現地在住者が語るフィリピンのバレル


 

 

あなたは、あまり聞き慣れない

フィリピンのバレルという場所をご存じだろうか?

 

 

 

もともとサーフィンに興味がない俺がここを知ったのは、

マニラに移住してからだいぶ経った後だった。

 

 

 

 

 

フィリピンのバレルという場所

 

 

バレルはルソン島、オーロラ州の首都。地図で見ると

フィリピンの大都会マニラの斜め右上にある。

 

このバレルは、海と山脈に囲まれた見どころの多い地域。

何しろここは、フィリピンを長い間支配していたスペインの

軍隊が、最後まで戦いを続けた場所として知られる。

 

 

バスで6時間半ほどかかるが、トイレ休憩のいらないあなたなら

ノンストップのバスで5時間ほどで到着。

 

クラーク経由なら、カバナトゥアンから

バレルまで4時間で到着する。

 

 

 

フィリピンのバレルに住んで気楽な南国生活。

それを可能にする「時間とお金の自由」を

手にする方法とは?

 

 

 

 

フィリピンのバレルの魅力

 

 

サーフィンをするあなたなら、このバレルは

フィリピンに来る時に外せない。

 

特に、このバレルで有名なサーフポイントは

セメントという場所。 コブラリーフと聞けば、

モグリでないサーファーなら誰でも知っている(笑)。

 

外国人とローカルどちらのサーファーも

ここにいて、フィリピンでも独特の趣がある場所の一つ。

 

 

ビーチはボラカイのような白い砂浜ではないが、

荒々しい感じでサーファー好みの雰囲気。

 

チューブセクションの波が好みのあなたなら、

ここは是非訪れておきたい。

 

ベストシーズンが年末の時期と教えてくれたのは、

サーファーの吉住さんだった。

 

 

ここのエピソードで面白いのは、名作「地獄の黙示録」の

映画クルーによって発見されたというところ。外国人である彼らが

フィリピンでのサーフィンの発祥になっているのが何ともユニークだ。

 

 

もし波乗りをしなくても、歴史的な建物や見どころがあって

飽きさせないバレル。バレル教会は個人的にお気に入り。

 

フィリピンの元大統領ケソン氏(20ペソ紙幣に載っている人)

の出身地ということで、彼の博物館もここにある。

 

ちなみに彼の生家には、マッカーサーがフィリピンで使っていたという

GM製のアメ車があり、なかなかクール。

 

また最近の政治家でバレル出身といえば、

有名なのはアンガラ氏。

 

 

バレルでは、トライシクルがメインの移動手段。

マニラと違って渋滞がないのがいい。

 

 

 

おもてなしの日本からバレルに移り、会話力のトレーニング

インド式英語の学習、セルフイメージの書き換えを学んでいた

フィリピン人男性のジェレック。

 

見た目とのギャップを磨く彼も俺と同じ

大のシイタケ嫌い(笑)。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメント1件

  1. kany より:

    フィリピンにバレ ルという場所はあるんですね
    サーフィンができるというのも意外でした
    フィリピンの場合はやはりそれほど波乗りできる場所がないっていうのがやっぱりイメージだったのでこれは意外ですね
    そしてちょっとマニラの中心地から場所が悪くて行くのが難しそうですけど口コミで広がりそうですね
    彼らは何もない場所にもガツンガツンと行きますからね
    あの行動録画やっぱり波乗りにつながっているんでしょうね
    自分も一度は訪れてみたい場所の候補に入りました
    ありがとうございます

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ