現地在住者が語るフィリピンのバレル


 

 

あなたは、あまり聞き慣れない

フィリピンのバレルという場所をご存じだろうか?

 

 

 

もともとサーフィンに興味がない俺がここを知ったのは、

マニラに移住してからだいぶ経った後だった。

 

 

サーファーがフィリピンでイメージするのは

クラウドナイン。

 

そしてシアルガオやプラランのようなサーフスポット以上に

魅力的な波がバレルにあると教えてくれたのが、

フィリピン人ではなく日本人のマリ(笑)。

 

 

彼女とも立ち寄ったKubli Bistro

 

バレルで本格的なフィリピン料理を楽しむなら

是非このお店を。

 

 

 

 

 

フィリピンのバレルという場所

 

 

バレルはルソン島、オーロラ州の首都。地図で見ると

フィリピンの大都会マニラの斜め右上にある。

 

このバレルは、海と山脈に囲まれた見どころの多い地域。

何しろここは、フィリピンを長い間支配していた

スペインの軍隊が最後まで戦いを続けた場所として知られる。

 

 

マニラの中心からバスで6時間半ほどかかるが、

トイレ休憩のいらないあなたならノンストップのバスで

5時間ほどで到着。

 

クラーク経由なら、カバナトゥアンから

バレルまで4時間で到着する。フィリピンの中では

行きやすい場所ではないが、やはり人が集まる理由がある。

 

 

 

 

 

フィリピンのバレルの魅力

 

 

サーフィンをするあなたなら、このバレルは

フィリピンに来る時に外せない。

 

特に、このバレルで有名なサーフポイントは

セメントという場所。 コブラリーフと聞けば、

モグリでないサーファーなら誰でも知っている(笑)。

 

外国人とローカルどちらのサーファーも

ここにいて、フィリピンでも独特の趣がある場所の一つ。

 

 

ビーチはボラカイのような白い砂浜ではないが、

荒々しい感じでサーファー好みの雰囲気。

 

チューブセクションの波が好みのあなたなら、

ここは是非訪れておきたい。

 

ベストシーズンが年末の時期と教えてくれたのは、

サーファーの吉住さんだった。

 

 

バレルのエピソードで面白いのは、名作「地獄の黙示録」の

映画クルーによって発見されたというところ。外国人である彼らが

フィリピンでのサーフィンの発祥になっているのが何ともユニークだ。

 

もし波乗りをしなくても、歴史的な建物や見どころがあって

飽きさせないバレル。フィリピンでは各地でキリスト教の施設が見れるが、

バレル教会は個人的にお気に入り。

 

 

フィリピンの元大統領ケソン氏(20ペソ紙幣に載っている人)

の出身地ということで、彼の博物館もここにある。

 

ちなみに彼の生家には、マッカーサーがフィリピンで使っていたという

GM製のアメ車があり、なかなかクール。

 

また最近の政治家でバレル出身といえば、

有名なのはアンガラ氏。

 

 

バレルでは、フィリピン名物トライシクルがメインの移動手段。

マニラと違って渋滞がないのがいい。

 

 

 

フィリピンのバレルに住んで気楽な南国生活。

それを可能にする「時間とお金の自由」を

手にする方法とは?

 

 

 

 

ところで、あなたは「おすすめのビーチリゾート」と聞いて

どこをイメージするだろうか?

 

俺の場合は、このフィリピンに下見なしで移住してから

自分の頭の中のランキングはかなり変わった(笑)。

 

 

聞きかじった情報やイメージだけでインターネット上に

書かれていることと、実際に移住し現地に溶け込んで

生活している者が発する情報・・・

 

当然ながら、その情報の質が根っこから違ってくる。

 

 

ここでは一つの例として、

フィリピン在住者の意見を聞いてみてほしい。

 

 

 

 

 

一般的にリゾートのおすすめと言えば

 

 

地球上はほとんどが海であり、陸との境目は無数に・・・

そこには多くのビーチリゾートが存在する。

 

日本は島国なのに、綺麗なおすすめスポットに

あまり恵まれていないのは残念なところだが。

 

 

日本人に人気のビーチリゾートといえば、やはりハワイ。

近場ではグアム、国内では沖縄がおすすめとされる。

 

同じ近場なら、台湾にも意外なことに

ビーチリゾートがあったり。

 

さらに言えば、東南アジアでもタイやマレーシア、インドネシア辺りは

ビーチリゾートとしても人気。離れればオーストラリアやカリブ海、

アメリカのカリフォルニア、メキシコのカンクンなど・・・

 

それこそ挙げればキリがない。

 

 

 

 

フィリピンのおすすめリゾート

 

 

バレル以外にフィリピンのビーチリゾートと言えば、

世界ナンバーワンのエルニド(パラワン)やナンバー2のボラカイ。

 

そして語学留学でも人気のセブが

おすすめ情報に載っている。

 

 

首都マニラからは車で3時間以上かかるが、

アニラオやバタンガス。船で渡れば

プエルトガレラも美しいビーチリゾート。

 

 

そんな中で現地在住者の俺がおすすめしたいのは、

パングラオアイランド

 

ここはセブから船で2時間ほどの、

ボホール島の左端にある小さな島だ。

 

 

新国際空港によってさらにこれから有名になる場所で、

サンゴ礁の美しさや砂浜の綺麗は格別。プライベートビーチ

ではないのにこれだけの美しさを残す場所は、なかなかない。

 

何より現地でのコストが安く済むので、気軽に楽しめる。

ちょっと車で足を伸ばせば、世界遺産のチョコレートヒルズや

世界最小の猿ターシャなども。

 

このリゾートが日本人であふれる前に(笑)、モテ仲間の

あなたは是非一度、パングラオでのんびりした休暇を。

 

 

 

日本からバレルに移り、会話力のトレーニング

インド式英語の学習、セルフイメージの書き換えを学んでいた

フィリピン人男性のジェレック。

 

見た目とのギャップを磨く彼も俺と同じ

大のシイタケ嫌い(笑)。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは11件です

  1. kany より:

    フィリピンにバレ ルという場所はあるんですね
    サーフィンができるというのも意外でした
    フィリピンの場合はやはりそれほど波乗りできる場所がないっていうのがやっぱりイメージだったのでこれは意外ですね
    そしてちょっとマニラの中心地から場所が悪くて行くのが難しそうですけど口コミで広がりそうですね
    彼らは何もない場所にもガツンガツンと行きますからね
    あの行動録画やっぱり波乗りにつながっているんでしょうね
    自分も一度は訪れてみたい場所の候補に入りました
    ありがとうございます

  2. おきあみ より:

    外国から来た映画クルーによって発見されたなんて面白いですね!

    わたしはサーフィンは詳しくないので初めて聞く地名でしたが、街を探索するだけでも楽しそうなところですね。

  3. おやゆび より:

    バレルってはじめて聞きました。
    なんかかっこいいところですね!サーフィンが好きな人にはとても良さそう。
    ビーチにも様々な特徴があっていいですね!
    観光に行ってみたいです!

  4. あーちゃん より:

    バレルという場所を初めて知りました。

    しかしながらうちの旦那の趣味はサーフィン。いや、サーフィンバカと言っても過言ではない。

    ですから、きっと旦那にとって行きたい場所の1つかもしれません。いつか行くことになるかもしれません。

  5. やすひろ より:

    バスで6時間半ほどかかるけどトイレ休憩のいらない人だったら
    ノンストップのバスで5時間ほどで到着とは、すごいっすね!バレルそんな場所があるんですね!

  6. しぃ より:

    バレル、初めて聞きました。移動が少し大変そうですね。私は波乗りはしないけど、海外の教会とか興味あるので1回は行ってみたいです。

  7. のあそら より:

    バレルというのは初めて耳にしました。
    移動時間などが大変だと思いますがその分、海で波に乗った時の爽快感はまた格別でしょうね。
    私はサーフィンをしませんが海で波の音を聞くのが好きなので、ビーチでゆったりとした時間を過ごすのもいいかな、と思いました。

  8. ひでもん より:

    サーフィンはしないので行くとしたら歴史的な建物や博物館をめぐることになるのかな。海だけでなくて歴史的な文化を見れるのもいいですね。

  9. より:

    バスで6時間半もかかるのですね。
    トイレ休憩は入りますww
    サーフィンいいですね〜1度やってみたいです!
    もし波乗りをしなくても楽しめそうですね。

  10. まーちゃん より:

    バレルという場所は初耳でしたね!
    サーフィンの名所ですか!僕もサーフィンして
    波に乗って楽しんでみたいですね!

  11. ひかり より:

    フィリピンにバレルと言う場所があるのですね!
    世界には色々な場所があって
    楽しめるところが沢山ですね。
    色んな所に行って
    もっと自分の価値観を広げたいです。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ