少なくない。  

 

一緒に世界に出て活躍したいという、この仲間の意識の高さには、

ただ驚くばかり。

 

 

評判のいい英語ぺらぺら君を使うようになって最もよかったのは、

相手の言ってることがなんとなく分かるようになり、外国人と会話を

するのが怖くなくなったこと。  

 

英会話はたぶんに、メンタルによるところが大きい。

相手の言うことが大まかにでも分かるだけで、気持ちはずっと

楽になる。  

 

早くて話についていけない。

白人だと特に緊張する。

スマイルでごまかす(笑)。

目をそらす。

何か言えそうでも、合っている自信がなく、間違って笑われる

のが怖いから、言えない。  

 

まさにこうだった自分。

 

この教材を学習に取り込んでから、相手の言うことに対して、

すぐに何かを返せるようになった。    

 

 

インド渡航が決まったのが12月の終わり、渡航が2月初旬。  

基本的な会話をマスターするのに残された期間が1ヶ月だった

ことを考えると、これがなかったらたぶん、いや確実に間に合って

いなかったと断言できる。

 

 

本当にそんなすぐに?とか、結局スピードラーニングみたいに、

誇大広告なだけで使えないんじゃないの?

 

なんて声が聞こえてきそうだけど・・・  

 

あなたのように疑っていた俺が1ヶ月でそこまでなれたので、

あなたならもっと確実なはず。      

 

 

余計なフレーズを覚えようとせず、やたら発音にこだわることも なく、

本当に実践に役立つ英会話を短時間で身につけたいと 思ったら、

必然的にこれを実践することになった。  

 

時間がない俺でも、毎日20分程度はこのために使うことができた。

 

フレーズを聞いて音読し、覚える。  

 

単純な作業の繰り返しではあるが、会話によく出るフレーズを

発音と共に覚える。  

 

上達しなければ返金、という自信の表れ以上に、何より実践して

成功した永田さんが身近にいることが心強かった。        

 

 

 

 

 

準備が鍵

 

 

結局のところ、英会話は準備が大切。

 

いかに知っているフレーズを増やすか。  

 

そしてフレーズはやみくもに覚えていくよりも、経験のある人が

分析し用意したものから仕込んでいくことが、遠回りを避ける

はるかに賢い方法。  

 

英会話をマスターしたいのに  

 

どれから手をつけていいか分からない、

予算も時間も限られている、

余計な遠回りはしたくない  

 

と思っているなら、

 

永田さんが、そして俺自身がバイリンガルになる大きなきっかけと

なった英語ぺらぺら君と、それを使った学習法を活かすのも一つ。

 

俺たち日本人は、  

 

「日本人は英語がヘタ。発音もメチャクチャ」  

 

と後ろ指差されながら、フィリピンなどのコメディバーでネタにされ、

笑われていたいわけではない。      

 

 

これから、共にビジネスの方法も学んでいく。  

 

海外を活用して一緒に楽しんでいくための、第一歩。

英会話ぐらい大したことないという意気込みで、その壁を身軽に

越えてもらいたい。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは18件です

  1. […] 評判のよかった英語ぺらぺら君のおかげで、こちらでの英会話 […]

  2. […] 彼も評判のいい英語ぺらぺら君で、英会話をマスターして […]

  3. […] EQ英会話の評判もいいし、やはり評判がいい英語ぺらぺら君も […]

  4. […] きっと、評判のいい英語ぺらぺら君で学んでも、 […]

  5. […] 彼は英語ぺらぺら君の評判を聞いて英会話の勉強を始めた小岩在住の […]

  6. sumiさん より:

    評判の良い英語ぺらぺら君自分はやっぱり使ってみてわかると思います自分の場合は本当にこれがバイリンガルになるきっかけになったのでとても手放せないですねなかなかユニークな名前をしていますが分かりやすいと思います日本人はペラペラになりたいですから笑そして本当にこれが役に立つのは海外に行ってガンガン使えるようになってからメンタルが何しろブロックが外れるのがいいですとても使いやすいと思います自分の中ではおすすめの教材の一つですがつんと思って進めていきたいと思います

  7. ありんこ より:

    詰め込み式の受験英語。それが日本人の学ぶ英語だという印象は強いですね。

    果たして、即戦力となるとはTOEICで点数が高い人か、英会話ができる人か。
    なぜ、いつまでも求められるのが前者なのか私には疑問です。

  8. たかくん より:

    英語ぺらぺら君と言うネーミングセンスに惹かれるのは僕だけじゃないはず!使ってわかる、良いやつやん!と言う感じで、憧れが現実にできたら本当に素敵なことです!

  9. kinz より:

    英語ぺらぺら君ってとても親しみやすい名前ですね!
    バイリンガルはあこがれます。何個か英会話教材を試しましたがすべて途中で挫折してしまう私にもうまくかみ合うのかな笑

  10. KR より:

    英会話はメンタルによるところが大きい。これ、本当にそうですね!

    間違うことを恐れず、まずは口を動かさなきゃ身につきませんよね。

    「英語ぺらぺら君」は初めて知りましたが、会話力を鍛えられそうですね。

  11. maimai より:

    文法が出来ても話せなかったりってことがよくありました。外国人の方を前にするとキョドキョドしたり・・。いまだにちょっとドキドキします。英語ぺらぺら君、良いですね。是非やってみたいです。

  12. のあそら より:

    英語はただ勉強をすればいいというわけでなく、正しい学び方や情報が大切ですし、その為の準備も欠かせない。
    早くに学びたいからと言って後先考えずに行動するのはいけないですね。

  13. より:

    今は、英語辞書がアプリで簡単にダウンロードできたりで正直、英語を喋れなくてもいいと思ってします。
    しかし、もちろん英語を話せるにこしたことはないですね!

  14. しぃ より:

    英語、興味はあるけどなかなかうまく話せないです。恥ずかしがらずにどんどん話してみると良いって学生時代によく言われましたが。。
    英語ぺらぺら君は今まで教わってきたやり方を覆すような気がします。面白そう。

  15. そうた より:

    英語ぺらぺら君に興味津々!この歳になってから英語が習いたいと思ったりしてるので良いきっかけになりそうです!

  16. toki より:

    そうですね、私も英会話を何種類かの教材で試みましたが、結局海外旅行で片言が話せる程度で終わりました。
    メンタルですね。昔教育を受けたので、文法から入ったのが失敗でした。

  17. テラ より:

    定番フレーズから覚えていけば良いんですね。せっかく勉強しても話せなければ意味ないですもんね。自分が今までやってきた詰め込み式と全然違って取り掛かりやすそうです。ぜひ試してみたい。

  18. ひかり より:

    独学で英語を学ぶのは
    簡単なようで難しいです。
    自然と英語が身に付くような
    環境にいれば違いますね。
    自分の子供には、小さい頃から学ばせたいです!

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 

自由への道▲CLICK

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

▼CLICK自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ