チョコレートヒルズってどんなところ?


 

 

あなたは、フィリピンの世界遺産

「チョコレートヒルズ」をご存じだろうか?

 

 

 

20代から人と関わる仕事を続けながら、実は人よりも自然が

好きだったりする俺。各地にある世界遺産の中でも、人工的な

建造物よりも自然にできたものに魅了される。

 

その一つが、この巨大なチョコレート群(笑)。

俺が移住したフィリピンにあるヒルズだ。

 

 

 

 

 

チョコレートヒルズの楽しさ

 

 

語学留学や日本人の移住で人気のセブ。ここに来たら是非

近くのボホール島に足を伸ばしてほしい。

 

セブシティから、船内でチョコレートやコーヒーを楽しむ

2時間弱の間に到着。この島ではヒルズを始め、いろいろ

面白いものを見ることができる。

 

 

この自然にできた巨大なチョコレート達は、バレンタインデーに

ちなんだ214段の階段を上りきったところから見える絶景。ヒルズ、

つまり丘のように低い山がたくさん並んでいるところがチョコレート

に見えるため、こう呼ばれる。

 

季節によってその色も微妙に変わり、何とも可愛らしい。

 

 

ちなみに俺は基本的に、猿のような霊長類があまりにも人間臭く

リアルで好きではないのだが(笑)、ここにいるメガネザルだけは別。

 

ターシャと呼ばれる彼らは、見た目も独特で

大きさも手乗りサイズ。何ともキュートだ。

 

彼らは臆病な性格なので、撮影する時に大きな音を立てたり

フラッシュをたかないように気を配りたい。

 

 

 

フィリピンに日本円の

安定収入を得ながら永住するには?

 

 

 

 

チョコレートヒルズのあるボホールの魅力

 

 

「海外大家さん」のプランに乗って、移住したこのフィリピンで

初めて不動産物件を持ったのがこのボホール。正確には、その南西

にあるパングラオ島のアロナビーチだ。

 

ここがリチャードやアマックを始め、多くのフィリピン人が

「これから最も熱くなる」と口にする場所。

 

その理由の一つは、ボホールの新しい国際空港。日本からの

ODA(政府開発援助)も入り、この場所の観光地化や誘致が

本格的に進んでいる。

 

 

まだまだ欧米人や日本人に知られていない、ボホールやパングラオ島。

「第二のボラカイ」と呼ばれるこのリゾートを、混雑しない今のうち

に楽しんでおくことをおすすめする。

 

 

しかし、いつ来てもこの島の海や砂浜の美しさには心が洗われる。

なぜここまで南国に惹かれるのか、俺にも分からないが(笑)。

 

 

 

できない禁酒を成し遂げるために海外脱出タイに滞在した後は

中国の大連中国移住をガツンと敢行した正憲。俺と同じ泣き上戸

の彼は(笑)、軽くホームシックの様子。

 

今度フィリピンに来た時は、気分転換に

チョコレートヒルズにでも連れて行ってあげよう(笑)。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ