フィリピン在住者が語る「マンゴーの食べごろ」


 

 

「マンゴーの食べ頃っていつですか?

フィリピンからマンゴー持ち帰ることできます?」

 

 

 

初めて訪れる南国に心躍らせるのは、

Zoomの画面の向こうで笑顔の浅野(笑)。

 

 

 

 

 

フィリピンマンゴーの食べごろ

 

 

マンゴーと言えば、フルーツの王様。特に食べごろの甘く

やわらかい果実には、俺も目がない。

 

ちなみに、フルーツの王様という言い方がなぜか

他の果物にも使われていたのは俺の気のせいなのか(笑)。

 

 

黄色く熟した食べごろのマンゴーはとても甘く美味しいので、

もちろんデザートとしてそのまま食べられる。また南国カクテルの

さりげないトッピングにも。

 

一方で、このフィリピンでよく見られる青いグリーンマンゴーは

料理の付け合わせによく使われていて、現地人を中心にファンが多い。

 

 

とにかく安くて新鮮なマンゴーを、いつでも美味しく

食べられるフィリピン。マンゴーのためにわざわざ和光から

移住してきたというのは、いくらなんでも少し言い過ぎだが(笑)。

 

例えば人気のカラバオマンゴーの場合は、

ルソン島の4月5月あたりのドライシーズンが

最も甘く美味しくなる。

 

 

 

食べごろのマンゴーや美しいビーチリゾートを

気軽に楽しめる南国生活。場所を越えた収入の

構築法とは?

 

 

 

 

その他の場所のマンゴーの食べごろ

 

 

同じ東南アジア、タイのマンゴーの場合は5月から6月あたり、

そしてやはり人気の台湾マンゴーは6月から7月。

 

国の位置が関係していることは想像がつくが、旬の時期が

フィリピンから少しずつズレているところが面白い。

 

 

そして、我が国でマンゴーといえば

贅沢品として数えられる宮崎産。

 

この場合は、ちょうどフィリピンから台湾までのマンゴーと

かぶって4月から7月が食べごろ。

 

同じ国内の鹿児島、そして

沖縄のマンゴーは6月から8月になる。

 

 

マンゴーはこのように、南国のフルーツらしく暖かい時季に

食べごろがやってくる。

 

このフルーツが良いのは、ビタミンがたっぷりで

特に女性の美容にうってつけのところ。

 

 

ところでセブに来るモテ仲間からはよく、どこでお土産のマンゴーを

買うのが良いか聞かれるが・・・フィリピンから持ち帰る場合は、

かさばらず重くならないドライマンゴーを勧めている。

 

せっかく来るなら、新鮮で美味しいマンゴーは

現地で思う存分満喫しよう。

 

 

 

マンゴーとフィリピンが大好きな日本人移住仲間の林田くんは、誕生日の

性格分析で俺と個性心理学上相性が良い男。食べごろのフルーツをほおばりながら

天才の習慣を語る彼は、俺と同じく準備なしで海外移住した勇者だ(笑)。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道▲CLICK

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

▼CLICK自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ