学ぶスタンス(英語を日本人が聞き取れない本当の理由)


Bridesmaids

 

「学ぶなら、やっぱり英語だよね?」

 

 

 

何か他の言葉を学ぶつもりだった武は、英語に決めた。

 

宇田川町のパークアクシスに借りた事務所。Webビジネスが
順調になって時間もできてきたから、いよいよ前からの課題だった
バイリンガルになる道へ。

 

神田昌典さんのセミナーに出て、中国語と迷っていた

ようだが・・・(笑)

 

 

 

 

 

学ぶ理由(英語を使いこなして仲間をつくる)

 

海外で暮らすこと、特にこのフィリピンへの移住希望者が

思いのほか多い。 

 

俺と同じように、日本企業の駐在員として現地でサラリーマンを

するわけではないのなら特に、日常英会話をマスターし、味方に

なってくれる現地人の仲間や、一緒に楽しめる友達が欲しい。

 

もちろん、外国人同士はどこにいっても英語で話すので、世界中に

友達をつくることができる。

 

フィリピンでは、大体5歳くらいから英語を学ぶ。小学校でも生徒は

タガログ語で授業を学ぶのではなく、先生は基本的に英語を使う。

 

サンフェルナンドのarnelの実家に貼られていたアルファベットの

表を、4歳のannが一生懸命読み上げているのが微笑ましかった。

 

もともとタガログ語もアルファベットを使うし、町の案内図や

公文書にも英語は使われていて馴染みがあるとはいうものの・・・

幼少から学ぶ彼らの英語のレベルは、やはり高い。

 

そのせいもあって、マカティを中心に世界のコールセンターが集結し、

アメリカ人などネイティブからのクレームや問い合わせにフィリピン人が

日々対応している。

 

たまにフィリピン人の英語力を疑う日本人がいるが、まずは

彼らから真摯に学ぶ方が賢い(笑)。

 

 

 

 

 

学ぶ英語に対するスタンスを変える

 

 

もしあなたが初心者なら、英語を学ぶマインドセット、スタンスを

変えることから始めたい。

 

 

新しい言葉を学ぶ日本人は、特に英語に関して以下のような

勘違いをしている人がいまだに多い。

学ぶなら、単語や文法を覚えなければ英語での会話なんておぼつかない

 

ひとつひとつ文法に乗っ取って訳さないと、英語は理解できない

 

ひたすらたくさん英語の音声を聞けば、英語が聞き取れるようになる

 

特にリスニングで癖になっている人がいるが、聞き取った音声を

文章化して順番に訳して考えたり、英文のビジュアル化(目に浮かぶ

ようにする)では、聞き取れるようにならない。

 

それはいわゆるリテンション(記憶の保持力)に限界があるため。

 

ゆっくりした教材などの音声で聞いている分にはそれでも対応できるが、

ネイティブ並みのスピードになると、頭の中で順番に訳しているのでは

到底追い付かなくなる。

 

単語や文法ではなく、ネイティブのフレーズをそのまま覚える

 

聞き流しは意味がない。負荷をかける(重要なキーワードを聞き取り、全体を

推測するトレーニングをする)

 

英会話を学ぶなら、大量のアウトプットを通して、英語のリズムを理解する

 

やはり、バイリンガルになった日本人が実践している、こうした方法を

続けていきたい。

 

 

 

 

 

相手側の影響も大きいリスニング

 

 

リスニングについては、あなただけで完結できるスピーキングと異なり、
相手側の問題も大きいということを覚えておきたい。

 

そのため、学ぶ中でも習得に時間がかかり、また英語に慣れた人でも

苦労するところでもある。

 

日本人が英語を聞き取れない理由としては、

 

インプット側(あなた)の要因として

 

メンタル(外国人への慣れ)、インプットしているフレーズの数、

リスニングトレニーングの量

 

またアウトプット側(相手)の要因として、

 

相手の方言、スラング、訛り、声質、性別、明瞭度、

こちら側への理解度、気の使い方

こうしたことを理解していれば、聞き取れなくても落ち込む

必要はなく、あなたができることを着実に続けていけばいいという

メンタルを保つことができる。

 

 

 

 

具体的な英会話のマスター法については、ニュースレターで

お伝えしているので参考に。

ネイティブ並みに流暢に話すmaryから聞いた、

学び方のヒントも公開していく。

 

 

 

 

 

PS.

英語を学ぶならネイティブかノンネイティブかという

議論があるが、結論から言えばどちらでもいい。

 

あなたがネイティブから学ぶ環境にあるのなら、もちろん

それを存分に活かせば、英語は上達していく。

 

 

逆に、近くにアメリカ人やイギリス人がいないからと

いって(笑)、本場の英語を学ぶことができないと卑下する

必要はない。

 

地球上で英語を話す人のほとんどが、日本人を含めた

ノンネイティブ。このフィリピンもそうだし、人口がやがて

世界一になるインドでも、第二公用語としてほとんどの人が

英語を理解する。

 

彼らとコミュニケーションするために学ぶ英語は、ハリウッド映画で

話されているようなハイスピードでスラングだらけの英語という

よりも、もっとベーシックでシンプルなもの。

 

英語というよりも、地球の人が共通言語としてコミュニケーション

するための国際語(グロービッシュ)を学ぶ限りにおいては、

必ずしもネイティブの助けを必要としない。事実、日本人は

オンラインなどで英語をフィリピン人から学んでいる。

 

もっと言えば、同じ日本人のバイリンガルから学ぶことも

多くの人にとってはプラスになる。日本人のどこに英語への

苦手意識があるかをよく分かっている人達だから。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは2件です

  1. […] 学ぶ英語の先生を選ぶように、日用品は本物を選びたいものです。 […]

  2. […] 学ぶために英語と数年格闘したし、どうしたら海外で暮らすことが […]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ