dream


夢の整理と再確認。

 

「夢」

アメリカ人にとってそれは、possibleなもの。
絶対に、バッチリ叶うもの。

 

一方で、俺達日本人が教わってきたのは、

「夢は寝てみるもの」(笑)。そして叶わない、

はかない存在。

 

まるで、一人で起業することがそうであるように。

 

 

麹町に住んでいる田中も、「夢ぇ~~?寝てるときしか

見ねえよ」なんて話していました(笑)。

 

 

ここに集う仲間には是非、脳をバシッとアメリカ人に

切り替えてほしいです。

 

 

夢の整理の仕方。

 

栄養生理学者でメンタルマネジメントのプロである
藤重さんから、ビジネスを始めた頃に徹底的にビシバシ

学んだ、「夢をあぶりだし、整理する方法」をシェアしたいです。

 

ちなみに彼も、EQ英会話は評判いいと語っていた一人です(笑)。

 

 

1.厚めのノート(ずっと使うため、しっかりした物を)を

6分割し、それぞれに「経済的」「身体的」「精神的」

「家族」「友達」「楽しみ」の項目をつける

2.それぞれの項目に、大小関係なく夢を書きまくる。
どんなささいなことでもOK。

3.書いた夢を、A(何がなんでも絶対に叶えたい)B

(可能なら実現したい)C(とりあえず書いちゃったけど、

叶ったらいいな~)にランク分けする

4. Aとつけた夢に期限(●年●月までに、○歳の誕生日

までにetc.)を必ずつける

5.寝る前のボヤ~ンとまどろんでいるとき(1日のゴールデンタイム)

に、Aとつけた夢が全て叶っている状態をリアルにイメージする

(情景が目に浮かぶくらい)

 

 

 

「書いたことは実現する」

どこかで聞いたことがあるけど、本当にそうなら苦労しないわ・・・

既成概念と固定観念にやられて、もしそんな風に思っているなら、

俺自身の経験をもって断言します。

 

書いたことは、叶います。

 

 

改めてビシッと姿勢を正し(笑)、人生のたった数分間を
このワークに捧げてほしいです。

 

 

 

 

     

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ