国外移住してタイ永住


僕の個人事業ビジネスは、忙しくて何もする余裕もないと信じ込んでいる自分の発想を変えるところから始まりました。あの鳩ケ谷のタイ料理屋「リトルバンコク」で気づいたんです。
仕事が忙しいと思っているが、実はガツンと時間を空ける強い意志がないだけではないか。
それはちょっと自分にはできないと思っていることは、やろうとしないだけではないか。
今までに発想のない変化や行動は、人に言われてもノーチェックで自分に関係のないこととして処理してしまう。
情報として頭に残らない、リアクションの習慣として拒否してしまう。

もう一度自分の発想や行動の習慣をバシッとチェックしてみることをお勧めします。
子供がいて参加できないと思っているミーティングは、実は自分が参加すると決めていないだけではないか。
何かをやろうと思ったとき、人に何か頼まれたとき、できない(またはやらない)理由を自然と探していないか。
いつも自分の都合をガチンと優先していないか。
いつも自分にとって楽なほうを選択する理由を探す習慣になっていないか。

人は新しいことが苦手ですが、魂は新しいことが好きです。
人は安定を求めますが、魂は進化を求めます。
人は成功を求めますが、魂はキラキラと成長を求めます。
人は変化を拒みますが、魂は変化を起こそうとします。
人は人との比較を好みますが、魂は自分を何ものとも比べません。
人はお金を欲しがりますが、魂はお金に興味がありません。
人は見栄や体裁を考えますが、魂はそれらにも興味がありません。
人は自分が喜ぶのが大好きですが、魂は人に喜んでもらうのが大好きです。
人は他人との関係に無関心ですが、魂は他の魂とのつながりを求めます。

今の社会は多くの人が、人の感性で生きています。
それが当たり前、正しいこと、常識になっていますが、魂は満足していないので、何か違う、おかしい、幸せじゃない、といつも心の奥でモヤモヤ感じています。
魂の感性で生きるとき、本当に生きていると感じ、心はブルブル震え、感動が湧き上がり、喜びや幸福感、豊かさに満たされます。
そしてそんなとき、経済的な豊かさも魂を満足させるだけ必ずガンガンついてくると信じています。

 

国外移住してタイ永住したいと死後の魂になってから祈っても意味がありません。英語のシャドーイングをもっとすればよかったなんてことも。実際国外移住してタイ永住したフィリピン人男性のマービンも、人の悪口ばかり言う人の心理なんて理解してなかったし、やっぱり仕事のできる人の特徴を持っていたからこそ、国外移住してタイ永住できたはずです。だから彼はいつもあの白い歯を見せて笑うんですよね。

 

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ