常識の違い


 

すでに世界100以上の国と地域に拡がりながら、100%現金返済保証を
80年以上続けて1兆円以上の売上を上げ続けていること自体、製品が
本物でありガッツリ多くのファンをつくっていることの証。

 

日本で流行りの現金返済保証も、実際はやたら条件付だったり限定的
だったり、まともに受けてくれるところはありません。

 

この会社の提供する100%保証とは全く似て非なるものです。

やっぱり、この会社は本物の感触。

学ぶ英語の先生を選ぶように、日用品は本物を選びたいものです。

 

ちなみにこのメーカーは、person to person、つまり人から人へ
その信頼関係をベースに良い物を流通させるという仕組みを作った
世界初のOne to Oneマーケティング企業でもあります。

 

瞬く間に、世界中にガンガン拡がりました。
俺が脱サラで成功できたのは、この会社だったからに他なりません。

 

イメージしか伝わらないCMに広告費をかけず、R&D(研究開発費)に
力を入れて価値の高い製品を作るコンセプトなので、あなたが一般の
お店やネット上で、その製品を買うことはできません。

 

今回、15年以上の愛用者として、埼玉は和光市在住のDANが個人的に
紹介するということになります。

 

 

豊かな人の常識は、大多数の非常識。

 

前回のメールの「お風呂用浄水器」を見かけ、

 

「さすがにこれはぜいたく品ですよね?」

 

という声をもらいました。

 

これは一言たがわず、俺が最初にお風呂用浄水器を
知ったときの感想(笑)。

 

しかし今の俺の周りには、これを必需品と考える人がほとんどです。

 

理由は、例えばアメリカのシャワーの害に関するレポートを知って
いることから。

 

飲む水には気をつけている人がほとんどですが、シャワーなど
肌からの吸収の方が実は影響が大きいなど、これを読むまでは
考えもしませんでした。

 

お風呂のモワモワと目に映る真っ白い湯気はお湯が熱いから
立ってるんだと思っていましたが・・・

 

バスルーム用浄水器を設置して、湯気が透明なことに
驚きました。あの白い湯気は、塩素が揮発したものなんだと。

 

塩素はもともと猛毒だったり、あまり調べると怖くなるので
やめましたが(笑)。

 

あれは、あの新倉の実家がボロ家だっただけじゃなかったんです。

 

お風呂に入ると肌がチリチリするのも温度のせいだと思っていましたが、
肌の表面に気泡ができるのは、身体を塩素から守るために毛穴が
閉じてるからだったり・・・いろいろなことが腑に落ちました。

 

昔のように、お父さんに一番風呂を譲ることは危ないなども(笑)。

 

 

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ